« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

お疲れ様 K1600GTL

八幡平から横手、湯沢、一ノ関、築館、仙台と約580kmほどのツーリングを終えたGTLのメインテナンスは翌日の日曜日。

稲刈りをちょっと早めに終えたので、こんないい時間が持てたことに感謝。

Dsc05924

下回りを中心に汚れを落とす。それにしてもこの6発のエンジン。実にコンパクト。バイクに6発が必要かな、とも思うが・・・?

Dsc05926

オドメーターは22977km。前日の走行距離は581.2km。

Dsc05927

右側にオイルをチェックするところがある。

Dsc05940

これがまた安っぽいプラスチック。軽量化を狙ってのことだろう。

Dsc05931

そしてオイル交換。約4.5L程はいる。5,000kmほど走った。

Dsc05932

メインのボルトは、8mmの六角レンチで外れる。

Dsc05936

GTLはメインを外した後に、奥にあるもう一つのボルトを外す。5mmの六角レンチで。モンキースパナを使って外す。手で回ることもあるが・・。

Dsc05938

しばらく放置。あまりでなくなったところで、エンジンをかける、すると、さらにオイルが出てくる。汚れはそんなにひどくなさそう。

Dsc05939

二つのオイルを抜くボルトは、こんな具合に磁石でくっつくのだ。面白い。中のボルトが外れて落ちたときにキャッチできるようになっているのか・・・?

Dsc05941

全部抜けたところで中のボルトから静かに入れる。エンジン真下で見えない。

Dsc02242

前回のオイル交換の時、下から鏡で覗いた。こんな具合になっている。凝ってる。

Dsc05943

きちっと締めて、オイルを入れる。大食いである。車並み。

さて、次はどこに行こうかと・・・。ちょっと忙しい日々が続きそうだが・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八幡平 見返り峠堪能

八幡平は、少し色づいてきた。

Dsc05922

後方に見えるのは岩手山。

Img_7547

ここでEOSで撮ろうとしたら、メモリーカードが入っていないことに気付いた。

コンデジからカードを移して撮った。

Img_7548

Img_7551

Img_7552

少し登ると雲海が凄い。

Img_7553


Img_7556

見ているだけでいい。

Img_7557

Img_7565


Img_7575

見返り峠付近。

Img_7578

Img_7583

Img_7591


Img_7594

Img_7576


Img_7585

ここで、島根から来たハーレーに乗るライダーと談笑しながら時を過ごす。

ここからの景色は、いつ見てもいい。

そして、秋田側に下る。

Img_7596


Img_7598

温泉に入りたくなったが・・・。341号線に出て南下。田沢湖をかすめて横手、湯沢、栗駒、一ノ関、築館、仙台と・・・。580km程のツーリング。GTLもお疲れか・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早秋の八幡平へ

