« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

秀峰 栗駒山

日曜日の早朝、故郷へ。

Dsc03420

古川付近から見える栗駒山。

Dsc03421

見慣れた景色だが、改めてみると美を感じる。

Dsc03422

気温は1度。結構寒い。

Dsc03423

Dsc03424

築館ICを降りて、金成方面へ。

Dsc03425

Dsc03427

農作業をして、夕方仙台に戻る。

Dsc03436

仙台東有料道路は、片側2車線化が進んで、渋滞が緩和されている。

流石に、苗箱に土を入れる作業、腰が痛い。約800枚をつくる。

次の作業は、来月初めの種まき。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワインセラー故障

夕方、ダッチオーブンを使って調理。

Dsc03406

ヒレ肉の塊をフライパンで焼き、真ん中において、ジャガイモやタマネギ、ニンジン、カボチャなどを入れる。

Dsc03411

20分ほど焼いて、20分ほどそのまま置くと、こんな具合に・・・。

Dsc03413

それをお皿に盛りつける。ワインがほしくなる。

Dsc03415

1999年に、仙台駅東口の「ブーション」から購入したワインセラー。

Dsc03416

エレクトラクスの無音、無振動のセラー。あけてみるとなんと空気が暖かい。

よく見ると、温度が24度に・・・。なんと。故障していた。70本ほどあったワインを取り出す。外の方が気温が低い。ひとまず冷蔵庫に入れて冷やした。

Dsc03409

整理をしているうちに、1995年のボルドーワインが見つかった。2006年の5月24日(結婚記念日)に吞む予定のワインだった。

Dsc03410

ちょっとのんでみた。美味い。熟成型のワインセラーのお陰かも・・・?

料理とよく合う。本当にまろやかで美味い。久しぶりのワイン。

さて、ワインセラーはどうしようか・・?東京にある「ドメテック」という会社に、以前お世話になった。大震災直後も、我が家に来てくれた会社の方が心配して電話をくれた。

直接、電話でもしてみようか・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新しい焙煎器 BGV-16

手網焙煎器の欠点は、香りが飛んで平坦な味になるという、そこで、香りが飛びにくい焙煎器を探してみた。

Dsc03392


Dsc03393

新潟でつくっているという BGV-16。蓋があり、ガラスからの焙煎の度合いが見える。

Dsc03401

左右に振るというよりも、軽く回した方がいい。

Dsc03403

回転させると、周囲にある突起にあたり、生豆が上手く転がる。

Dsc03404


Dsc03405

初めての使用で、こんなにむらなく出来る。香りは・・?まだはっきり分からない?

Dsc03394

以前からパンやケーキを作るのが大好きなパートナーは、最近、身体にいい、しっかりとしたパン作りに・・・・。

Dsc03396

そして、ビスコッティ。アーモンドやくるみがたっぷりと入っていて、珈琲に合う。休日の一コマ。

Dsc03391

最近見つけた本「触楽入門」。なかなか青白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S-PAL 東館

20日(日)に、仙台駅東口にあるヨドバシカメラに行った。

ワインセラーが故障したので代替器を求めて。

Dsc03368

ちょっと東口のS-PALを覗いてみた。18日(金)にオープンしたという。

Dsc03373

天井が高くガラス張りで、明るい。

Dsc03376


Dsc03377

朝10時過ぎなのに、人が一杯。

Dsc03378

杜のダイニングと名付けられたレストラン街には、お洒落なお店がある。

Dsc03379


Dsc03380

Dsc03383

東急ハンズも入っている。

Dsc03385_2

仙台の日常も写真で紹介されていた。

Dsc03384

七夕やぺージョントなど・・・。

Dsc03386

Dsc03387

新幹線の通路も出来て、東口からのアクセスもよくなったようだ。

Dsc03388

Dsc03389

JRの改札口。仙台もどんどん都会化してくる。ちょっと歩くと目wに入ってくるものが多すぎて疲れる。歳のせいだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

R100RSにて

仙台の気温も10度を越えるようになってきた。

Img_8737

秋保から川崎方面へ。2月の寒さではない。

Img_8738

白い花が咲いている。梅かも・・?

