« ゲストハウス  | トップページ | そこに音楽があった 楽都仙台と東日本大震災 »

十和田から八幡平へ

十和田湖から103号線で西へ、さらに県道66号線で花輪方面へ。

Img_8076

県道沿いに縄文の遺跡だろうか?

Img_8080

時間は8時前、ちょっと霞んでいる。

Img_8081

ちょっと幻想的。

Img_8082

282号線を南下し、八幡平方面へ。
Img_8083

途中、大沼?だったろうか。駐車場で休憩。

Dsc06261_3

すると、ゲストハウスで一緒だった川崎の彼女がいた。バイクを倒してギヤチチェンジが出来なくなったとのこと。これで八幡平を登るのは危険。

愚息とその原因を探った。何度か試みた。しばらく原因は分からなかった。小生が跨ってギヤチェンジを試みると愚息が原因を突き止めた。スタンドにチェンジレバーがあたり、下に行かないことが分かった。愚息のバイクの工具を使って修理完了。

彼女は大喜び。

Img_8092

その後は3人で走ることにした。

Img_8099

山頂近くになると、やまなみが美しく見えた。

Img_8095


Img_8106

前日の雪も残っていた。

Img_8108

岩手山、そして姫神も美しい。

Img_8118


Img_8119

Img_8121

八幡平の見返峠で別れた。彼女は戻って、田沢湖方面に行くとのこと。無事を祈った。

Dsc06266

Dsc06262

アスピーテラインを下り、松尾八幡平IC方面へ。

Dsc06272

前沢SAで遅い昼食。

Dsc06273

Dsc06274

長者原SAで最後の休憩。二日間の走行距離は820km程。紅葉の中のツーリング。

|

« ゲストハウス  | トップページ | そこに音楽があった 楽都仙台と東日本大震災 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

☆binkenさんへ
八幡平から見る岩手山の稜線が綺麗なので大好きです!

投稿: LYNX☆ | 2016年10月30日 (日) 06時57分

環状列石ですね。
みちのくのストーンヘンジ。

投稿: 風写@蔵王 | 2016年10月30日 (日) 08時30分

☆LYNX☆さんへ
私も大好きです。岩手山は「男山」、姫神は「女山」といわれるそうです。
形から分かるような気がします。

投稿: binken | 2016年10月31日 (月) 16時18分

☆風写さんへ
みちのくのストーンヘンジ・・・?

投稿: binken | 2016年10月31日 (月) 16時19分

イングランドのソールズベリーにあるのが、スト-ンヘンジ環状列石です。

鹿角にあるスト-ンサークルは、国内最大級なのです。

UFOのヘリポートなんですよ。

投稿: 風写 | 2016年10月31日 (月) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/64415525

この記事へのトラックバック一覧です: 十和田から八幡平へ:

« ゲストハウス  | トップページ | そこに音楽があった 楽都仙台と東日本大震災 »