土曜の早朝、空を見上げる。

Dsc05873

南の空に月とオリオン。雨が上がって空が澄んでいるようだった。

Dsc05880

4時半、GTLを起こす。3週間ぶりか。

Dsc05881

東北自動車道 泉ICから北へ。

Dsc05882

所々深い霧に包まれていたが、大崎から澄んできた。

Dsc05883

気温は17度ほど。走るにはちょーどいい。

Dsc05885

長者原SAで休憩。中に入っている人よりも車の数が多い。SAの方に聞いてみると、最近は車で休む人が多いという。

Dsc05889

まだまだ霧が深い。

Dsc05892

スクリーンに霧があたり、水滴となる。高速はGTLの得意とするところ。

Dsc05898

岩手に入り、紫波SA。空気がひんやりとしている。

Dsc05899

落葉樹も色づいてきた。

Dsc05902

そして、岩手山SA。秋を感じさせる。

Dsc05904

Dsc05910

岩手山がちょっぴり見える。
Dsc05908

このSAで、花巻のライダーとの出会いがあった。十和田、八甲田山を回るという。いつものコースで約500km。

まさに楽しんでいる様子。

Dsc05914

Dsc05911

Dsc05918

八幡平に向かう途中。後方は岩手山。何度訪れても、ここからの景色はいい。安比高原で良く滑っていた頃、冬の景色が好きだった。

20年ほどまえ。ランドローバーに乗っていた頃、雪で路肩がつかめず、大型トラックを避けようとして、側溝に落ちたことがあった。

JAFを呼んだ。風が強くて寒い日だった。

Dsc05919

松尾八幡平ビジターセンターでニンニクを買った。お土産。

そして、アスピーテラインへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食す・・・ツーリングで

ツーリングの楽しみに、「食す」ことがある。紫波SAであったハーレーに乗る足立の方が、弘前のラーメンを求めて走るように。

Dsc05906

24日のツーリングでは。岩手に来たら、やっぱり冷麺・・・と思って、朝食は冷麺にした。辛みを調節できるのが嬉しかった。

Img_0563

そして、昼食は・・・。

Img_0561

横手焼きそばグランプリの常連・・・?

Img_0557

横手駅前近くの「食い道楽」

Img_0562

ウスターソース味。牛バラと野菜、目玉焼きがのっている。お店によって、焼きそばの味は大分異なるという。いつから横手の焼きそば有名になったのだろうか?

これまでのツーリングで食したランチを思い出してみると・・・。

Dsc07324

岩出山の「もみじ野」で、岩魚天ぷら蕎麦」。美味い。蕎麦は大好き。

Dsc04093

山形は高畠駅前近くの「山喜」で、山塩チャーシュウメン。ラーメンに美しさがある。美味。

Dsc03551

宮城蔵王の「Cafe fua」で、パンとピザ。珈琲も美味。

Dsc05125

米沢市内の「喜久や」で、冷やし中華。マヨネーズがポイント。

Dsc04284

菅生PAでのアナゴ丼。いい味してる。

Dsc04480

岩出山の煉瓦場でのピザ。野菜たっぷり。

Dsc04996

信州は松本での夕飯。鯖に・・・。一杯。

Dsc04001

東和町「杉山」での天ぷら蕎麦。とってもリーズナブル。

Dsc03754

同じく東和町「ippo」での美味い珈琲。

Dsc04378


Dsc04379

那須「SHOZO」でのケーキ。上品である。美味。

Fullsizerender

東京の代官山でのパスタ。バイクで行ったが、バイクで行く場所では・・・?

美味いものを求めてのツーリングもいい。バイクは旅の道具。安全に操り、面白いワインディングを走り、いい味に出会う。もっとバイクを見直してほしい。

そして、もう少しバイクを安く手に入れることが出来たら・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出会い・・・ ツーリングでの

バイクで走って、道の駅やSAで休むと不思議とバイクに乗っている人に話し掛けられたり、話し掛けたりすることが多い。

特に、新しいバイクや珍しいバイクに乗っている人には、話し掛けてみたくなる。

24日(土)の早朝、雨が上がったので、午前4時半に北へ向かった。長者原SAで休む。たくさんの車が止まっていた。バイクは1台。ワインレッドのハーレー。

先にSAを出て行った。

Dsc05900

紫波のSAで再び遭遇。

足立ナンバーのハーレー。綺麗なワインレッド。スタート前に話し掛けてみた。

Dsc05901

こんな早い時間に足立ナンバーだから・・・。すると、ハーレー仲間に教えてもらった、弘前のラーメン屋さんに行くという。

一泊するのかと思って聞くと、なんと日帰りだという。明日は法事なので・・・と笑顔で応える。ハーレーは6月に納車されたという。お気に入りのバイク。

弘前まで日帰りのラーメンツーリング。お見事。東京から往復1500kmぐらいか・・・?

Dsc05913

岩手山SAで、K1300Sに乗る男性と遭遇。地元花巻だと言う。小坂ICで降りて、十和田、八甲田山を回って約500km。いつものコースだという。

BMWのバイク談義。K1300Sは、もうないという。しきりに寂しいと・・・。重量は260kg程なので取り回しが凄く楽でいいという。長身の方だった。

八幡平へ行くと言ったら、秋田側から入ったほうが、楽しいという。登りのワインディングがいいという。是非と・・・しきりに勧める。

一瞬、十和田、八甲田まで一緒に走ろうかと思った。

Img_7563

八幡平の見返り峠に向かう途中で、雲海の美しさに吸い込まれて写真を撮っていると、後方から「綺麗ですね。やー素晴らしい」と声を掛けて来た年配の男性がいた。振り向くと白いハーレーが止まっていた。