Img_8739

Img_8740

新芽も出てきて、春を感じさせる。

Img_8741

Img_8743

川崎から青根温泉方面へ。烏帽子スキー場がみえる。まだ、雪がある。

Img_8744

途中、Blue Coffeeに寄ってみたが、なんとクローズド。

Img_8746_2

道の左右には、梅や果物の花があり、希望を感じる。

Img_8750

菅生にある麦屋に寄ってみた。R100RSはますます快調。エンジンもミッションも暖まっていい音を奏でる。

Img_8751


Img_8752

ヘルシーなパンをゲット。窯で焼いてるようで、表面は結構硬いが香ばしい。

Img_8760

Img_8794

約2時間ほどのツーリング。走行距離は100km。ちょっとメーターを見ると、32223km。左右対称。

Img_8795

R100RSのようはアナログ時代のバイクは、操っている感があって、身体に馴染む。乗っている感がある。さて、暖かくなったら、また遠出しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙臺 権太

土曜の夜は、先輩と語らう会。年に数回ある。

Img_8715

河原町から地下鉄に。この標示は分かりづらい。東西線との乗換駅がまるで五橋かのような表示。仙台に詳しくない人が見たら、きっとそう思うに違いない。

Img_8716

勾当台駅で降りて、定禅寺通りを西へ。空が茜色に染まりつつある。

Img_8717

今日のお店。30年以上前から来ている。独身の頃から。女将さんも親方も笑顔がいい。木訥としてていいのだ。

Img_8718

カウンターで呑む。これがいいのだ。

Img_8721

今宵は尊敬する先輩と二人で呑む。

Img_8719

お通しは、いつも質が高く、親方の心がこもっている。色合いもバランスがいい。

Img_8722

余り知られていない「田林(でんりん)」すっきりとして旨い。県北の酒。

Img_8725

揚げ出し豆腐が美味い。これまた絶妙なバランス。

先輩と哲学を語り、夜も更ける。今宵は、久しぶりに定量を超えてしまった。明日がつらい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木の家

タカハシ建築工房の木の家を見学に。

Dsc03344

外壁は落ち着いたグリーン。平屋の家。

Dsc03345

中にはいると、床は檜、壁はパイン材。

Dsc03346

Dsc03347

震災で倒れた杉の木を使っている。

Dsc03348

そして、和紙や珪藻土。呼吸をしてる。

Dsc03349

何とも落ち着いた平屋の家。憧れる・・・。さて、人生2軒目の家を考えてみようか・・・?笑

いま、父が建てた42年前の家をリフォームするか、新築をするかを悩んでいる。愛着もある。さらには、カフェも・・・?夢だけを追っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昭和の香

週末、友人の誘いで、仙台市泉中央の某居酒屋へ。


鉄腕アトム。昭和の香がした。


看板も昭和の香。一気にアナログの世界に戻った。


なんか、良き時代を思い出す。この頃の世の中には、真の多様性があり、寛容さがあり、無理に変えようとしなくても良かった。


キャベツを味噌をつけながら口に入れ、ビールで流し込む。素朴な味をかみしめながら、変わらぬ光景を想像してみた。
前とどこが違うのですか?という質問に、同じですよと、答える勇気を持ちたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンデリン

マンデリンの生豆を、遠見塚のなか舎から購入した。

Dsc03350

最近は、自家焙煎に凝っているので、足を運ぶ機会が少ないが、店主と話すと珈琲のことが分かる。

Dsc03353

お店には、焙煎されたいろんな豆がある。

Dsc03351

Dsc03352

インドネシア マンデリン ビンタンリマを買ってみた。

Dsc03354

Dsc03355

家に戻って早速焙煎。130g程度を入れる。

Dsc03358

むらなく焙煎できるように弱火で水分を飛ばす。

Dsc03357

5分ほど経つと、狐色に染まっていく。

Dsc03360

10分経った。

Dsc03361

一番目のハゼが終わった15分ごろ。

Dsc03362

第2のハゼが終わった20分頃。いい色になった。

Dsc03363

ざるにあけて冷やす。なかなかうまくいった。今日、炒れてみると、コクがあり美味だった。もう少し深煎りでもいいかもしれない。

焙煎を初めて2年近くになるが、なかなか奥が深い。生豆には、柔らかい豆と硬い豆があり、それによって焙煎の状況を変える。マンデリンのように硬い豆の焙煎は、ちょっとコツがいる。

将来、カフェが開けるようにがんばるか・・・?笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふるさと納税

先月、4月から仕事で使うノートパソコンを検索していたら「ふるさと納税」で、ノートパソコンが返礼品として届くというページを見つけた。

それは、米沢市である。米沢は、NECがパソコンを作っている地である。

Dsc03338

昨日、ノートパソコンが届いた。米沢は、私の大好きな街でもあるので、先月寄付金を収めた。

Dsc03339

今朝、梱包を開いた。NECから直接送られてきたパソコン。ウィンドウズ10にオフィスが入っている。仕事で使うにはこれで十分である。

Dsc03343

このように「ふるさと返礼品」として届く。

16万ほどの寄付で届くのがこのパソコン。2008年から始まっているこの制度。賛否両論あるようだが、かつてお世話になった自治体に寄付ができるという趣旨であるならばとてもいいと思う。

ある意味、自己満足であるが、何かに役立てていただければと・・・。暖かくなったら、米沢に行く予定である。米沢牛やラーメンも美味いので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事 交友 愛

人生には3つのタスクがある。「仕事」「交友」「愛」と・・・。

Dsc03330

アドラーの教え。ベストセラーになっているこの2冊。心理学というよりも哲学・・・教育学・・・?

