« 光と影 | トップページ | 栗駒山を見ながら田植の準備 »

家の周りをどうしようか?

4c41c6ee25544c2e99a4bdc2fc29d0d0

建具が入り、光が差し込むようになった。玄関の床も完成。

7ba8fc3270fc4a189bfd1504cd5530c3

外回りをどうしようかと考えていた矢先、3月まで5人の大工の一人として我が家のために働いてくれた一さんが、庭造りを始めてくれた。

もともとは、庭造りが専門とのこと。頼もしい。

早速、トラックでゴロタを運んでくれた。

「庭造りを任せてください。やらせてください。自分の作品を残したいです。」という。

その心意気に感動。お願いすることにした。

99e6970d351d489e9ac223b1e44411f9

まずは、北側の道路に面した部分からスタート。

入り口までのアプローチを吟味したいとのこと。ストーレートではなく、異次元の世界に入るかのようにしたいとのこと。

丁寧に石を敷いていく。相当な時間をかけて,じっくりと。

 Acb61c338665476bb0b7336ffc262b98

枕木を使うことに・・・

A0447fbdd28b44c6b89bf1ae2b2a5430

21a22d06b6104482b40c5ff79bb41813

駐車スペースを含めて、枕木を95本ほど用意した。

E21ffa48ed2c48939b752d382c57c298

一さんが頑張っている間に、仙台の自宅にあるものや植木市で購入した雑木を運んだ。

木を見ていると落ち着く。

完成までにはまだまだ時間がかかりそう。楽しみでもある。

 

|

« 光と影 | トップページ | 栗駒山を見ながら田植の準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 光と影 | トップページ | 栗駒山を見ながら田植の準備 »