Img_7556

またもやハーレーだ。ハーレーの人気は凄い。存在感のあるいいバイクだと思う。ハーレーに乗る友人から「ハーレーに」と言われるが、まだ乗る気にはなれない。

年配の男性は、島根からだった。敦賀から秋田までフェリーで来て、昨日は大間の方を走ったという。

今日は、秋田の男鹿まで行くという。写真を撮ってあげた。

Img_7568

手を振って笑顔で走り去った。再び見返り峠で会う。八幡平は最高だという。紅葉は、島根とはまるで違うという。

男鹿まで一緒に行こうかと、一瞬思った・・・。

八幡平を下り、国道341号線を南下し、田沢湖近くのコンビニで休む。スマホを見ると、メールが入っていた。友人のKさん。

「昼頃、水沢周辺の予定です。binkenさんの予定は・・・?」と。角館をパスして横手に向かった。焼きそばを食べて、湯沢から342号線で一ノ関に向かうことにした。

平沢のF-marketに寄るとのことだったので、合流できれば・・・。

Img_7601

2時半過ぎ、電話をした。川崎の道の駅で会うことにした。合流して、伊豆沼の近くにあるジャズ喫茶に向かった。

Img_7610

喫茶、コロボックル。

Img_7607

伊豆沼を眺めながらジャズを聴いて、珈琲を飲んでまったりとした時間を過ごす。友人と過ごす時間は、いくつになってもいい。

マスターが「何かリクエストがありますか?」と聞いてきた。何となく、コルトレーンが聞きたくなっていた。

すると背後から「コルトレーン」の曲が流れてきた。「以心伝心」・・・。

マスターは、「バーボンでもほしくなりますね」と・・・。Kさんと笑う。

Img_7603

伊豆沼を一望できるこの喫茶。きっと、朝の雁行もよく見えるだろう。

日帰りのツーリングで、多くの、しかも素敵な出会いがある。いろんな刺激を受ける。それを求めてまた・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

やっと晴れた

台風が続き雨ばかり。

Img_7527

21日の朝、朝から日が差した。月がはっきりと見える。

Img_7528

東の空。朝焼け。

Img_7542

やっぱり朝の光はいい。

Img_7544

山帽子の実も真っ赤。

Img_7538

薔薇の新芽も赤い。

Img_7545

季節はずれの薔薇が咲いている。

Img_7543

ついこの間まで夏だったのに、どんどん寂しくなっていく。この天気で、翌日、稲刈りを終えることが出来た。

お天道様ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長屋門カフェ

雨の日曜日、一迫方面へ車を走らせた。

Dsc05842

398号線を花山方面から東へ向かうと、こんな看板がある。

Dsc05843

まさに、長屋門。全国には500以上あるという。そのうち栗原には200以上とのこと。

Dsc05845

中にはいると・・・。

Dsc05847

長屋門は、以前は農家を手伝いに来てくれた人が寝泊まりしたり、穀物の貯蔵に使ったらしい。

Dsc05848

Dsc05849

地元の野菜にチーズ。これがいい。チーズがきいている。

Dsc05853

トマト風味のパスタ。ボリュームもある。

Dsc05854

この日最後の一皿となったカレー。コクがあり美味い。

Dsc05855

珈琲セット。

Dsc05860

狭い空間を上手に使っている。長屋門は。特に一迫に多いような気がする。これを利用する手があったのか・・・?農家レストランやカフェは、自家製の野菜などをふんだんに使えるというメリットがある。

なるほど・・・と思うアイデアが、様々なカフェを訪問する度に見つけることができる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

仲秋の名月そして稲刈り

9月15日の仲秋の名月は生憎の曇り。

Dsc05829

いつものようにお団子にサツマイモ、そして果物を供える。

Dsc05831

17日(土)、稲刈りに向かう。3連休の初日、高速の通行量は多い。向こうに見えるは栗駒山。

Dsc05834

18日は生憎の雨。お彼岸なのでお赤飯を炊く。

Dsc05835

雨の中、細倉に行ってみた。

Dsc05836

くりはら田園鉄道の細倉駅。

Dsc05837

平成19年にくりでんは止まった。

Dsc05838

残しておいてほしかった。幼い頃、よく乗った。

Dsc05840

ホームも残っている。細倉と石越を結んだこの電車。同じ図面で駅を造ったようで、若柳駅と沢辺駅はそっくりだった。

岩ヶ崎の栗駒駅もよかった。

Kuriden2

これがくりでんだった。

Kuriden9

すべての駅をとったことがあったが、デジタルではない。あー懐かしい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ひとつぶ堂

前日に、栗駒の「侭」に行った際に、岩出山の「ひとつぶ堂」の話を聞いた。

Dsc05806

仙台に戻る途中に寄ってみた。

Dsc05807

この日、岩出山はお祭りだった。

Dsc05808

午前中は予約のみの表示があった。

Dsc05812

古い家を上手く使っていた。

Dsc05813

昼前だったが、「パンは予約だけですか?少しはありませんか?」と言ってみた。

Dsc05815

すると、オーブンから焼きたてのパンを持ってきてくれて、「3つだけ」とのことだった。嬉しい。

Dsc05816

私の後に来た人は「一つだけ」とのこと。

Dsc05814

パートナーに喜んでもらえた。最近、岩出山には、蕎麦屋、ピザ屋、カフェ、パン屋さんなど、いい店が増えている。街並みも古さを生かしている。有備館もいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早朝の栗駒山へ

11日(日)の朝、天気は曇り。今にも雨が降りそうだが、金成耕土から栗駒山がはっきりと見えた。

Dsc05770

ちょっとバイクで朝の散歩のつもりが、どんどん栗駒山に惹かれていった。

Img_7470

国道4号線を渡り、鳥矢崎を通り、岩ヶ崎方面へ。

Img_7472

行く前には、我が家の田圃の稲を見た。

Dsc05781

栗駒山へ向かう途中にある「行者滝」へ。

Dsc05789


Dsc05790

ハイムザールの手前で。コスモスの花が・・。

Img_7479


Img_7491

イワカガミダラへ。登山客が数人いた。

Img_7497


Img_7500


Img_7512


Img_7514

ここからの光景も好きだ。生憎の天候だが・・・。

Dsc05800

帰りは、岩手内陸地震で大きな被害を受けた「荒砥沢ダム」の方面へ。

Dsc05802

Dsc05803

文字を通って帰宅。朝の70km程の散歩。来月になると栗駒の紅葉は見事になる。楽しみである。今年も登ろうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

母の味

ふるさとには80歳を過ぎた母がいる。昔から料理好き。いつもたくさんの料理を作り置きしている。

Dsc05762

畑でとれたゴーヤのサラダ。ゴーヤの苦みが少なくなる。

Dsc05763

これまた畑でとれたズッキーニをちょっと漬けたもの。あっさりとして美味い。

Dsc05761

豆をふんだんに使ったサラダ。

Dsc05760

そして、モロヘイヤ。醤油を使わず、鰹節だけでも美味しい。

Dsc05759

牛肉を使った、山形風の芋煮。里芋も畑でとれたもの。

Dsc05758

ホヤに、しそをたっぷりと。これまた美味い。

Dsc05765

そして、秋の味覚のサンマ。

Dsc05768


Dsc05767

十四代の「鬼兜」が美味い。農作業後の至福の時。

良くやる母にいつも感謝。そして感動。子供や孫、ひ孫のために・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

侭 mama

昨年9月のくりはら万葉祭で、侭のパンに出会った。がっちりとしたパンでうまい。ワインによく合う。

Dsc05737

火木土の営業で、最近は人の行列が出来る。

Dsc05733

10日(土)の11時に行くと、こんな具合。

Dsc05734

自分のところに回ってくるまでパンは残っているだろうか?と心配になってくる。

Dsc05736

小生の後ろには二人。これしか残っていない。買うことに躊躇してしまう。後ろの人に悪いな・・・と。

Dsc05738

笑顔で応対してくれる。とっても気さく。何度も足を運びたくなる理由が分かる。

Dsc05729

この日は、侭の直ぐ近くにある「佐藤製材」に行くことが目的だった。

Dsc05730

温かく迎えてくれた佐藤さん。事務所には薪ストーブがあった。無垢の木を生かした古い家を見てから、岩ヶ崎で昼食。「金龍」のカツ丼が旨かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Kaffe tomte

9日の昼、仙台市民会館の近くにある「Kaffe tomte」に久しぶりに行った。開店して1年ちょっとになると言う。

Dsc05723

10日ほど前に、雨が降る中寄ったことがあった。その時は大雨で、臨時休業だった。可愛い妖精はいましたが・・・?

Dsc05724

昼で、お店は一杯。

Dsc05725

tomte ランチをお願いした。、鶏肉も茄子やキュウリの野菜も美味い。

Dsc05727

数多くの工夫があるのだ。そして玄米ご飯。とってもヘルシー

Dsc05728

パートナーが頼んだニンジンのケーキも美味い。午前中で仕事を切り上げてのランチ。ゆっくりと1時間過ごした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

黒磯を歩く

SHOZOでは、カフェ以外にもいろいろやっていることを教えてもらった。

Dsc05657

隣のお店に入っていた。白を基調とした服を造っているという。

Dsc05660

なかなか面白い店主だった。非常に気さくな方だった。

Dsc05661

そして隣はSHOZOの系列。こちらは、黙々と仕事をしているのか?相手にしてもらえなかった。

Dsc05664


Dsc05667

地元の野菜など、いろいろな品がたくさんあった。平日の昼過ぎだったので、まだ人は少ない。

Dsc05673_2


Dsc05677

こちらはSHOZOの家具。古いものを上手に活用していた。作業をする音がひっきりなしに聞こえる。

Dsc05673

Dsc05678

駅の近くまで歩くと、こんなカフェもあった。しかし、お休み。

Dsc05679

駅前の和菓子屋さんで「麩まんじゅう」

Dsc05683

お茶が美味い。

Dsc05693

駅向かいのパン屋さんに寄ってみた。

Dsc05692

数種類買った。パートナーは気に入っていた。

Dsc05696

電車の中で食べようということで、いろんなものをゲットした。

Dsc05698

2時過ぎに電車に乗った。郡山行。

Dsc05701

青春18切符。この切符の良さを実感できた旅だった。この切符を使うゆとりを持ちたい。

Dsc05703

仙台近くに来たときの西の空。混んできたが、朝ほどではない。

Dsc05704

夕方5時ごろ仙台駅に。

Dsc05705

PARCO2を眺めながらバスに乗る。約12時間ほどの旅が終わった。慌てずにゆっくりと時間を過ごす心地よさを感じた。確かに座席のシートは新幹線と比べると劣る。でも、それを超える魅力を感じた。

来年は、いやこの冬は、ちょっと長い旅をしてみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SHOZO 黒磯を歩く

黒磯駅からのんびりと歩く。

Dsc05613

古い建物が数多くある。歴史を感じる。

Dsc05614

何とも懐かしいロゴ。

Dsc05612

こんな和菓子屋さんもある。帰りに寄ってみることに。

Dsc05617


Dsc05620

SHOZO ここがカフェだと思った。しばらく立っていた。

Dsc05622

50m程西に歩くと、カフェがある。SHOZO。

Dsc05624

中にはいると、甘い香りと珈琲の香り。

Dsc05626

二階がカフェになっている。階段を登る。ちょっと急?

Dsc05627


Dsc05628


Dsc05633

Dsc05635

古いものを上手に使っている。

Dsc05636

一人旅の女性が多いように感じた。

Dsc05639

トースト。厚くてチーズがたっぷり。美味い。

Dsc05644

この時期だけのケーキ。名前を忘れてしまった。

Dsc05648

黒磯市内には、カフェやパン屋さんなどが結構ある。

Dsc05649


Dsc05655

ゆっくりと1時間ほど過ごした。那須のSHOZOとはまた違った雰囲気。

お店の方は、どちらのお店も丁寧で気持ちがいい。きちんとお客さんを大事にしている。リピーターが多い理由もよく分かる。

自分だけの空間を保てるような工夫もあった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まさに青春? 18切符

