ツーリング

仙秋ラインから栗駒へ 暑い

ここ数日暑い。5月とは思えない暑さ。ちょっと、457号線から小野田に入る。

Img_9613

やまなみがいい。舟形山。

Img_9617

そして、栗駒山。出てきてよかった。

Img_9621

小野田橋河川敷で。ここはよく止まる。

Img_9625

RSは、快調。自然の風景によく溶け込む。

Img_9626

鳴子から108号線。ダムの水が涼しさを誘ってくれる。

Dsc07497

こんなに空気が澄んでいるのは久しぶり。

Dsc07501

108号線を北上。ここは、鬼首周辺。

Dsc07504

ドコドコとボクサーツインの奏でる音を聞きながら田舎道を走るのは気持ちがいい。

Dsc07512

秋田の道の駅「おがち」で休み、県道51号線へ。八戸からGSで、キャンプを楽しんでいる方とバイク談義。GSもいい・・・。

初めて走る51号線は、楽しいワインディングが続く。気に入った。そして、小安峡に抜ける。

Img_9635

Img_9638

Img_9640

Img_9642

Dsc07515

花山に抜ける398号線を楽しみ、花舞の里へ。

Dsc07514

ここの蕎麦もグー。約280kmほどのツーリング。夕方は、GTLをモトライブO2へ。車検である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の息吹を感じながら

連休最終日、目的地を決めずにスタート。

春の息吹を感じながらコスモスラインを南下。

Img_9602

混雑する道路を避けて快走。

Img_9603

南蔵王の長老湖の西側に。

Img_9604

ここに大きな吊り橋がある。かすかに揺れる。

Img_9605

新芽がまぶしい。

Img_9606

Img_9608

県道51号線から国道113号線へ、高畠から葡萄松茸ラインを走り、国道13号線を福島へ。そして、349号線で丸森方面へ。

Img_9609

阿武隈川が輝く。

Img_9610

タケノコをゲットし、亘理から仙台へ。ちょっと風が強かったが、なかなかいいルート。240kmほどのツーリング。

来週は、GTLの車検。2年で約1万3000kmほど走った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコーライン

開通したばかりの蔵王エコーラインに。休日は渋滞が予想される。山形県側から走った方が比較的すいているようだ。

今回は、遠刈田から。

Img_9459

RSの向こうに雪の壁。この日は、比較的暖かくて、山形県側に行くほど、気温が上がった。

Img_9465

Img_9471

モノトーン世界が広がる。

Img_9472

山頂に近づく。

Img_9476_2

駐車場に止めると、山脈が美しい。

Img_9481

朝日岳の方がきれいに見える。

Img_9487

山の凹凸がこんなにはっきりと見えるのは珍しい。

Dsc07408

坊平方面に降りていく。

Dsc07416

上山から国道13号線を南下。高畠の「山喜」へ

Dsc07411


Dsc07415

笑顔の素敵なご夫婦が迎えてくれる。ホッとする。

Dsc07414

大好きな山塩ラーメンを食す。美味い。昼時で混んでいたが、比較的早かった。

そして、RSに跨がり、米沢へ。RSは快調。修理したパニアケースも良好。剛性も高まった。路面の凹凸をダイレクトに感じるRSは、なんとも言えないバイク。本当の「バイク」という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜と蔵王連峰

朝の空気が冷たい。R100RSを起こそうと思った。案外簡単に目覚めてくれた。

Img_9444

286号線を西へ。釜房ダムへ寄った。なんと桜は満開。

Img_9443

ダム湖の向こうに蔵王連峰がはっきりと見える。

Img_9449

桜の間から見える山脈が美しい。

Img_9448

ちょっと下をのぞくと、なんとロケ中。

Dsc07392

数多くのスタッフがいた。邪魔をしないように。

Dsc07387

いいところに来た。

Img_9453

釜房ダムは、何度となく訪れているが、桜と蔵王連峰が見えたのは初めて。

宮城にもまだまだ、いいところがある。エコーラインへ向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東和町のippoへ

RSのパニアを直し,ちょいと一走り・・・。しかし、愚息が乗りたいとのこと。

Dsc07324

2台で、利府から三陸道へ。

Dsc07325

春日PAで休憩。後方に、GTLが止まった。年配のライダーとバイク談義。

Dsc07326

三陸道を北上し、東和町へ。三滝堂に道の駅ができていた。今月オープンとのこと。

Dsc07327

安くてボリューム満点のハンバーグを・・・。200円は安い。

Dsc07328

そして、何度か訪れているcafe ippo へ。春の感じ。

Dsc07331

木々が芽吹いていて、春の香りがする。いい佇まい。

Dsc07332

ippoさんと珈琲談義。イエメンの豆は,難しいとのこと。ハンドピックをしすぎるとよさが出ないとのこと。「なるほど」・・・。珈琲は奥が深い。

Dsc07333

そのイエメンをいただいた。いい香り、そして、ほどよい苦みと酸味。

Dsc07337

ippoさんは,本当に気さくなかたで、いろいろと教えてくれる。ありがたい。しかも、気を遣わなくていい。こう言っては失礼だが・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

阿武隈川沿いの国道349号線

ちょっと天気がいい平日。休みが取れたのでのんびりと本を読んでいた。愚息が349号線を走ってみたいと以前から言っていた。

Dsc07229

仙台から県道10号線を南下し、国道6号を横切って丸森方面へ。新しい丸森大橋ができていた。

Dsc07230

阿武隈川の水量は多い。雪解けの季節でもある。

Dsc07231

日差しはあっても、まだまだ寒い。長く走っていると手がかじかんでくる。

後方の民家は、歴史を感じさせてくれる。いいたたずまい。

Dsc07232

阿武隈ラインの乗船場が見える。

Dsc07233

349号線を西へ。伊達市方面へ向かう。

Dsc07235

以前と比べると道も広くなっている。一部狭いところもあるが、ずいぶんと走りやすくなった。

Dsc07236

ゆっくりと流れる阿武隈川を見てると、時の流れもこうであってほしいと思った。

Dsc07240

地元の人がやっているのだろう。こんな道の駅のようなものがあった。

Dsc07241

ほうれんそう50円、からしな100円・・・。安い。黒豆もゲットして、バイクのパニアに入れる。からしなをごちそうになった。白いご飯がほしくなった。

Dsc07238

山の頂には、前日の雪が残っている。前日は全国的に寒い日だった。

Dsc07239

10年ぶりに走った349号線。新緑の季節、紅葉の季節はいいだろう。また、5月頃にでも走ってみたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイクシーズン到来とまでは・・・

日曜日の午後、ちょっと西へ向かった。仙台から20kmほどの菅生方面へ。

Dsc07208_2

思いついたのが石窯パン「麦家」。空腹だった。

Dsc07209_2

中に入ると香ばしい香り。カンパーニュなどを求めた。裏にあるカフェで腹を満たすことにした。

Dsc07210_2

全粒粉を使った表面が固いパンが並ぶ。グラム単位で売る。ちょっと高め・・・?

Dsc07212_2

古い民家を利用したカフェ。外靴のままはいるのがもったいない。

Dsc07216_2

柱時計が時を刻む。懐かしい雰囲気が漂う。1時半を過ぎていたのでランチは終了。

Dsc07219

パンセットと珈琲をお願いした。オリーブオイルで楽しむことにした。

Dsc07222

表面は固くて香ばしい。中はふんわりで、オイルが似合う。

Dsc07221_2

珈琲も美味しい。450円。ゆっくりとパンと珈琲を楽しみ、お店の方と談笑。

Dsc07224

人手不足で、カフェは毎日はできないという。

Dsc07225

開業して3年だという。

Dsc07227

雲行きが怪しくなってきたので、このまま仙台に引き返すことにした。

Dsc07228

左のパニアはまだ届かないが、RSは快調である。アイドリングも非常に安定している。ボクサーが、柱時計の振り子のように、規則的に時を刻む。

いい塩梅。今度はいつ乗れるか・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再び コバルトラインへ

2月26日(日)に、R100RSでコバルトラインを目指したとき、ちょっとしたハプニングがあった。

今回は、K1600GTLで同じコースをたどることにした。

Img_9317

3月12日(日)は、ちょっと寒い日だった。鮎川港を上から見た。

Img_9319

石巻行きのバスがある。復興はまだまだ。

Img_9316

仙台からここまでノンストップ。GTLをよく見ると、細かなほこりが・・・。年末からカバーをかけっぱなし。

Img_9323_2

いつもの御番所公園。前回よりも気温が低いせいかバイクも車も少ない。

Img_9325

吊り橋を渡って、小高い丘に。

Img_9327


Img_9328

金華山が少しかすんで見える。今でも猿が数多くいるのだろうか。しばらく金華山に行っていない。

Img_9329

左は網地島、右は田代島。船の奇跡が美しい。

Img_9331

最近人気のsuzuki SVが止まった。笑顔でライダーが降りてきた。おろしたてのSVが楽しい様子。

Img_9332_2

GTLは絵になるが、止まったときには体力がいる。最近、あたらしいGTにバックギアがついたとの情報。

Dsc07069

コバルトラインのワインディングを楽しみ、女川へ。昨年3月末に再開した「金華楼」へ。並んでいた。

Dsc07071

その間、商店街を散策。ここにも多くの人がいた。

Dsc07070

新しいお店もあった。昼食時だったので、満員。

Dsc07077_2

戻ったらちょうど入ることができた。

Dsc07073

おすすめの「欲張り海藻ラーメン」。生わかめ、生めかぶなどが入っていてうまい。醤油味がとっても美味。

前日に、大震災から6年を迎えた。女川の人々にも様々な思いがあるのだろう。このように再開できたお店はいいが、まだまだのところも数多くあるのだろう。

再開を断念せざるを得ない方もいるだろう。NHKで、仮設住宅の問題や防災法の問題についての報道があったが、時代流れにあった法律改正は必要なんだろう。

首都直下地震が起きたら、本当にどうなるのだろう・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初めてのツーリング コバルトライン

年が明けてから、何かと用事がありバイクに乗っていなかった。日曜日の今日26日、天気もいいのでバイクを出した。

R100RSはエンジンがかかるか・・・?

昨年末にバッテリーを交換し、先月末に充電をしておいたためか、一発で心地よくエンジンが回った。

Dsc06783

バイクと体を慣らすために、国道4号を北上し、利府街道へ。利府ICから三陸自動車道へ。風も穏やか、RSは快調に走る。こちらの体も快調。

Dsc06786

石巻で降りてコバルトライン方面へ。女川からコバルトラインに入るか、それともサンファン館がある県道を通って鮎川方面へ向かってコバルトラインに入るか悩んだ。

仙台から約45kmほど走ったので、サンファン館があるところで休もうと思った。トンネルをすぎて右へゆっくりとカーブ。

駐車場へ向かう途中、前をはしるライトバンが左に寄って止まった。小生は、ゆっくりと大きく右側を追い越す。なんと、ライトバンは止まったと思ったら、急に右に旋回。小生は右によけたが避けきれず、RSの左側のパニアに車があたった。

Dsc06788

なんとかこらえて転倒せずにすんだ。前方でゆっくりと止まる。パニアはご覧の通り。運転手は「気がつきませんでした。すみません」

Dsc06793

駐車場にバイクを止めて、サンファン館から眺める。海も空も真っ青。

Img_9239

さっきのアクシデントを忘れさせてくれるような海。

Img_9240

石巻方面を眺める。

Img_9242

サンファンの今の様子は・・・?Webによると・・・

造船から23年の歳月と東日本大震災の大津波の影響を受けた復元船サン・ファン・バウティスタの船体状況を、所有者の宮城県が昨年来、調査を進めてきましたが、今後、数年のうちに崩壊し始める可能性が高い、という報告がこのたび出されました。

