« 初詣は「中尊寺」 | トップページ | 住んでみれば、栗原もいいところ »

正月用の餅つき

年末の28日に餅をつく。

杵と臼を使って。幼少の頃より,両親の餅つく姿を見て育った。

Dsc08892_2

まずは、薪を燃やして暖を取る準備。

Dsc08893

28日の朝も冷えた。風邪もなく穏やかだが,寒い。

Dsc08896

杵と臼もすっかり冷えているので、お湯で温める。ケヤキの臼である。20年ほど前に購入したものだ。

Dsc08904

この日の夜にジャカルタにいく2歳の孫も元気だ。雪遊び。

Dsc08919

何でもやりたがる孫に,杵を持たせた。重くて動かないが、笑っている。

Dsc08946

栗原では、生姜餅や海老餅、シーチキン餅などを作ることがある。美味い。

つきたての餅は格別。しかも,杵と臼でついた餅は,腰があって、実にいい。

朝食を餅で済ませて、孫たちは,午後の新幹線で羽田へ・・・。何年になるのか・・・?向こうでの生活は・・・・。

|

« 初詣は「中尊寺」 | トップページ | 住んでみれば、栗原もいいところ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事