« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

オデッセイ タイヤ交換

仙台は、今週に入ってから20度を超える日が・・・。温暖化の影響だろうが、春を越して夏になりそう。

我が家の2009年式のオデッセイの夏タイヤは、大分痛んできた。ちょっと購入を検討。

Img_3724_3

今回は、ネット購入してみた。約半分の値段。タイヤの値段はあってないようなもの・・・?

Img_3741_2

何を信じていいかわからない世の中だが、こんなデータだけはちょっと頼りにしようかと思う。

Dsc09093

いつものスタンドで交換してもらった。タイヤ交換の工賃を加えてもかなり安い。これで、ちょっとした出費を抑えたい。

Dsc09094

このオデッセイは、背が低い。今のオデッセイとは異なる。いい走りをする。

現在の走行距離は97,000余り。目標は20万キロかな・・・?これまでのケースは、タイヤを新しくしたとなんに,車が不調になるケースが多かった。

そうならないことを願うばかり。

Dsc09092

オデッセイ・アブソルートは、足回りがちょっとかたいので、路面の状況が割合ダイレクトに伝わるが、このタイヤはちょっと乗る人に考えさせる余裕を与えてくれる。

やや、アナログ的な感覚。最近、物事をかなりスパッと伝える人が多くなったストレス社会では、このアナログ的な感覚が大切かも・・?

|

栗原に音楽がある

25日(日)の午後は、若柳伊豆沼の湖畔にある「Cafe koropokkur」へ

Dsc09146_2

震災の影響で仮説で営業するジャズ喫茶「ジョニー」の復興応援企画のライブ。

「ジョニー」は、陸前高田にある名門ジャズ喫茶。

Dsc09115_2

開演の14時30分前にはたくさんの人が,結構遠くから集まっていた。

Dsc09116_2

ここからは、伊豆沼が一望できる。白鳥やマガンも旅立った。

Dsc09117

Dsc09119

開演前の様子。

Dsc09133

名雪さんのサックスから始まった。素敵なサウンドが響く。

Dsc09126

このライブの意味がみんなに伝わる。拍手で盛り上がる。

Dsc09137

林さんのサックスもいい。

Dsc09130

そして、サードセットは、コラボ。

Dsc09138

ピアノもいい。

Dsc09141

いろいろ企画をしたというヴォーカルのMIKA。栗原市出身。

聴きながら思った。この栗原市にも,新しい音楽の文化が生まれそうだと・・・。

Dsc09129

外には,なんとNSX。懐かしい車。

Dsc09139

そして、小生のパートナーはどんな憩いの場を目指すのか・・・?

Dsc09108

前日の24日は、若柳の大袋にある Salon de the KURIHARA で、プランタンコンサート。

Dsc09110

ここにもたくさんの方が集まっていた。

Dsc09111_2

仙台フィルで演奏するダビット・ヤジンスキーのクラリネット。なんともいえない音・・・。

農作業の合間を縫って二日間、音楽を楽しんだ。栗原市もいいところになりそう・・・?

|

一期一会

出会いと別れの季節を迎えた。昨夜は、久しぶりのブウション。店主のHさんも元気だった。しっかりと覚えていてくれて嬉しかった。


この頃、めっきり酒量が減って、本当に久しぶりのワイン。

ブウションは、いいワインがある。料理にあってて美味い。

仙台駅の東口にある。


ちょっと分かりづらいかもしれないが、帰る頃には、沢山のワイン好きが🍷いた。


料理は、ワインに合うものがー。


店内にピアノの音が響く。とってもいい。生演奏がいい。
夜の街に行くこともめっきり減ったが、時には異次元の空間もー。

| | コメント (0)

ランチプレート

春の日差しが眩しくなってきた。


仙台は長町にある、とあるカフェに立ち寄った。


そんなに広くはないが、落ち着いた空間。


カウンターは、三人かけられる。昼過ぎには、満員。


ランチは二種類。それぞれにパートナーと頼んでみた。




ランチプレート。古代米に甘酒に、サラダに味噌汁など。とってもヘルシー。


一目惚れと古代米のブレンドを焙煎した、ノンカフェインのコーヒー。
麦茶に近い味と香りがした。

開店から、一年ちょっとだという。

| | コメント (0)

道の駅の充実 高級志向・・・?