     このような状況を踏まえ、復元船サン・ファン・バウティスタの維持管理に関して、最善の方策を得るための検討を専門家・関係者によって引き続き重ねているところです。

 つきましては、結論に至るまでの当面の間、乗船とドック棟への立ち入りを中止いたします。

とのことです。

Img_9243

鮎川方面に向かい、御番所公園へ。とっても気持ちがいい。気温は10度ぐらいか・・?

Img_9250

牡鹿半島。

Img_9255

金華山。

Img_9249

網地島。

Img_9247

海は広いな、大きいなーーー。

Img_9253

大震災で大きな被害を受けた鮎川港。まだまだ、復興に向けて作業が続く。

Img_9256

痛々しいR100RSだが、元気に走る。昨年末にタイヤを交換して初めてのワインディング。タイヤの良さを感じる。きれいにコーナーを回る。

Img_9251

公園のてっぺんから駐車場を眺める。

Dsc06797

御番所公園からコバルトラインに向かう。

Dsc06803

ワインディングを楽しみ、女川方面へ。

Dsc06800

本当にいい天気。この時期にコバルトラインを走るのは初めて。今年の仙台は、いつもよりも、さらに雪が少なく、バイクで走る機会も増えている方も多いだろう。

Dsc06811

南海部品により、年末に落ちたRSのホーンの修理のためにパーツを買い、遅い昼を、沖野の「五事」で・・・。約200kmほどの今年初のツーリング。

ちょっとしたアクシデントはあったが、無事に帰れてよかった。帰宅後、ホーンの修理・・・。心地よい疲れが体を襲う。

壊れたパニアは、手に入るだろうか・・・?と今になって思う。

まあ、なんとかなるだろうと楽観的に考える。相手の方も、怪我がなくてよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年のラストラン

2016年も今日で終わり。年々、時の流れの速さを実感。

昨日は、いろいろと整理を、そして、昼には、家にある道具で蕎麦を打ってみた。

Dsc06544

あじはなかなかのもの・・・・。修行の必要がある。

Dsc06545

昼過ぎ、R100RSで今年のラストラン。仙台空港周辺を走る。最近、田圃を活用した太陽光発電が増えている。

Dsc06549

空港は、人と車でいっぱい。駐車場も並んでいる。国際線の前も車の列。

Dsc06548

周辺の駐車場もいっぱい。

Dsc06550

小一時間走って、風と手と土へ。最近は賑わっていて、ランチタイムはいつも一杯。

Dsc06551

部長も元気。

Dsc06552

裏磐梯でペンションを17年ほどやっていて、昨年春からこのカフェを始めている。

Dsc06558

花豆モンブランに珈琲。珈琲は店主が毎朝ハンドロースト。

Dsc06563

ラッキーなことに数人が席を離れた後だった。

Dsc06566

ハンドローストを行う焙煎小屋。

Dsc06567

窓から、RSも見えた。店主の奥さんと、25年以上前の思い出話や珈琲の話を。

Dsc06571

東ティモールの珈琲も美味かった。

Dsc06573

戻ってオイル交換。約4000kmほど走った。

Dsc06574

交換をしながらRSのまわりを見る。

Dsc06577

なんと、左側のホーンが落ちていた。あれー・・・。

Dsc06579

さらには、パニアケースのステイを支えるボルトが断裂していた。途中で振動が大きくなったのは、このためか。

これらを修復して、今年のバイク道楽は終わりにした。昨年ほどではないが、結構長い距離を走った。安全に走れたことに感謝。来年もよろしく・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