« 気のぬくもりが | トップページ | 暖かい炎と柔らかな音楽 »

安比高原へ  恒例行事

13日(土)の早朝、仲間と安比高原へ

Dsc03156

仙台も小雨模様。高速道を岩手へ北上するとやっぱり雨。

Dsc03158

今年の宿は、八幡平の「なかやま荘」。初めて泊まる。

Dsc03159

駐車場で降りると虹が出ていた。前森山方面も雨・・・?

Dsc03161

安比高原の駐車場に着くと、青空が見えた。気温も高い。

Dsc03165

朝の9時頃、ゲレンデに人が増えてきた。20年ほど前の混雑ではない。

Dsc03166

昨年5月にパートナーと泊まった安比グランド。グリーンシーズンはバイクで来てもいいところ。

Dsc03168

ゴンドラで一気に山頂へ。下界が見える。

Dsc03173

セカンド安比方面。

Dsc03174

絵になる場所がある。雪が少ない。

Dsc03177


Dsc03178

地元の人に寄れば例年の三分の一という。

Img_0460

これは、昨年2月の光景。

Img_0457

こんなシーンがあった。

Dsc03184

ゲレンデでも虹が。暖かくて雪が重い。

もう、既に汗だく。

Dsc03187

5時間券を購入したが、3時間でもう十分。春の雪である。

Dsc03186

遅い昼食は、黒胡麻担々麺。なかなかの味。食堂の混み具合もいつもと違う。

中国や韓国、台湾の人が多い。

Dsc03189

昼食後に山頂から一本滑って小生はお終い。身体中が痛い。4時には宿へ。その前に一寸寄り道。

|

« 気のぬくもりが | トップページ | 暖かい炎と柔らかな音楽 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安比高原へ  恒例行事:

« 気のぬくもりが | トップページ | 暖かい炎と柔らかな音楽 »