« 落ち着きのある日本家屋が知恵と技を産むのか・・・? | トップページ | 何を信じていいのか?医療問題 »

今年初めてのツーリング コバルトライン

年が明けてから、何かと用事がありバイクに乗っていなかった。日曜日の今日26日、天気もいいのでバイクを出した。

R100RSはエンジンがかかるか・・・?

昨年末にバッテリーを交換し、先月末に充電をしておいたためか、一発で心地よくエンジンが回った。

Dsc06783

バイクと体を慣らすために、国道4号を北上し、利府街道へ。利府ICから三陸自動車道へ。風も穏やか、RSは快調に走る。こちらの体も快調。

Dsc06786

石巻で降りてコバルトライン方面へ。女川からコバルトラインに入るか、それともサンファン館がある県道を通って鮎川方面へ向かってコバルトラインに入るか悩んだ。

仙台から約45kmほど走ったので、サンファン館があるところで休もうと思った。トンネルをすぎて右へゆっくりとカーブ。

駐車場へ向かう途中、前をはしるライトバンが左に寄って止まった。小生は、ゆっくりと大きく右側を追い越す。なんと、ライトバンは止まったと思ったら、急に右に旋回。小生は右によけたが避けきれず、RSの左側のパニアに車があたった。

Dsc06788

なんとかこらえて転倒せずにすんだ。前方でゆっくりと止まる。パニアはご覧の通り。運転手は「気がつきませんでした。すみません」

Dsc06793

駐車場にバイクを止めて、サンファン館から眺める。海も空も真っ青。

Img_9239

さっきのアクシデントを忘れさせてくれるような海。

Img_9240

石巻方面を眺める。

Img_9242

サンファンの今の様子は・・・?Webによると・・・

造船から23年の歳月と東日本大震災の大津波の影響を受けた復元船サン・ファン・バウティスタの船体状況を、所有者の宮城県が昨年来、調査を進めてきましたが、今後、数年のうちに崩壊し始める可能性が高い、という報告がこのたび出されました。

     このような状況を踏まえ、復元船サン・ファン・バウティスタの維持管理に関して、最善の方策を得るための検討を専門家・関係者によって引き続き重ねているところです。

 つきましては、結論に至るまでの当面の間、乗船とドック棟への立ち入りを中止いたします。

とのことです。

Img_9243

鮎川方面に向かい、御番所公園へ。とっても気持ちがいい。気温は10度ぐらいか・・?

Img_9250

牡鹿半島。

Img_9255

金華山。

Img_9249

網地島。

Img_9247

海は広いな、大きいなーーー。

Img_9253

大震災で大きな被害を受けた鮎川港。まだまだ、復興に向けて作業が続く。

Img_9256

痛々しいR100RSだが、元気に走る。昨年末にタイヤを交換して初めてのワインディング。タイヤの良さを感じる。きれいにコーナーを回る。

Img_9251

公園のてっぺんから駐車場を眺める。

Dsc06797

御番所公園からコバルトラインに向かう。

Dsc06803

ワインディングを楽しみ、女川方面へ。

Dsc06800

本当にいい天気。この時期にコバルトラインを走るのは初めて。今年の仙台は、いつもよりも、さらに雪が少なく、バイクで走る機会も増えている方も多いだろう。

Dsc06811

南海部品により、年末に落ちたRSのホーンの修理のためにパーツを買い、遅い昼を、沖野の「五事」で・・・。約200kmほどの今年初のツーリング。

ちょっとしたアクシデントはあったが、無事に帰れてよかった。帰宅後、ホーンの修理・・・。心地よい疲れが体を襲う。

壊れたパニアは、手に入るだろうか・・・?と今になって思う。

まあ、なんとかなるだろうと楽観的に考える。相手の方も、怪我がなくてよかった。

|

« 落ち着きのある日本家屋が知恵と技を産むのか・・・? | トップページ | 何を信じていいのか?医療問題 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

☆binkenさんへ
ブログ記事読んで驚きました・・・
怪我しないで何よりでした(-_-;)
ケースはヤフオクなどに出ていると思いますよ。
暫くコバルトラインに行ってません、いつもは女川方面から鮎川を通って石巻に戻りサンファンのところで休憩、のコースを走っています。

投稿: LYNX☆ | 2017年2月27日 (月) 09時28分

☆LYNXさんへ
 お互いに怪我がなくてなくてよかったです。
 パニアを探していますが、なかなかなくて困っています。笑

投稿: binken | 2017年2月27日 (月) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/64943954

この記事へのトラックバック一覧です: 今年初めてのツーリング コバルトライン:

« 落ち着きのある日本家屋が知恵と技を産むのか・・・? | トップページ | 何を信じていいのか?医療問題 »