読んでみると、考え方が広がることが実感できる。人生において「仕事」「交友」「愛」が大切だという。

さらに、自立とは自己中心性から脱却だという。そう言われると、私はまだまだ自立していないことになる。

Dsc03333

この頃、我が家のパートナーはパン作りに凝っている。

Dsc03331

どっしりとしたパン。

Dsc03337

なかなか美味。これにワインがあれば・・・・。でも、最近飲んでない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと寛容であってほしい

比較的な暖かな休日。出掛けたいと思ったが留守番。

Dsc03327

早朝にストーブを焚いてボーとしながら本を読む。次第にその世界に吸い込まれていく。

Dsc03326

 朝日新聞の書評に載っていたので買ってみた「断片的なものの社会学」。これまでと違った本。人間の本来の姿を表現しているような・・・・。

 

あとがきにこうある。

 

いま、世界から、どんどん寛容さや多様性が失われています。私たちの社会も、ますます排他的に、狭量に、息苦しいものになっています。この社会は、失敗や、不幸や、人と違うことを許さない社会です。私たちは失敗することもできませんし、不幸でいることも許されません。いつも前向きに、自分一人の力で、誰にも頼らずに生きていくことを迫られています。

 

私たちは、無理強いされたわずかな選択肢から何かを選んだというだけで、自分でそれを選んだのだから自分で責任をとりなさい、と言われます。これはとてもしんどい社会だと思います。

 

 こういうときにたとえば、仲のよい友だちの存在は、とても助けになります。でもいまは、友だちをつくるのがとても難しくなりました。不思議なことに、この社会では、人を尊重するということと、ひとと距離を置くということが、一緒になっています。誰かほかのひとを大切にしようと思ったときに、私たちはまず何をするかというと、そっとしておく、ほっておく、距離を取る、ということをしてしまいます。

 

 このことは、とても奇妙なことです。人を理解することも、自分が理解されることもあきらめる、ということが、お互いを尊重することであるかのようにいわれているのです。

 

 でも、たしかに一方で、人を安易に理解しようとすることは、ひとのなかに土足で踏み込むようなことでもあります。

 

そもそも、私たちは、本来的にとても孤独な存在です。言葉にすると当たり前すぎるのですが、それでも私にとって小さいころからの大きな謎なのですが  私たちは、これだけ多くの人にかこまれて暮らしているのに、脳の中では誰もが一人きりなのです。 

 ひとつは、私たちは生まれつきとても孤独だということ。もうひとつは、だからこそもうすこし面と向かって話をしてもよいのではないか、ということ。こんなことをゆっくりと考えているうちに、この本ができました。

Dsc03324

読み終えて焙煎。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

目覚めたR100RS

2月末の先週、79年製のR100RSは、充電してもエンジンがかからなかった。

Dsc03304

日の当たるところに出して、エンジンオイルなどを温めながら、再度充電。朝から昼頃まで。

Dsc03305

エンジンがかかるまで大分愚図った。始め、ボクサーは不規則で、アイドリングで一定の回転数を保てず、止まってしまう。

しばらくすると、いつもの調子が戻り、滑らかなボクサーの鼓動が伝わってきた。

ちょいと仙台空港方面へ。

Dsc03306

大震災後に出来た、千年希望の丘。空港の海側にある。

Dsc03308

バイクを止めてもエンジンを止めずにいた。春に向けてのウオーミングアップ。

Dsc03309

既に37年が経過。まだまだ快調。最近のバイクにはない、アナログの世界がある。

Dsc03312

震災前の標識。

Dsc03313

その向こうには津波で倒れた火の見櫓?がある。

Dsc03314

仙台空港に寄ってみた。

Dsc03315_2

サイドスタンドは、ノーマルのまま。バイクを右に傾けると、スタンドは跳ね上がる。替えている方が多いと聞くが、そのままである。かけるときは要注意だが、発進するときの「カシャン」という音がいい。

