日記・コラム・つぶやき

イエメン マタリ クラッシック モカ

過日のトークショーで、イエメンの豆がこれから注目を浴びるだろう・・・?というようなお話があったので、早速、「イエメン マタリ クラッシック モカ」を購入してみた。

Dsc07242

ピッキングしがいがある豆だった。

Dsc07246

不揃いの豆たち・・・笑

Dsc07248

ブラジルと比べても,その具合がわかる。色もこんなに異なる。

Dsc07283

左はブラジル、右はイエメン。いつもよりも浅く焙煎してみた。

Dsc07284

二つをブレンドして,珈琲を淹れてみた。モカの酸味も和らぎ、とってもいい味がした。香りもいい。これはなかなかのブレンド。

Dsc07282

焙煎後、散歩に出た。遠見塚古墳の桜。これは4月5日の桜。

Dsc07289

そして、4月7日。つぼみがいまにもはじけそう。

Dsc07295

4月8日(土)、ついに開花。

Dsc07301

そして、今日9日の朝。

Dsc07300

雨の中をちょっと歩いてみた。明日は,小学校の始業式かな・・・?入学式もあるかな・・・?

桜が,子供たちを迎えてくれそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

種まき 「ひとめぼれ」

4月の3日、4日と種まき。朝の栗駒山は,ちょっとかすんでいるが,実に美しい。

Dsc07258

この風景は,何度見てもいい。単純にいいのだ。

Dsc07262

種をまいた箱のすべてをハウスに入れることができないので、田んぼの一部に苗代を作る。シルバーさんに手伝ってもらう。

Dsc07278

ハウスの中は暑い。ちょっと動くと汗だくになる。ちょうど気温が上がった。

Dsc07277

ひとめぼれは,昨年秋に収穫した種籾を使う。

Dsc07264

Dsc07268

作業の合間に土手に登る。白い梅の花が咲いている。この木は,毎年、いい花を見せてくれる。

Dsc07266

足下を見ると、春を感じる。こうやって、毎年春夏秋冬が続く。穏やかな時間を流れる。

Dsc07267

土手から眺める栗駒山は、また、一段と大きく見えるときがある。

約850枚ほどの箱に種をまいて,ハウスに入れる。苗代に入れる分を含めて、1日半の作業である。

種をまいた箱には水もかけるので、結構重くなって、腰にきく。

でも、作業が終わった後に,満足感と充実感と・・・適度な心地よさがある。85歳になる父はまだ現役だが、大分足腰が弱ってきた。

小生が,少しずつやりたいと思っているが・・・まだまだ、経験不足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の稲作はどうなるのか?

米の消費量は激減・・・。糖質が嫌われる昨今。縄文時代から始まったと言われる稲作は、今後どうなるだろうか・・・?

小さい頃から稲作を見ながら育った小生は、なぜか田んぼに行くとほっとする。母がよく言っていた。まだ歩かないとき、田んぼのあぜ道に寝かせて農作業をしていたと。

彼岸の中日の20日(月)、田おこしに向かった。

Dsc07141

築館ICをおりて、北へ向かうと栗駒山が実に美しく見える。

Dsc07142

実家に寄る前に我が家の田んぼに直行。親父がトラクターに乗っている。

Dsc07144

数年前に動脈瘤の手術をした85歳の親父は、まだまだ現役。でもちょっと体力が落ちてきている。そのためか、数年前から、トラクターやコンバイン、田植機の運転を、小生に任せることが多くなってきた。

小生は、小学生の頃から農機具を操作してたので、どんな機械も動かせる。

Dsc07143

いつ見ても美しい栗駒山。この山を見るとなんとも・・・・。50年以上前の光景が蘇ってくる。

Dsc07149

着替えてトラクターを運転。いまのトラクターは屋根が付いて、ガラスに覆われているから風のある日も助かる。日差しが強いと暑いぐらい。空調もある。しかも、以前と比べると操作は容易で、細かなコントロールもしやすい。

でも、田んぼに応じた微調整は、長年のキャリアがものをいう。親父にはかなわない。生きているいるうちに、親父の知恵や技を学ばなければ・・・。

Dsc07151

耕した後を見ると、仕事の様子がわかる。どこにも美があるものだ。美の中に「質」があるともいえそうだ。

Dsc07147

一息入れる。平成19年に廃線となった栗原電鉄(くり電)のレールはまだ残っている。電車を残してほしかった。これで、岩ヶ崎や若柳によく行った。高校生の足でもあった。

再生したいものだ。

Dsc07156

仙台から昨年末に移植した木々は、しっかりと芽吹いていた。パートナーが大喜び。

稲作の将来は、決して明るいものではないが、秋には約300俵近くの収穫があるので、いずれは、ゆっくりと泥にまみれて生活しようかなと・・・・。

数日前の「北の国から」の放映で、田中邦衛が「残すものは何もないが、伝えるものは伝えた。慎ましく謙虚に生きることが大切だ」というようなことをラストシーンで言っていた。

決して収入は多くはない稲作だが、のんびりとやっていくのもいいと思う。やっぱり農家の長男なんだなーーー。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

プラモデルはなかなかいい

孫がやってきて、おもちゃの電車に興味を持っていた。仕事帰りにプラモデルの電車を買ってみた。

Dsc07061

何十年ぶりだろう・・・?プラモデル。専用の接着剤も買って取りかかる。しかし、一晩でもできそうにない。

010ce20aed278bb77ce3bbf31bd6c6d6db2

翌日、パートナーと娘は、ヨドバシに行ってプラレールを買ってきたという。トーマスだ。

我が家の愚息も小さい頃、プラレールにものすごく興味を持って遊んでいた。その名残があった。

Dsc07062

孫が東京に戻ってから完成。1000円のプラモデルは、頼りないがしっかりと動く。なかなか面白い。

Dsc07063

レールを敷ける広いところがあれば、毎晩動かしてみたいと思った。しかし、そうもいかない。

Dsc07068

プラモデルを動かして、いつもの焙煎。マンデリン、ブラジル、グアテマラ。3つも続けてやると、ハンドローストなので汗だく。

いい香りが家中に漂う。

Dsc07067

休日のランチは、パートナーのパスタ。この後のコーヒーがいい。

この頃は、外で飲んだり食べたりする機会がめっきり減った。特に、アルコールは激減。だから、夜が長い。読書量は激増。

睡眠の質もよくなった。飲まずに寝ると、翌日の朝は、実に気持ちがいい。

中野孝次編の「清貧の生きかた」を読むと、最後にこうある。1993年のこと。

 電力が足りなくなるから発電所を造るという発想を改めて、今ある電力で成り立つように社会のしくみをこそ変えるべきだと思う。(略)

 肥大化する一方の社会的欲望の波に呑み込まれて、私の主張は無視されて終わった。そしていまは、50基からなる原発がこの狭い列島で稼働する恐ろしい時代を迎えている。

・・・・。24年も前に記されていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

何を信じていいのか?医療問題

最近多くの医療問題に関わる本を読んだ。二月初めに、ある内科医との出会いから、特に興味を持った。

Dsc06820_2

何を信じていいのかわからない部分もある。日本の精神医療では、海外と比べるとかなり遅れていて、すでに使われていない薬を使っていたり、長期間にわたって処方するという問題があるそうだ。医者と薬品メーカーとのあり方が問われそうだ。

Dsc06825_2

医者自身ががんにかかったとき、抗がん剤を使わないと答えた医師が90%以上に上るとも言われる。これは何を意味するか・・・?

ベンゾ系の薬は、特に離脱症状がひどく、なかなか離れられなくなってしまい、苦労している方が数多くいるという。断薬に努めている方のブログをみるとその様子がよくわかる。

あるデータによると、アフリカなどの地域では、自死する人が少ないという。精神医療における薬をたくさん出す国は多いという。この問題は、今後、いろいろな形で改善修正が加えられることだろう。日本における医療問題の鍵を握るのかもしれない。医師と薬品メーカーとのあり方についても、大きな課題がありそうだ。

Dsc06822

ストーブの遠赤外線を感じながら本を読む。パートナーも興味を持って読む。薬嫌いの小生とパートナーは幸いにして、全く薬を飲んでいない。やっぱり、体に異物を入れるのはよくないということはわかる。

そして、自然のものを、自然のままで味わうことが大切だという結論に達した。緊急事態を除いて、できるだけ、自然治癒を待つのが一番いいように思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

落ち着きのある日本家屋が知恵と技を産むのか・・・?

穏やかな土曜日。仙台の北、大和町は吉岡へ。

Dsc06771

以前お城があったという地に建つ古民家を再生。展示会に足を運んでみた。

再生したのは、鳴子にある「古遊工房」。

Dsc06767

中に入ると囲炉裏があった。懐かしい光景。鈎がつるされている。

Dsc06763

太く大きな梁がある。以前の建物の良さを生かしている。

Dsc06765

平屋であるが天井が高く、空間を広くしている。

Dsc06768

ふすまもその他の建具もそのまま使われている。東日本大震災のとき、この建物はびくともしなかったという。100年以上前のものだ。

Dsc06769

床の間には、お雛様があった。ここにも歴史と伝統を感じる。

Dsc06772

中は珪藻土、外は漆喰と板張り。贅沢な作り。落ち着きがある。憧れる。こんな住宅に住む日本人から、数多くの知恵と技が産まれたのだろう。

豊かな心を産み出す住環境。シンプルな生活があった。これから還暦を迎えるに当たって、シンプルな生活を目指したいもんだ。どこまでできるか・・・?

Dsc06774

利府街道沿いにラーメン屋がある。初めてのところ。お店の隣に二台のバイク。松島の帰りに寄ってみた。

Dsc06776


Dsc06777

ボリューム満点すぎた。お店のオーナーはBMWのバイク乗り。

Dsc06775

もやしの量がすごい。若者向けのお店かもしれない。

さて、これからどんな家にしていこうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレミアム フライデーの驚き

政府と経済界が推奨するプレミアム・フライデー初日の今日。

夕方のニュースで、たくさんの報道があった。経済効果が狙いというが・・・?働き方についても考えてほしいとのこと。

ハッピーマンデーも経済効果を狙ったものだった。成人の日も体育の日も、その意味が薄らぎ、歴史的なものが失われてしまった。

効率優先、競争原理、評価・・・と、何でも経済最優先でいいのだろうか?日本の人口がどんどん減少する中、日本人が日本の歴史と伝統を大切にしながら、どのように生きていくかを真剣に考える時期を迎えているのではないだろうか・・・?

先人の知恵と技を振り返り、それらを継承しながら、より人間的な、感性を大切にした生き方を模索していくことが大切なような気がしてならない。

プレミアム・フライデーの今日は、ちょっと時間ができたので本屋まで歩いた。

Dsc06754_2

建設ラッシュが続く荒井地区。若林郵便局の東側は、大きなお店が建ち並ぶ。

Dsc06755

文庫本第2位は、なんと遠藤周作の「沈黙」。30年ぐらい前の作品か・・・?映画化によって話題をよんでいるのか。

Dsc06756

そして今日は、村上春樹の「騎士団長殺し」の発売日。ビニールがかかっていてちっとも読めない。こんな売り方でいいのか・・・?なんか特別扱い。

Dsc06757

料理本も賑やか。料理は好きなので私もよく買った。「きょうの料理」を。

Dsc06758

久しぶりに高校時代に戻って参考書売り場へ。驚きはなんといっても、解答集の厚さだ。本文と解答の厚さがほぼ同じ。信じられない。それだけ詳しく解答が書かれているのか・・・?これで、本当の力がつくのか・・・?

数学の面白さも味わえない。行間も読めない人間を創り出しているのではと心配になる。

プレミアム・フライデーの驚きである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

寒波襲来 秋保へ

センター試験、受験生は寒波の中大変。何故か、センター試験の時に限って、毎年雪が降る。

薪ストーブを眺めながら、家でゆっくりと過ごす。時々、思い出したように片付けをする。自然に身体を暖めたくなる。

久しぶりに秋保温泉へ。市太郎の湯に浸かる。天候が優れない中、我々のように出掛けてくる人は多い。

Dsc06591

秋保は、岩沼や旅館の裏手にある「Dottore」へ寄ってみた。

Dsc06599

一時を過ぎていたので、ちょっとだけ空いていた。暖かな、窓際の席へ。

Dsc06600

窓から、しんしんと降る雪の光景。古びた建物が、雪景色に似合う。

Dsc06602

マルゲリータなどをお願いした。珈琲が来た。外で元気に遊ぶ子らがいる。

Dsc06603


Dsc06604

Dottoreのピザは、薪窯で焼く。香ばしくて、フルーティーで美味い。本当に美味いピザ。

Dsc06608

一昨年の暮れ?だったか、NHKのプロフェッショナルでも紹介された、秋保の「さいち」。二時近くでも、車は絶えない。

Dsc06607

商品もきちんと整理されている。分かりやすい。何度となく足を運びたくなる雰囲気がある。有名なおはぎを買う。

Dsc06610

帰りは、旧286号線沿いにある、。薪窯天然酵母パン工房「オ フルニル デュボワ」へ。三越で有名になったのかも・・・?

Dsc06613

全粒粉を使ったパンは、味わいがある。おすすめ。

昼前から3時間ほどのドライブ。正月早々から風邪をひいて体調が悪かったが、これで、当分動けるかも・・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

関山 中尊寺

2016年の大晦日。世の中の多くの人は「紅白」を見ている。 午後10時過ぎ、世界遺産の「関山 中尊寺」に向かった。

頭上には、オリオンが美しく輝く。

Img_9139

第一駐車場は既に一杯。

Img_9148

穏やかな大晦日。気温はマイナス2度ぐらいか?中尊寺までの坂道には、提灯が下がる。

Img_9154

除夜の鐘が鳴る。年が明けると列が動き出す。


Img_9155

藤原秀衡が開いたという、中尊寺。

Img_9156

お札やおみくじを売る。正月らしい着物姿に見入る。

Img_9157

この中尊寺が栄えていたら、東北はどうなっていただろう・・・?

Img_9158


Img_9162

お賽銭を入れ、健康を祈願。今年は年男。

Img_9165

炎が2017年を暖める。どんな年に・・・?

Img_9174

そして、無料開放の「金色堂」へ。実に美しい。夜は初めて見る。

Img_9183

午前2時頃に帰宅して、ちょっと眠り初日の出。向こうには、伊豆沼のマガンが飛ぶ。

Img_9192

頭上にもマガンが・・・。

Img_9196

西の栗駒山には、朝陽が・・・。

Img_9201

かなり冷えた。

Img_9202

元日の朝に散歩。2017年が始まった。どんな年になるのか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正月に向けて

まだ暗いうちに、塩竈の市場へ。

Dsc06537

知り合いのマグロ専門のお店。いつもの親方が、マグロをさばいていた。

Dsc06535

6時前なのに、もの凄い人。午前3時頃から来ている。「6時前なのに、もう朝が過ぎたから、大分マグロが減っている」とのこと。

Dsc06542

七時前に帰宅し、ストーブに灯を入れる。東京の孫が来るので、周囲にガードをした。

Dsc06540


Dsc06541

朝食は、パートナーが焼く、いつものパンと金成のリンゴ。

Dsc06517

そして、焙煎。「大粒のコロンビア」

Dsc06524

Dsc06528


Dsc06529

ざるに移し替えながら、うちわで扇ぐ。最近、焙煎の腕も上がったような気がする。

Dsc06506

数日前には、正月用の餅もついた。杵と臼でつきたかったが・・・?

Dsc06509

海老、生姜、納豆でつきたての餅をいただく。

Dsc06512

海老は、よく、珍しがられる。食べるところは少ないかもしれない。栗原金成の方では、よく食べる。

Dsc06520

珈琲とチーズケーキで一息入れる。正月前のひととき。

Dsc06507

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