« 夏泊半島へ | トップページ | 十和田から八幡平へ »

ゲストハウス 

突然の宿は、ゲストハウス「バックパッカーズ」

Dsc06160

Dsc06230

パンと珈琲の簡単な朝食が付いて一人2,000円

Dsc06238

くつろげる空間がある。8時頃に着いたときには、数人がテレビを見ながらくつろいでいた。ストーブがとっても暖かく感じた。

Dsc06249

朝は5時に目が覚めた。珈琲を飲みながらくつろいでいると、若い女性が起きてきた。ストーブを囲みながら話をすると、川崎から一人でバイクで来たという。ここに2泊したという。

7時過ぎ、我々よりもちょっと早めにスタートしていた。

Img_8044

宿の方に十和田の丸秘スポットへ。どこから入っていいか分からない小径を歩く。

Img_8046

するとこんな世界は広がった。

Img_8049

空気が澄んでいる。

Img_8054

Img_8058

下は断崖絶壁。

Img_8060

Img_8067

宿に戻ってスタート。十和田湖畔を走る。

Img_8071


Img_8066

Img_8072

さてここからどこに・・と迷ったが、前日雪で通行止めとなっていた八幡平へ行くことにした。

十和田は本当に良かった。最近は観光客も少ないようだが魅力はある。また、訪れたい。

|

« 夏泊半島へ | トップページ | 十和田から八幡平へ »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/64411569

この記事へのトラックバック一覧です: ゲストハウス :

« 夏泊半島へ | トップページ | 十和田から八幡平へ »