使い残した「青春18切符」

Dsc05580_2

早朝7時。仙台駅から黒磯に向かった。電車は混んでいる。こんなにお客さんが乗るとは・・・?参考書を広げる高校生が目立つ。

Dsc05583

白石を過ぎると一気に空いた。福島で2両を切り離す。

Dsc05584

車両のトイレも綺麗である。普通列車の充実ぶりに感動。

Dsc05590

郡山には9時半頃に着いた。ここでもさらに2両切り離し、2両だけとなった。

福島から郡山までは、強い雨模様。車窓からの眺めは、黄金色の稲。福島大学は、福島市から結構南にあるのだ。

Dsc05593

手際よくJRの職員が作業をする光景。

Dsc05596

先頭車両の運転手の計器板。ここからはワンマンとなる。ボタン操作でいろいろなことが出来るようになっているようだ。

Dsc05597


Dsc05598

郡山で20分程度の待ち時間。ホームから売店まで行っても余裕。

Dsc05601

戻るときのエスカレーターでは、職員が手摺りを丁寧に掃除していた。

Dsc05602


Dsc05604

これで黒磯まで約1時間ちょっと。普通電車に4時間ほど乗るのはなんと久しぶり。

Dsc05606

ゆっくりと車窓から風景を眺めながらの旅も悪くない。ゆとりがないと出来ないかもしれない。気持ちがゆったりとして来る自分に気付く。

Dsc05607

パートナーと二人で運動靴を履いての旅。時にはこういう旅も・・・。

Dsc05609

11時前、黒磯に着いた。新幹線が開通する前、仙台から東京まで「ひばり」で4時間、急行で6時間。中学の修学旅行では、上野まで急行で行ったような記憶がある。列車名は「くりこま」・・・?

Dsc05610

改札を過ぎると、夏の太陽が照りつけていた。目的地はただ一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに朝のショートツーリング

4日の朝、今にも泣き出しそうな天気だが、K1600GTLを起こした。8月の初めに岐阜まで行ったとき以降、眠っているので。

Img_7448

大和町の南川ダムまで散歩。初めのエンジン音はいつもと違っていた。流石に一月眠っていたから・・・?

Img_7446

早朝から釣りを楽しむ人がいた。

Img_7445

腰まで使っている姿を見るとちょっと怖い。

Img_7450

雨が落ちてきたので大平方面に向かった。

Dsc05557

7時前なので、道の駅は開いてなかった。

Img_7458

駐車場を見渡すとひまわりを見つけた。

Img_7453

ひまわりには、幾つかの思い出がある。よーく見ると・・・。

Img_7455


Img_7456

螺旋が見える。ここには面白い数列が隠れているという。フィボナッチ数列。

Img_7458_2


Dsc05562

8時前に戻り、朝食。夏やゴーヤジュースが美味い。野菜たっぷりの冷たいラタツーユもいい。

Dsc05564

そして、焙煎。左がマンデリン。そして、ペルー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Happy Birthday

先週は、週末も仕事が入っていた。朝から晩まで身動きがとれない。

Dsc05537

パートナーの誕生日に、満足にお祝いも出来ない。帰ると、すべてがパートナーの手作り。

Dsc05543

数年前にセラーにおいた、ワインをあけるのが私の唯一のプレゼントとなった。

Dsc05553

きりっと辛口美味い。今日の料理によく合う。

Dsc05540

ケーキも手作りだが、ちょっと崩れてしまった。この写真は残さないでといわれたが・・・。イチジクとキウイが甘くて美味い。

Dsc05542

味のタタキだが、いつもと違う。生姜とパセリが効いていて美味。

Dsc05541

鶏肉は油が落ちていて、こんがり焼けていてこれまた美味。二人で久しぶりにゆっくりと食べて飲んだ夜だった。

昨年は、外に食べに行ったのに・・・。

感謝、感謝の一言。

Dsc05556

最後はケーキに珈琲。お疲れ様でした。

ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ピザ工房「ルヴォワール」

Dsc05456

暑い夏、青根温泉で一風呂浴びて汗を流す。いい塩梅。

Dsc05457

ライダーも数人いる。

Dsc05461

森のピザ工房「ルヴォワール」。かつて学校だった。

Dsc05462


Dsc05463

一番人気のピザを頼んでみた。チーズがたっぷり。ちょっと柔らかすぎかな?

Dsc05465


Dsc05466

奥には展示室があった。

Dsc05467

小さな校庭が駐車場になっている。古いものを上手に活用しているカフェやピザ工房が多いような気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

亀岡文殊

高畠ワイナリーから車で15分ほどで亀岡文殊へ.

