« この時期の栗駒山は一番 | トップページ | 家の周りをどうしようか? »

光と影

最近の住宅は高気密化が進み、戸や扉から光が入ってくる様子を見ることはほとんどない。

かつての日本家屋では、障子はガラス戸が使われ,光が入る込む様子が美しく感じられた。

Img_2567_1

朝や夕方の時間の斜めからの光は面白い光景をつくりだしてくれる。

Img_2568_1

今回の新築にあたっては、建具をたくさん使った。これほどまでに使ったことは,あまりないという。

Img_2633

それだけに各部屋の機密性は高くない。

Img_2629

玄関の扉もサッシではなく木の扉とした。

今、こんな住まいを考える人はほとんどないと思う。木の香り、日本家屋のよさを味わいたいと思う。Img_2677_1

外構工事が続いている。水道がまだ。未完成。地元栗原の葛岡工務店の作品である。

|

« この時期の栗駒山は一番 | トップページ | 家の周りをどうしようか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この時期の栗駒山は一番 | トップページ | 家の周りをどうしようか? »