Dsc03316

向こうは、仙台空港アクセス線の駅。

Dsc03317

閑散としている。

Dsc03320

頭上を鳩が行く。

Dsc03321

止まっていると、ボクサーの心地よいサウンドと振動を感じる。アナログの時計も健在。

Dsc03322

古いタンクに給油して、約40kmほどのプチツーリング。

R100rs1

この水彩画が気に入っている。描いた方から許可をいただいて掲載。その方のブログはこちら。

http://painterbook.seesaa.net/article/189902784.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

一人の休日

パートナーがビーズ教室に行ったり、出掛けたりすると、滅多にないことだが一人になるときがある。それは冬場に多い。バイクに乗れないからだ。

Dscn2219

一人で料理をすることは全く苦にならい。むしろ無心になれていい。ちょっと冷凍庫を眺めると、正月の餅があった。

まずは大根おろし。この大根おろし器は優れもの。

Dscn2221

たっぷりの大根おろしにネギを刻んだものを混ぜる。そして、油を落としたシーチキン。

Dscn2223

お餅を焼いて混ぜる。小さめに切る。

Dscn2224

ちょいとお醤油をかけて混ぜる。これは絶品。自分でつくっておいて・・・笑

Dsc03223

ちょっと食後に甘いものがほしくなって、知人にいただいた小牛田の薄皮まんじゅう。懐かしい。

Dsc03226

粒あんがぎっしりと詰まっている。幼い頃、東北本線で仙台から帰るとき、小牛田の駅で買ったものだ。

しばらく乗っていない東北線、小牛田の駅はどうなっているのだろうか・・・?

Dsc03227

濃いめの緑茶に合うのだ。至福の時・・・。

さて、愚図ってエンジンがかからないR100RSをそろそろ動かすことにするか・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

弥生3月

仙台にも春が近づいてきた。

Dsc02051

ふきのとうが大きくなってきた。味噌汁入れるといい香りがする。

Dsc02036

蛤やホッキ貝でつくったお雛様。

Dsc02035

可愛い。センス抜群。

Dsc03297

そして、定番のちらし寿司。パートナーのちらし寿司が美味。

Dsc03299

蛤のお吸い物に、キャベツなどの野菜がたっぷり入ったコロッケ。タマネギがたっぷり入ったタルタルソースで食べると美味しい。

Dsc02052

本格的な春が待ち遠しい。ふきのとうのことを「ばっけ」とも言う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福寿草

実家に行くと、へそ大根が待っていた。

Dsc03279

母親がつくるこの煮物は旨い。鶏肉も柔らかくていい。冷えた身体には最高。

Dsc03284

GTLを止めて、両親とお茶しようと思って「風と手と土」からゲットしてきたケーキを取り出す。

Dsc03285

なんと、花豆モンブランは転がっていた。泣

Dsc03280

堤防に行ってみた。福寿草が咲いていた。

Dsc03282

雪とのコラボ。春がそこまでやってきた。

Dsc03286

若柳でやっている音楽教室「カーザ・ムジカ」へ。小生の先輩がやっている。

昔話をしながら1時間半。先輩はこの春退職である。

Dsc03290

午後3時過ぎ、若柳・金成ICから高速へ入り仙台に向かう。

Dsc03291

気温が下がってきた。GTLの6気筒はよく回る。

Dsc03293

鶴巣SAで休憩。電話が鳴った。流石にバイクの姿はない。

Dsc03294

いつものスタンドで給油。今日の走行距離は180kmほど。2月の高速はまだまだ寒い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GTLで2月の高速を走る

仙台港近くの南海部品により、ちょっと用足し。

Dsc03258

凄く可愛い娘が丁寧に対応してくれた。嬉しい限り。

Dsc03259

仙台港ICから高速に入ろうと思って西進するとIC付近が大渋滞。事故があった。翌日の新聞報道によると、バイクとタンクローリーの事故のようだった。

北上して、仙台港北ICから入って、北に向かった。2月のこの寒い時期に北に向かうとは・・・?

Dsc03262

東北道にはいると路面が少し湿っていた。

Dsc03263

気温は6度。

Dsc03266

中央分離帯には雪が残っていた。あれ、雪とは・・・?仙台にはなかったのに。

グリップヒーターとシートヒーターが温い。

Dsc03271

我がふるさとの若柳・金成ICで降りた。寒い。田圃には雪。

Dsc03273

我が家の田圃も真っ白。

Dsc03275

この向こうに栗駒山が見えるが、今日は雲に覆われている。

Dsc03276


Dsc03277

雪とGTL。なかなか観ることの出来ない光景かも・・・?2ヶ月ぶりのGTL。小生の身体はGTLを覚えていた。

Dsc03278

向こうは若柳・金成IC。天気はいいが、まだまだ気温は低い。高速を走ると身体は冷える。

GTLの良さを感じながらひとまず、休憩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »