« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

ブルーベリーの摘み取りへ

4月に植えたブルーベリー70本は元気。まだまだ若い木なので収穫は少ないが、10キロ近くの収穫があった。

苗を譲ってもらった岩手県一関の本寺地区のお宅に妻と母と摘み取りに行ってみた。

Dsc09682

Dsc09683

いつも温かく迎えてくれる。数人の方が摘み取りのバイトに来ていた。

Dsc09684

食べ放題で摘み取りができる。母も妻も大喜び。童心に返ったようだ。

木で熟したブルーベリーは甘くて美味い。10粒ぐらいまとめて口に入れると食べ応えがある。

Dsc09685

Dsc09690

3人で5キロほど摘み取った。おなかの中にも大分入っている。

Dsc09688

また、来週来たいと・・・。最高の摘み取り。

|

栗駒山周辺を


16日(月)の早朝、暑さを避けながらR100RSを動かしてみた。

なんとか,エンジンが目を覚ます。

Dsc09694

金成沢辺から30分ほどで行者滝。

Dsc09693

雪解け水が流れてくる。涼しい。

Dsc09696 

三連休の最終日。いわかがみ平も人は少ない。

Dsc09697

跡地は、いこいの村。岩手宮城内陸地震で大きな被害を受けたらしい。

Dsc09701

いわかがみ平の駐車場には,登山客がいた。でも少ない。

Dsc09702

Dsc09704

かつて、この地に「駒ノ湯温泉」があった。内陸地震で大きな被害を受けた。人命も失われた。

Dsc09706

世界谷地も人が少ない。

Dsc09707

荒砥沢ダム周辺を走り,文字へ。見事なあじさい。過疎が進む栗原。渋滞がなくていいが、若者がいないのが寂しい。栗原の魅力を生かして、若者を留めたい。

|

典型的な夏の朝

栗原金成沢辺の夏の朝は,霧から始まる。

Img_1207

こんな日の日中は、気温がぐんぐん上がる。秋の初めには工事が始まりそうな気配・・・。

今回の新築工事は、地元栗原の大工さんに依頼。伝統的な日本の技術を使いたかった。

なんともいえない、おおらかさがまたいい。

Img_1210_3

夏の花が咲く。

Img_1211

カボチャの花も見事。我が家の86歳の親父は,カボチャ作りに凝っている。

Img_1215

ブルーベリーも順調に熟している。

Img_1219


Img_1220

アーリーブルーから始まった我が家のブルーベリーは、バークレイ、シエラ、ジャージと続く。

Img_1221

ツバメは,しきりに巣作りに精を出している。

Img_1223

朝の収穫、300gぐらいかな。

Img_1226

ペルーを焙煎。珈琲とブルーベリー・・・・。これからお世話になりそうだ。

|

岩手にいいところは一杯

4月にブルーベリーの苗を植えてから、いろいろと教えてもらっているところがある。

一関は厳美の本寺地区の農家。

Dsc09638

本寺地区のブルーベリー農家がやっているブルーベリーハウスに行ってみた。

Dsc09640

摘み取り、ハウスの後ろにあるブルーベリー畑は、500円で入れて食べ放題。そして摘んで持ち帰ることができる。

Dsc09641

100%ジュースでつくったフロート、そして、スムージー。濃厚で美味い。二人なのに,なぜか3つ頼んでいる・・・。

Dsc09643

県道49号線を北上し、奥州市の衣川。山奥にある「山の贈り物」へ。

11時前に到着。開店前。

Dsc09644

オーナーは栃木の出身、奥様は東京。20年ほど前に山を購入。そして、オーナーはログハウスを自作。

Dsc09646

Dsc09647

前回は,一人でバイクで来た。

Dsc09650

なかなか、かわいらしく飾ってある。

Dsc09652

一度だけの訪問なのに覚えていてくれた。外のテラスに案内していただいた。

Dsc09653

妻とブルーベリーのチーズケーキとタルトを頼んだ。美味い。

しかも、オーナー(男性)がつくるという。オーナーはとても器用だ。

Dsc09655

カフェを開こうとしている我々に参考になる話をたくさんしていただいた。開店と同時だったので、お客さんがまだ来ない間に,お二人にいろいろな話を聞くことができた。

こう言っては失礼だが、年齢とはちょっとギャップを感じる(?)かわいいお店である。

そこが,魅力的でもある。今度は,ランチを食べに行こうと思っている。

|

猛暑の時は,朝の散歩に限る K1600GTLで朝


7月も二日。猛暑が続いている。ここ東北の仙台は、この時期は梅雨で気温は低いことが多い。

昨年もそうだったが、真夏の時期よりも、この時期の方が暑くなることがある。

Img_1192

朝の5時に目が覚めたので、月曜日なのにちょっと走ってみた。この時期は釜房付近を走ることがおおい。

Img_1194

大学のヨット部だろうか,早朝から声を掛け合いながら練習をしている。

Img_1195

5月の連休以降動かしていなかったK1600GTLは、健やかに目が覚めた。初め、ちょっといつもと違うエンジン音に、「大丈夫か」と声をかけてしまった。

Img_1191

仙台から国道286号線を西進。30分ほどで釜房ダムに。涼しい。気温は23度ほど。

Img_1200_3

湖面をぼーっと眺めながらシャッターを押す。

Img_1202

途中457線を北上。秋保方面へ。夏の花が咲いている。K1600GTLもすっかり身体の一部になっている。5年ほどの歳月が流れている。重さは感じるが、これほど楽なバイクはない。

Img_1203

6時半に帰宅。仙台に戻ると,既に気温は30度近い。今日も暑いのだろう。昨日収穫したブルーベリーをたっぷりと食べて、朝食。

|

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »