日記・コラム・つぶやき

典型的な夏の朝

栗原金成沢辺の夏の朝は,霧から始まる。

Img_1207

こんな日の日中は、気温がぐんぐん上がる。秋の初めには工事が始まりそうな気配・・・。

今回の新築工事は、地元栗原の大工さんに依頼。伝統的な日本の技術を使いたかった。

なんともいえない、おおらかさがまたいい。

Img_1210_3

夏の花が咲く。

Img_1211

カボチャの花も見事。我が家の86歳の親父は,カボチャ作りに凝っている。

Img_1215

ブルーベリーも順調に熟している。

Img_1219


Img_1220

アーリーブルーから始まった我が家のブルーベリーは、バークレイ、シエラ、ジャージと続く。

Img_1221

ツバメは,しきりに巣作りに精を出している。

Img_1223

朝の収穫、300gぐらいかな。

Img_1226

ペルーを焙煎。珈琲とブルーベリー・・・・。これからお世話になりそうだ。

|

岩手にいいところは一杯

4月にブルーベリーの苗を植えてから、いろいろと教えてもらっているところがある。

一関は厳美の本寺地区の農家。

Dsc09638

本寺地区のブルーベリー農家がやっているブルーベリーハウスに行ってみた。

Dsc09640

摘み取り、ハウスの後ろにあるブルーベリー畑は、500円で入れて食べ放題。そして摘んで持ち帰ることができる。

Dsc09641

100%ジュースでつくったフロート、そして、スムージー。濃厚で美味い。二人なのに,なぜか3つ頼んでいる・・・。

Dsc09643

県道49号線を北上し、奥州市の衣川。山奥にある「山の贈り物」へ。

11時前に到着。開店前。

Dsc09644

オーナーは栃木の出身、奥様は東京。20年ほど前に山を購入。そして、オーナーはログハウスを自作。

Dsc09646

Dsc09647

前回は,一人でバイクで来た。

Dsc09650

なかなか、かわいらしく飾ってある。

Dsc09652

一度だけの訪問なのに覚えていてくれた。外のテラスに案内していただいた。

Dsc09653

妻とブルーベリーのチーズケーキとタルトを頼んだ。美味い。

しかも、オーナー(男性)がつくるという。オーナーはとても器用だ。

Dsc09655

カフェを開こうとしている我々に参考になる話をたくさんしていただいた。開店と同時だったので、お客さんがまだ来ない間に,お二人にいろいろな話を聞くことができた。

こう言っては失礼だが、年齢とはちょっとギャップを感じる(?)かわいいお店である。

そこが,魅力的でもある。今度は,ランチを食べに行こうと思っている。

|

ブルーベリー 初収穫

4月に植えたブルーベリーの木が、大きな実をつけた。

Dsc09620

6月18日の写真。天候が不順で、寒くなったり暑くなったりして、ブルーベリーも大変だろうな。

Dsc09623

早い時期に熟する「アーリーブルー」の他の木も、次第に大きくなってきた。

Dsc09629

朝からウグイスなどの鳥が鳴く、ここ金成沢辺の地には,鳥が多い。ネットをかけて,鳥対策をしてみた。

Img_1178

しばらく休んでいたこの畑は、竹の根っこが多く、毎週末に掘り出している。愚息も時々手伝ってくれる。

Img_1180

そして、6月24日(日)に初収穫。200gぐらいだろうか?

Img_1186

これから熟するブルーベリー。Img_1189

これからが楽しみだ。8月末ぐらいまで収穫できそうだ。品種によって。

4月に70本ほど植えてみた。1本も枯れずに育って実をつけた。

今日24日に収穫したブルーベリーは冷凍してみた。

|

ブルーベリーは・・・

暖かな日が続いた5月。今年もバラの開花は早い。

Dsc09495

あっという間に咲いて、あっという間に散っていきそうな天候が続く。

Dsc09497

Dsc09501

ちょっと時間があるときには、バラの花を見ながら珈琲タイム。妻がつくるブルーベリーの入ったチーズケーキ。美味い。

ところで、4月に植えたブルーベリーが気になる。

Img_1155


Img_1157


Img_1158

予想以上に実がついていた。これからが楽しみである。

苗を譲っていただいた厳美の農園に行ってみた。

Dsc09517

行く途中、平成2009年式のオデッセイ・アブソルートは、100,000km。

Dsc09520

Dsc09519

農園のブルーベリーも大きくなっていた。これで一安心。

Dsc09525


Dsc09526

夕方戻って、ちょいと散歩。夕陽と栗駒山。我が家の田んぼに夕陽が・・・。

|

始まった「ブルーベリー栽培」

4月20日の午後、我が家の古ーい軽トラで,一関は厳美に向かう。

いい天気。金成沢辺から普通に走っても、40分ほどで行く。栗駒山の麓の県道49号線を北上。

Dscn2681

槻山さん畑に軽トラを乗り入れて,あらかじめ掘り起こしていただいた苗を積む。

奥さんも手伝ってくれた。

Dscn2682

まもなく花が咲きそうな苗。そして、3年ほど経ったポットに入った苗を60本あまり。

Dscn2685

10日ほど前に掘っていた畑に苗を植える。

Dscn2687_2


Dscn2688

田んぼ仕事の合間をぬっての作業なので、今日22日の夕方までかかった。

Dscn2690


Dscn2692

早朝に、岩ヶ崎の佐藤製材所からおが屑を分けてもらった。保湿性にいいという。

でも、広葉樹は向かないので、杉のおが屑。パートナーも一生懸命手伝ってくれた。

Dscn2698

こうやって見るとなかなかの本数。春の花、夏の実、秋の紅葉と楽しみが増えた。

Dscn2694

近所の方が畑に立ち寄ってくれる。「何を植えてんのしゃ」と言って近づいてくる。

収穫したら「分けてください」と・・・・。どうなるか・・・・?