Dsc05454

ここから15分ほど歩くと文殊堂へ。

Img_7409


Dsc05455

見事な杉並木が迎えてくれる。

Img_7410

ゆるやかな坂を登る。

Img_7411

夏の終わりを感じさせるが、クロアゲハが遊ぶ。

Img_7419

知恵の文殊様を祀っているため、学校の関係者や受験生が参拝にいらっしゃることが多いという。

Img_7423

部活動が一段落する夏休み明け頃から、受験の合格を祈願するために、県内はもちろん、県外からも受験生やその家族が訪れるという。

Img_7422

文殊堂の前を綺麗な水が流れる。夏の光を浴びて。

Img_7417

Img_7424

芭蕉の句。

Img_7427

台風の後の高温。水の音が涼しさをくれる。

Img_7428


Img_7429

Img_7437

亀岡から蔵王エコーラインへ。ちょいとGOLFⅣの、ミッションがおかしい。以前からつなぎにぎくしゃく感があり、DとRの入れ替えにも、相当のタイムラグが出てきた。

Img_7444

Img_7435

上山から宮城方面へ。ちょいと温泉に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅い夏休み

8月最後の日、休みが取れた。

Dsc05409

15年を過ぎた、パートナー専用のGOLFⅣでドライブ。70000kmになろうとしている。

Dsc05413

遠刈田から113号線へ。七が宿へ近付くと・・・。

Dsc05414

蕎麦畑が広がる。白い花が咲く。

Dsc05415

サンルーフから顔を出す・・・。

Dsc05416

仙台は曇っていたが、高畠にはいると青空が広がる。前日の台風が嘘のような天気。

Dsc05418

9時過ぎ、高畠駅の近くにある「山喜」へ。パートナーを初めて案内。ここで少し、点数を上げておかないと・・・笑。

Dsc05422

藻塩チャーシュー。

Dsc05421_2

山塩チャーシュー。 塩味が違う。

Dsc05423

いつも笑顔で迎えてくれる奥様同様、ラーメンに美がある。

Dsc05427

まだ10時前。直ぐ近くの高畠ワイナリーへ。

Dsc05429

お客さんは誰もいない・・・?

Dsc05430

Dsc05431

Dsc05434

ワインが美しく並べられている。ある意味、芸術的。

Dsc05436

ショップに行く。パートナーは真剣に試飲・・・笑

Dsc05437

次から次へと。

Dsc05439

そして・・・。

Dsc05440

行き着いたところは、ここ。辛口ワイン。

Dsc05442

白と赤に、葡萄ジュースも。

Dsc05445

外に出てベンチに座り、マンゴーソフト。

Dsc05447

葡萄も熟している。

Dsc05449

そして高畠駅を見物。かつては糠の目駅・・・?

Dsc05451

駅に中に温泉があった。ワイナリーは久しぶり。随分とワインの数が増えている。魅力もある。洗練されてるような気もした。高畠の魅力が増す。

まほろばの街「高畠」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美味いカレー 遠州屋

台風の中、仕事の合間にちょっとパートナーと・・・。

Img_8709

16年になると言う。貝ヶ森の住宅街にある。

Img_8706

カレーの専門店。ご夫婦でやっている。

Img_8707

ジャズが流れる。7年ほど前は、職場が近くにあったので、随分と通った。カレーは大好き。

Img_8713

昼前から、台風による雨脚が強くなってきた。パートナーは初めてのお店。

Img_8711_2

パートナーは、ドライカレー。辛みがきいていて実に美味。950円。

Img_8710

小生は、野菜ゴロゴロカレー。これまた美味。これぞカレー。900円。

Img_8712

珈琲もいい。リーズナブルなカレーである。

Img_8708

それぞれ、持ち場に戻る。雨風が強くなる。

Img_8715

夕方、帰宅する頃には南の方から明るくなってきた。

Img_8716


Img_8717

夕食前には青空が広がった。異例の進路をとった台風。多くの被害を岩手や北海道にもたらした。

最近の地震や台風などの自然災害は、かなり甚大な被害をもたらす。人間の想像力を超えて。地球上に警告を発しているかのように。

改めて、歴史と文化を大切にしながら、これからの生活を考える必要があるのかも・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »