« 動き出したR100RS | トップページ | 奥が深い 焙煎 »

上棟式から4ヶ月 無垢材をふんだんに

昨年の11月1日に上棟式をしてから4ヶ月。近くの方には「まだできないの」と聞かれる。

最近の住宅は、3ヶ月もあれば完成することが多いが、一つ一つの材料をとりながら作り上げていく我が家の場合は、まだまだである。

Img_2366

外壁の下塗りが終わった。乾燥している季節だから都合がいいらしい。

Img_2513


Img_2522

垂木の端に銅板で化粧をする。

Img_2370_2

天井もあがり始めた。杉や松や桂などを使っている。

Img_2516

柾目の杉も美しい。長押もいい。

Img_2520

キッチン奥の棚。妻の設計。

Img_2518

ほぼ完成。妻は大変喜んでいた。これは梓の木を使っている。

一枚一枚を現場のサイズに合わせてつくっていく。手間がかかっている。工事はゆっくりと丁寧に行われている。

Img_2517

風呂場に使う檜も材が加工されて届く。天井材の桂も届く。まだまだ工事が続く。楽しみである。栗原市鶯沢の,葛岡工務店の社長が頑張ってくれている。

それ以上に現場の棟梁はじめ、5人の大工さんがチームで頑張ってくれている。

|

« 動き出したR100RS | トップページ | 奥が深い 焙煎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 動き出したR100RS | トップページ | 奥が深い 焙煎 »