最近、道の駅の充実ぶりには驚く。

Dsc09091_2

福島の道の駅

Dsc09085

駐車場も広く、高速のSAのようだ。

Dsc09086

国見町の役場もそうだが、木がふんだんに使われている。

Dsc09087

食べ放題のレストラン。

Dsc09088

その奥には、Cafeがある。国道4号線沿いにあって、昨年秋のオープンには、入ることができなかった。

Dsc09089

福島市への出張途中。昼前だったので、少し空いていた。

Dsc09090

なんとなく,オムレツが食べたくなって・・・。珈琲がついて780円。

この道の駅は、広くていいが入りづらいところがある。でるのもでにくい・・・。もう少し,庶民的でもいいような気がする。

そういえば,宮城県の道の駅は,東北でも極端に少ない。どうしてだろう・・・?

|

静かに燃える アラジン(Aladdin)

我が家で薪ストーブを使い始めたのが1996年。もう22年になる。静かに燃える。はぜる音だけが聞こえる。冬の夜に。

今回、パートナーがAladdinのストーブを買った。いずれやりたいと思っているCafeで使いたいとのこと。小生も前から好きだった。

どんな具合だろうかと思って。

Dsc09070

静かに,青い炎で燃える。

Dsc09080

まさにアナログの世界で、このように上部を倒して火をつける。芯をあまり出さずに,煙が出ないようにして点火する。

Dsc09082

初めは、橙色の炎。ブルーになるまで芯を上下させて調節する。

Dsc09084

このようになると、完全燃焼で匂いもない。

Dsc09069

青い炎を見ていると、薪ストーブとはまたちがった味わいがある。静かにもえる。ほんのりと暖かい。吹き抜けの我が家の二階は,想像以上に暖かい。

アラジン・・・。いい。Cafeでは、薪ストーブを入れる予定だが、アラジンを数台使うのもいいかもしれない。味わいがある。

今回はグリーン。次回は黒とホワイト・・・?

アナログがいい。なんかほっとする。災害があっても役に立つだろう。

|

2011年から7年 

岩沼市立千年希望の丘(慰霊碑)に行った。2018年3月11日(日)の午後2時46分

Dsc09072

昨年11月以降、動かしていなかったK16GTLにまたがって。千年希望の丘に着いたのが2時44分。多くの人が慰霊碑の前で動かなかった。

Dsc09073

あれから7年の歳月が過ぎ去った。海沿いのこの辺の景色は大きく変わった。かさ上げした土地。高い防波堤。海が遠くになった。

道も、整備されてきたがあちこちで工事中。

Dsc09074

一体あのとき何があったのだろうと時々おもう。あの長い揺れ。今でも思い出すと、ぞっとするときがある。1階で仕事をしていた小生は、コンクリートの塊が落ちてきそうで怖かった。大きな重い金庫が動いて窓ガラスを割った。

Dsc09078

午後2時46分、手を合わせた。今朝は,神戸市役所にいる知人からメールがあった。

「おはようございます。
 
早いですね、今日で東日本大震災から7年。直後に訪れた、荒浜地区の様子が昨日の事のように浮かんできます。
 
神戸もそうでしたが、復興の道程は長いです。でも、人間の力はすごい、必ず復興を成し遂げると思います。
 
春とはいえ、まだまだ寒いです。ご自愛下さい。
 
また、会えることを楽しみにしています。」

いつも、温かなメールに感謝している。毎年神戸を訪れていたが、昨年は行けなかった。

今年は行ってみたいと思う。神戸の方々には,本当に助けていただいた。

Dsc09076

今年始めて起こしたK16GTLは、暖まるまで「ゴロゴロ」というエンジン音。まだ、オイルが回っていないためだろう。

1時間もすると、いつものシルキー6の音が蘇ってきた。やや金属音のような音が聞こえてくる。そして、なめらかな回転になる。

このバイクも,実は2011年製である。小生は中古で2015年に購入した。昨年は,パートナーと一緒に北海道に連れて行ってくれた。頼もしいバイク。

確かに300kgを超える車重は取り回しに苦労することがある。それでも転がり抵抗が少ないせいか、押すと動いてくれる。安定性もある。

Dsc09077

当時を思い出し、写真を撮る人や散歩する人などが数多くいた。風化が進んでいるが、復興はまだまだである。

|

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »