« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

北の大地のよさ・・・

この夏、4日間ほど走った北の大地のよさを振り返ってみたい。

Dsc07854

これまで、フェリーと言えば仙台から苫小牧までを利用することが多かった。今回は、八戸から苫小牧まで使ってみた。

仙台から八戸まで,およそ300kmほどあるが、夜10時の出港には、午前中に出てゆっくりと下道を走っても十分間に合う。特に、岩手の道がいい。

朝の6時に苫小牧に着くので、ちょうどいい。

Dsc07896

北海道の道の駅は,その土地の特長を生かしている。とても充実している。宮城、仙台とは比べものにならない。

Dsc07982

まっすぐな道が多いが、ワインディングも楽しめる。

しかも,カーブは,比べものにならないぐらい緩やかで、ついつい高速になる。要注意だが,とても楽しい。

Dsc08057

Dsc08077


Img_0047

積丹半島の海は,青く澄んでいる。ウニが美味い理由がわかる。ウニ丼は・・・。

Img_0002


Img_9966

美瑛の丘は走って楽しい。今は、別のところに観光客が集まっているようだ。上高地とともに、前田真三が美瑛のよさを広めた。

彼の写真は、自然のよさや美しさ、そして,怖さを伝えているようだ。

Img_0009

こんな木も、北海道の広い大地に映える。スケールの大きさを感じさせる。

Img_0010


Img_0014

美瑛の四季採の丘。新たな観光スポットなのだろう。知らなかっただけかも。ここにも北海道のよさがある。

Img_9906


Img_0035

オンネトー湖、青池・・・。水面の美しさが一際目立つ。まだまだ、自然の美がありそうだ。

また、いつか、北の大地を走ってみたい。体力のあるうちに。

|

最終日は,積丹半島へ

8月5日(土)の早朝、洞爺湖の宿を出た。ちょっと小雨模様。

羊蹄山の麓。

Dsc08056

この向こうにキャンプ場があった。16年ほど前にそこのテントを張って、ニセコや羊蹄山に登った。

北海道は,こんな道が続く。

Dsc08058


Dsc08060

天気がよくなり、ニセコパノラマラインから積丹半島が見える。岩内方面。

Dsc08065

ちょっと風が強かったが、夏の日差しが戻ってきた。

Dsc08067

岩内の道の駅で,老夫婦から声をかけられた。「仙台から来たんだね。よかったら、このパンをどうぞ」

美味しかった。

Dsc08073

積丹半島を快走。

Dsc08077


Dsc08079

海が実に綺麗だ。

Dsc08080

そして、ウニ丼。

Dsc08082

向かいのお店は,行列ができていたが、こちらは穴場。美味い。

Dsc08084

Dsc08095

童心にかえって、海に入る輩がいる。

Dsc08099

いくつになっても・・・。

ここからは,小樽まで行かずに、美唄峠から支笏湖を経由して苫小牧へ。

とっても,天気に恵まれた,最高の北海道だった。

何度も,北海道を訪れるライダーの気持ちがわかる。今度は、いつ・・・?

|

層雲峡から美瑛へ

三国峠を後にして,層雲峡へ。

Dsc08005

Img_9939

美瑛の宿は「菜摘実の里」。30年ほど前に開いたという。

Dsc08011

隣にあるギャラリーを,夕食後に見せていただいた。すべて、手作り。

Dsc08014

Dsc08008

夕食は、自家製の野菜がたっぷり。

Dsc08020

翌朝は早めに出て、美瑛の丘へ.懐かしい「ケンとメリーの木」

Img_0003

美瑛の丘を走る。気持ちがいい。

Img_9966

こんな写真は,なかなか撮れない。

Img_0004

最近の人気スポット「四季採の丘」

Img_0010

見事なお花畑が続く。

Img_0020


Img_0009

Img_0034

そして「青池へ」

Dsc08046

ちょっとゆっくりしすぎて,千歳空港へ行く時間が迫っていた。なんとか間に合った。

Dsc08045

パートナーは,ここで羽田へ向かう。孫のところに行くのだ。ちょっと野暮用で。

Dsc08051


小生は,輩と千歳の「道の駅サーモン・・・」で待ち合わせて、支笏湖湖畔を走る。

そして、洞爺湖へ向かう。

|

オンネトー湖・・・弟子屈


北海道は弟子屈の手前にオンネトー湖。

Img_9906

水面がなんとも・・・。

Img_9908

そして、阿寒湖。

Img_9910

Img_9916_2

Img_9920

おもしろいことをする輩もいる。

Img_9913

ちょっと天気が悪い。気温も低い。

Dsc07938

弟子屈の道の駅。

Dsc07941

相撲の大鵬が生まれた地でもある。

Dsc07946

初日の宿は,「ホテル・パークウェイ」ライダーがたくさんいた。

Dsc07949

千円ちょっとの夕飯も充実。

Dsc07950

翌朝、整備をするライダー。R100RSのライダーは,オイルの補給。

Dsc07954

早朝、摩周湖に向けてスタート。

Dsc07960


Dsc07961

まさに「霧の摩周湖」。あきらめて、北見へ、そして、国見峠へ向かう。

Dsc07983

国見峠に近づいたら,天気がよくなってきた。それでも25度。

Dsc07989

パートナーが楽しみにしていた「国見峠カフェ」

Dsc07994

カレーと珈琲が美味い。ここから,層雲峡を経て美瑛に向かう。

|

16年ぶりの北海道へ

1日の早朝、小雨の中を仙台をスタート。

Dsc07831

まずは、八戸までのツーリング。22時の苫小牧までのフェリーに間に合えばいい。

Dsc07847

岩手に入ると天気はよくなる。八戸ではお祭りが・・・。

Dsc07849

夕食は,パートナーの提案で,八食センター。

Dsc07850

平日の夕方の5時過ぎ。空いていた。きっと、休日は観光客などで一杯になるのだろう。

Dsc07851

マグロの弁当も,刺身を半額近い。しかも新鮮で、うまい。

Dsc07854

おなかを満たして,八戸のフェリーターミナルへ。

Dsc07857

日が沈んでいく。北海道から内地に来たという,バイク人に声をかけられた。

朝晩の北海道は,かなり冷えるという。

Dsc07858

ちょっと早く着き過ぎた。出発まで3時間余り。

Dsc07865

船はちょっと揺れた。睡眠は細切れ。朝の苫小牧は,曇り空。

Dsc07869

こんな狭いところにバイクを誘導された。ちょっと気を遣う。

Dsc07879

苫小牧から、夕張へ。そこから道東自動車道へ。占冠(しむかっぷ)PAで休憩。

Dsc07880

パートナーも睡眠不足で,後ろでかっくん・・・。

Dsc07887

WRの輩は,今日は元気がよく,先を走る。

Dsc07896

道の駅「しほろ」、あたらしいところ。

Dsc07897

素敵なカフェが入っている。北海道の道の駅は、多くが綺麗である。気持ちがいい。

Dsc07909

足寄では,松山千春が・・・。

Dsc07910

懐かしい写真があった。

Dsc07908

阿寒湖が・・・。初日の宿までもう少し。

| | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