Dscn2705

支柱を立てて、肥料などをやって、夕方までかかった。途中、田打ち。

今日の気温は27度以上で、汗びっしょり。パートナーと愚息は、一足先に仙台へ。

小生は,明日の朝に帰ることにした。

火曜日から金曜日の午前中まで仙台で仕事。週末は、栗原金成で農業。土に触っていると、このまま農業だけでもいいかなと思う。

トラクターでの田打ち、ハウスの苗への水やり、ブルーベリー栽培とこの週末は、さすがに忙しく身体が疲れた。気持ちのいい疲れだ。

|

ブルーベリー栽培の準備・・・。


以前から興味があったブルーベリーを植えてみることにした。

Dsc09240_2

14日土曜日は,朝からスタート。60余りの穴を掘り、ピートモスと堆肥を入れた。

Dsc09237_2

80を過ぎた実父母も手伝ってくれた。さすがに疲れた。夕方には用事があった仙台に帰らなければならない。仙台に戻る途中、もの凄く眠かった。

Dsc09242_2

15日に再び栗原に戻り、今日16日に厳美の本寺地区へ。久しぶりにR100RSを動かしてみた。

Dsc09244_2

昨年秋に,苗をお願いしていた槻山農園へ。

Dsc09247_2


Dsc09248_2


Dsc09249_2


Dsc09250_2

突然の訪問にもかかわらず、苗を丁寧に説明してくれた。楽しみである。

Dsc09251_2

農園に出て、いろいろな話を聞いた。改めて栽培の話を。槻山さんのお話に興味を持てた。

Dsc09259_2

昭和55年から始めて,既に37年が経つという。最初は,長野に行って勉強したとのこと。

Dsc09258_2

花芽一つに15粒ほどの実がなるという。

Dsc09263_2

米が冷害によって不作だったことが,ベルーベリーへの転換のきっかけだという。

厳美の本寺地区では10軒ほどの農家で、年間約3トンの収穫があるという。そのうち槻山さんは1トン収穫するという。

小中学生も体験学習に来ているという。

Dsc09268_2

お茶をいただき,いろいろな話を聞いた。その後、厳美渓へ。

Dsc09269_2

桜が見頃を迎えているようだ。

Dsc09271


Dsc09275

かっこ団子で有名な厳美渓。昨年春に両親を連れてきた。

さて、今週末は苗を受け取り、いよいよブルーベリーを植える。楽しみである。

|

種まきの後は・・・

5日(木)の早朝から、種まき。ひとめぼれともえみのりを蒔いた。苗箱にして、約700枚ほど。

Dsc09182_3

実父はまもなく85歳。現役で動いてはいるが、大分足腰が弱ってきた。シルバー人材をお願いしての種まき。

二人のシルバーさんはよく動いてくれた。

Dsc09183

種まき機の調整は、なかなか微妙で、田植を左右する。

Dsc09184

種まきの間に、パートナーと実母がヨモギを摘んだ。早速、草餅をつく。

五穀豊穣を願って。

Dsc09187

さらに、旬のタケノコで、タケノコごはん。

Dsc09190

餅つきは、実母の得意とするところ。昔から上手かったし、美味かった。

700枚の苗箱は、二つのハウスに入れた。1週間ほどで芽が出てくるだろう・・・。

|

栗原に音楽がある

25日(日)の午後は、若柳伊豆沼の湖畔にある「Cafe koropokkur」へ

Dsc09146_2

震災の影響で仮説で営業するジャズ喫茶「ジョニー」の復興応援企画のライブ。

「ジョニー」は、陸前高田にある名門ジャズ喫茶。

Dsc09115_2

開演の14時30分前にはたくさんの人が,結構遠くから集まっていた。

Dsc09116_2

ここからは、伊豆沼が一望できる。白鳥やマガンも旅立った。

Dsc09117

Dsc09119

開演前の様子。

Dsc09133

名雪さんのサックスから始まった。素敵なサウンドが響く。

Dsc09126

このライブの意味がみんなに伝わる。拍手で盛り上がる。

Dsc09137

林さんのサックスもいい。

Dsc09130

そして、サードセットは、コラボ。

Dsc09138

ピアノもいい。

Dsc09141

いろいろ企画をしたというヴォーカルのMIKA。栗原市出身。

聴きながら思った。この栗原市にも,新しい音楽の文化が生まれそうだと・・・。

Dsc09129

外には,なんとNSX。懐かしい車。

Dsc09139

そして、小生のパートナーはどんな憩いの場を目指すのか・・・?

Dsc09108

前日の24日は、若柳の大袋にある Salon de the KURIHARA で、プランタンコンサート。

Dsc09110

ここにもたくさんの方が集まっていた。

Dsc09111_2

仙台フィルで演奏するダビット・ヤジンスキーのクラリネット。なんともいえない音・・・。

農作業の合間を縫って二日間、音楽を楽しんだ。栗原市もいいところになりそう・・・?

|

一期一会

出会いと別れの季節を迎えた。昨夜は、久しぶりのブウション。店主のHさんも元気だった。しっかりと覚えていてくれて嬉しかった。


この頃、めっきり酒量が減って、本当に久しぶりのワイン。

ブウションは、いいワインがある。料理にあってて美味い。

仙台駅の東口にある。


ちょっと分かりづらいかもしれないが、帰る頃には、沢山のワイン好きが🍷いた。


料理は、ワインに合うものがー。


店内にピアノの音が響く。とってもいい。生演奏がいい。
夜の街に行くこともめっきり減ったが、時には異次元の空間もー。

| | コメント (0)

道の駅の充実 高級志向・・・?

最近、道の駅の充実ぶりには驚く。

Dsc09091_2

福島の道の駅

Dsc09085

駐車場も広く、高速のSAのようだ。

Dsc09086

国見町の役場もそうだが、木がふんだんに使われている。

Dsc09087

食べ放題のレストラン。

Dsc09088

その奥には、Cafeがある。国道4号線沿いにあって、昨年秋のオープンには、入ることができなかった。

Dsc09089

福島市への出張途中。昼前だったので、少し空いていた。

Dsc09090

なんとなく,オムレツが食べたくなって・・・。珈琲がついて780円。

この道の駅は、広くていいが入りづらいところがある。でるのもでにくい・・・。もう少し,庶民的でもいいような気がする。

そういえば,宮城県の道の駅は,東北でも極端に少ない。どうしてだろう・・・?

|

より以前の記事一覧