« 397号線から須川へ 紅葉が進む | トップページ | 忘れていたものがあった 自然の美と不思議さ »

無心になれる焙煎

休日の朝に焙煎をする。

ハンドピックをした後に、ハンドロースト。

Dsc08311

ブラジル。

Dsc08312

左右の手に持ち替えながら回す。慣れると,疲れも感じない。

Dsc08318

最近は、むらなく焙煎ができる。

Dsc08340

さすがに4種類ほどハンドローストをすると、汗が出てくる。でも、無心になれる。

この感覚がいい。そして、冷めたら淹れてみる。

2,3日おいてからの方が味が落ち着くようだ。

|

« 397号線から須川へ 紅葉が進む | トップページ | 忘れていたものがあった 自然の美と不思議さ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事