旅行・地域

心の豊かさを感じる「偕楽園」

偕楽園は金沢の兼六園、岡山の後楽園とならぶ「日本三名園」のひとつで、天保13年(1842年)に水戸藩第九代藩主徳川斉昭によって造園された。

斉昭は、千波湖に臨む七面山を切り開き、領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたいと願い、「偕楽園」をつくったという。

園内には約百品種・三千本の梅が植えらている。

Img_9417

仙台を7時に出て、10時過ぎについた。突然の水戸行き。

朝の常磐道は、震災関係の大型車でいっぱい。

Img_9411

梅は、ほぼ満開。あいにくの曇り空だが、撮影にはちょうどいい。

Img_9354

白やピンクの梅が上品に咲く。

Img_9342

上下対称が美しい。

Img_9352

常磐線の駅の方から上る。

Img_9370

好文亭へ行ってみる。好文亭については斉昭がその位置や建設意匠を定めたと言われている。

Img_9378

Img_9364

ツツジの間。

Img_9366

もみじの間。このような間が、いくつもある。

Img_9377

天井はこのようになっている。先人の知恵と技を感じる・

Img_9383

三階から、このような眺めを見ながら、食事をし、喉を潤したという。

心の豊かさを感じる。

Img_9373

建物にも、景観にも、日本の美を感じる。

Img_9386

数多くの梅の花が実に美しい。

Img_9350

Img_9401

好文亭近くの竹も見事。

Img_9388

安定した徳川の時代だからできたのだろうか?

Dsc07085

2時間ほど歩き、近くの「とう粋庵」へ。

Dsc07090

昼食は、季節の料理にしてみた。梅が入った小さな鍋が美味だった。

Img_9424

好文亭を遠くから眺める。いいところにある。

13年ぶりの偕楽園。平日だったので本当にスムースだった。

落ち着いた時間がすぎていく、心地よさを感じながら、帰路についた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何か違う「安比」

毎年2月に安比に向かう。気のおけいない仲間と。

Dsc06701

仙台を早朝に出発。約230kmほどの距離。松尾八幡平ICの手前に岩手山SAがある。ここには、バイクで出掛けてもよく立ち寄る。風もなく珍しい天候。

流石に岩手山は裾野しかみえない。

Dsc06703

安比グランドホテル。この向こうにゲレンデがある。

Dsc06705

午前10時過ぎ、ゲレンデレストランに入る。以前とは違って人は少ない。昼食時には一杯になる。

1990年代には、朝から一杯で休日は大変な混雑だった。最近はスキー人口は減って、大分ゆったりしている。海外からのお客さんが増えているようだ。

Dsc06708

ちょっと青空が見えてきた。安比の天候はいつも変わりやすく、強風の日が多い。2月の天候としては珍しい。

Dsc06709

ゴンドラで一気に山頂へ。平均年齢は・・・?

Dsc06711

ここはザイラーゲレンデか・・・?このように見えるのも珍しい。

Dsc06713

Dsc06715

Dsc06718

Dsc06719

時折、雪は舞うが風がなく気持ちがいい。手袋の中の手も、ぽかぽか。

夕方まで滑る。八幡平の温泉に入って疲れを癒す。気の置けない仲間と語る。

Dsc06727

早朝にすっきりと目が覚めた。外を見ると大きな氷柱。郷愁を誘う。

Dsc06728

朝食。こんなに食べるのは本当に久しぶり。

Dsc06733

翌日の日曜日もそんな混んではいない。ザイラーゲレンデのゴンドラからセカンド安比へ。

Dsc06743

安比で、この場所が一番好き。セカンド安比のクワットリフト乗り場から見える光景。

Dsc06744

モノトーンの世界が広がる。

Dsc06745

Dsc06751

今回はちょっとさぼって、一眼レフをおいてきた。この場所に立つと、何か気持ちが落ち着く。

Dsc06750

安比は、ロングコースが数多くある。安比の醍醐味。スキーを始めたのは20歳。38年も滑っている。最近では、年に一度ぐらいだが、若いときに覚えた技はまだ残っている。

こぶに行くと、流石にこらえきれないときがある。家族5人で、よく滑っていたこともある。スキーは、ゲレンデに行くまでちょっと大変で、億劫になるときがある。

滑り始めるとすべてを忘れる。雪面との闘い。重力の法則を上手に使うスポーツ。スキー靴をはければ、いくつになっても出来そう。

Dsc06752

平均年齢を上げている二人のロートルは早めにあがって、帰路に。岩手山SAで遅い昼食。南蛮ラーメン。ネギともやしがたっぷり。美味い。

心地よい疲れが襲ってくる。睡魔との闘い・・・?ゆっくりと仙台に。

ああー、今年も安比に行けた。今日は、全身の筋肉が重い。

身体を動かすと「没頭」できる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初の夜行バス

仕事で新潟へ。初めて、夜行バスにチャレンジ。

Dsc06626

仙台を23時45分に出発。片道4100円。

Dsc06625

夜のバスは3列シート。新潟交通とJRバスで、仙台ー新潟を結ぶ。

Dsc06627

足下は、比較的ゆったり。1日の夜は冷えた。

Dsc06631

カーテンを開けると、冷気が来る。いかにガラスから冷気が伝わるかが分かる。

Dsc06632

午前5時半、新潟駅に着く。途中、1時間半ほどドライバーも休む。小生は、余りよく眠れなかった。

Dsc06633

Dsc06634

新潟駅に入ると、どこも開いてない。休憩するところもほとんどない。

Dsc06635

待合室で時間をつぶし、6時半開店のお店で・・・。

Dsc06636

天ぷら蕎麦。450円。ひえた身体を暖めてくれる。近くでスタバを探すが見あたらない。

Dsc06639

歩いて万代シティーバスセンターへ。ここにスタバがあった。開店前であったが、早めにあけてくれた。小さなカップに別の珈琲をサービスしてくれた。嬉しい。

Dsc06643

まだ午前七時。外は風と雪。

Dsc06645

3時間ほどスタバで本を読み、万代からバスで市役所へ。バス停近くに面白い曲面をもつビルがあった。

Dsc06647

午後は県庁へ。近くにある「小嶋屋」へ。かつて、一度だけおじゃましたことがあった。

Dsc06649

へぎ蕎麦。蕎麦は水っぽくてイマイチ。

Dsc06650

そして県庁へ。内部は、八角形になっている。

Dsc06651

午後2時過ぎ、予定よりも早めに終えたので、2時半のバスに乗車。足下には携帯用のコンセントがあった。バスにもあるのか・・・。

Dsc06652

万代シティーバスセンターから仙台へ。

Dsc06653

外は雪模様。次第に強くなってくる。

Dsc06654

磐越自動車道から東北自動車道へ。バスのペースは速い。

Dsc06658

途中、西会津PAと松川PAで休憩。相変わらずペースは速く、追い越し車線を走り続ける。JRバスに不安を覚えた。

Dsc06660

東北自動車道へ入ると雪の量が増えた。昨年のスキーツアーでのバス事故を思い出した。

仙台には、予定よりも10分ほどの遅れで到着。凄いことだ。雪道なのに・・・?途中から不安になって、シートベルトをしっかり締めて備えた。

高速バスの利用は少ない。時間はかかるがリーズナブル。平日の利用客は少なく快適。意気は6人。帰りは8人。これで採算がとれるのか・・?と心配になってくるが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おばあちゃんの原宿・・・東京は巣鴨

11月最後の日曜日、娘達に誘われて巣鴨に・・・。

Dscn2481

「おばあちゃんの原宿」とも呼ばれているらしく、確かに高齢者が多い。

Dscn2475

高岩寺。

Dscn2479

多くの人で賑わっていた。

Dscn2497

巣鴨いえば「赤いパンツ」でも有名のようだ。申年は赤いパンツで・・・。

老若男女、大勢が求めている。

Dscn2504

そして、今時珍しい電車・・・。路面電車風。早稲田行

Dscn2510

これまた久しぶりの、ちんどんや・・・?

Dscn2495

巣鴨に3件ある「ときわ食堂」。うんまい。一度入ってみる価値あり。

Dscn2511

大学芋にかぶりつき・・・。

Dscn2513

おしりをさわれば結ばれる、やさしくさわれば世話いらず・・・。さわって東京駅へ。

Dscn2514

夕方の東京駅。丸ビルへ。

Dscn2515

クリスマスを前に、音楽の夕べ。

Dscn2520

下の娘と丸ビルの蕎麦屋で食す。ぶりの燻製。

Dscn2523

牡蠣。

Dscn2521

天ざるに

Dscn2522

鴨南蛮蕎麦。娘達に相手にされるだけよしとしたい。

Dscn2524

東京駅の新幹線ホームは大勢の人で溢れていた。人身事故で遅れていた。

孫と遊び、巣鴨に行き、ゆったりとした時間が過ぎた。仕事を忘れてしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさとの栗駒山はいいな

時間とともに晴れ渡った7日の夕方。金成沢辺から西の山々を眺める。

Img_7863

いつもの光景だが、何とも落ち着く。手前のレールは、平成19年に廃線となったくりはら田園鉄道。

Img_7857

栗子山を後ろに、マガンが飛ぶ。この光景も幼い頃から見ている。

Img_7858

夕陽に向かって飛ぶ。

Img_7846

頭上の青空のなかもマガンが飛ぶ。

Img_7848

近くの田圃にもマガンがいる。

Img_7854

そして日が暮れていく。幼い頃のシーンが、タイムマシンに乗ってやってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本一の紅葉

栗駒山の紅葉は、本当に、日本一だ。

Img_7667

10月7日、午前9時頃あら登り始めた。山頂付近は、ちょっとガスがかかっている。

Img_7689

風もつよい。見事な紅葉が広がってくる。

Img_7708

紅葉の海。

Img_7713

お天道様の光に輝く。

Img_7726

Img_7735

Img_7738

Img_7762

紅葉の絨毯。

Img_7793


Img_7809

次第に青空が広がり、日差しが強くなる。

Img_7816


Img_7831

山頂もはっきりと見える。

Img_7832


Img_7839

中腹から下がこれからの見頃。往復約3時間。最高の時間。

本当に素晴らしい風景。日本一の紅葉。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

黒磯を歩く

SHOZOでは、カフェ以外にもいろいろやっていることを教えてもらった。

Dsc05657

隣のお店に入っていた。白を基調とした服を造っているという。

Dsc05660

なかなか面白い店主だった。非常に気さくな方だった。

Dsc05661

そして隣はSHOZOの系列。こちらは、黙々と仕事をしているのか?相手にしてもらえなかった。

Dsc05664


Dsc05667

地元の野菜など、いろいろな品がたくさんあった。平日の昼過ぎだったので、まだ人は少ない。

Dsc05673_2


Dsc05677

こちらはSHOZOの家具。古いものを上手に活用していた。作業をする音がひっきりなしに聞こえる。

Dsc05673

Dsc05678

駅の近くまで歩くと、こんなカフェもあった。しかし、お休み。

Dsc05679

駅前の和菓子屋さんで「麩まんじゅう」

Dsc05683

お茶が美味い。

Dsc05693

駅向かいのパン屋さんに寄ってみた。

Dsc05692

数種類買った。パートナーは気に入っていた。

Dsc05696

電車の中で食べようということで、いろんなものをゲットした。

Dsc05698

2時過ぎに電車に乗った。郡山行。

Dsc05701

青春18切符。この切符の良さを実感できた旅だった。この切符を使うゆとりを持ちたい。

Dsc05703

仙台近くに来たときの西の空。混んできたが、朝ほどではない。

Dsc05704

夕方5時ごろ仙台駅に。

Dsc05705

PARCO2を眺めながらバスに乗る。約12時間ほどの旅が終わった。慌てずにゆっくりと時間を過ごす心地よさを感じた。確かに座席のシートは新幹線と比べると劣る。でも、それを超える魅力を感じた。

来年は、いやこの冬は、ちょっと長い旅をしてみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SHOZO 黒磯を歩く

黒磯駅からのんびりと歩く。

Dsc05613

古い建物が数多くある。歴史を感じる。

Dsc05614

何とも懐かしいロゴ。

Dsc05612

こんな和菓子屋さんもある。帰りに寄ってみることに。

Dsc05617


Dsc05620

SHOZO ここがカフェだと思った。しばらく立っていた。

Dsc05622

50m程西に歩くと、カフェがある。SHOZO。

Dsc05624

中にはいると、甘い香りと珈琲の香り。

Dsc05626

二階がカフェになっている。階段を登る。ちょっと急?

Dsc05627


Dsc05628


Dsc05633

Dsc05635

古いものを上手に使っている。

Dsc05636

一人旅の女性が多いように感じた。

Dsc05639

トースト。厚くてチーズがたっぷり。美味い。

Dsc05644

この時期だけのケーキ。名前を忘れてしまった。

Dsc05648

黒磯市内には、カフェやパン屋さんなどが結構ある。

Dsc05649


Dsc05655

ゆっくりと1時間ほど過ごした。那須のSHOZOとはまた違った雰囲気。

お店の方は、どちらのお店も丁寧で気持ちがいい。きちんとお客さんを大事にしている。リピーターが多い理由もよく分かる。

自分だけの空間を保てるような工夫もあった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まさに青春? 18切符

使い残した「青春18切符」

Dsc05580_2

早朝7時。仙台駅から黒磯に向かった。電車は混んでいる。こんなにお客さんが乗るとは・・・?参考書を広げる高校生が目立つ。

Dsc05583

白石を過ぎると一気に空いた。福島で2両を切り離す。

Dsc05584

車両のトイレも綺麗である。普通列車の充実ぶりに感動。

Dsc05590

郡山には9時半頃に着いた。ここでもさらに2両切り離し、2両だけとなった。

福島から郡山までは、強い雨模様。車窓からの眺めは、黄金色の稲。福島大学は、福島市から結構南にあるのだ。

Dsc05593

手際よくJRの職員が作業をする光景。

Dsc05596

先頭車両の運転手の計器板。ここからはワンマンとなる。ボタン操作でいろいろなことが出来るようになっているようだ。

Dsc05597


Dsc05598

郡山で20分程度の待ち時間。ホームから売店まで行っても余裕。

Dsc05601

戻るときのエスカレーターでは、職員が手摺りを丁寧に掃除していた。

Dsc05602


Dsc05604

これで黒磯まで約1時間ちょっと。普通電車に4時間ほど乗るのはなんと久しぶり。

Dsc05606

ゆっくりと車窓から風景を眺めながらの旅も悪くない。ゆとりがないと出来ないかもしれない。気持ちがゆったりとして来る自分に気付く。

Dsc05607

パートナーと二人で運動靴を履いての旅。時にはこういう旅も・・・。

Dsc05609

11時前、黒磯に着いた。新幹線が開通する前、仙台から東京まで「ひばり」で4時間、急行で6時間。中学の修学旅行では、上野まで急行で行ったような記憶がある。列車名は「くりこま」・・・?

Dsc05610

改札を過ぎると、夏の太陽が照りつけていた。目的地はただ一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

coffee ippo

故郷を訪れた帰りに、東和町へ足をのばしてみた。

Dsc03746

山間の奥にある [ippo」

Dsc03748

ここまでの狭い道は、小川沿いにあり、とてもいい雰囲気である。

Dsc03766

新緑が美しい。駐車場には、仙台ナンバーなど、たくさんの車が止まっていた。

Dsc03747

自家焙煎コーヒー。店主は、東京のバッハの影響を受け、栃木で修行して、6年前にこの地にオープンしたという。

Dsc03750

午後2時過ぎ、お店は一杯。

Dsc03761

北側の窓から小川のせせらぎが見える。

Dsc03754


Dsc03755

カップは、お客さんのイメージに合わせて出してくれるらしい。嬉しい。パートナーには華やかさがあるのか・・・?

Dsc03756

ショコラを頼んだ。生クリームがついていて、ショコラそのものの甘さは控えめである。

Dsc03759

カウンターのお客さんが帰った。店主は、丁寧に珈琲を炒れる。比較的浅めの焙煎の珈琲が多いかもしれない。

グアテマラとブレンドを頼んだ。どちらも適度な酸味とコクがあり旨い。

Dsc03764

以前の民家を改装してお店を開いたという。落ち着いた雰囲気。

Dsc03769

三陸自動車が近くまで来ていて、仙台からも大分近い。人気の秘密が分かったような気がする。また、行ってみようと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