« 焙煎の違いは珈琲の違い | トップページ | 常磐道で首都圏へ »

丁寧な焙煎

リュミヌー珈琲で焙煎談義。若い店主は時間をかけて丁寧に焙煎しているという。

若い店主の真似をして焙煎をしてみた。

Dscn2166

始めの2分ぐらい、ちょっと強火で振ってみた。

Dscn2167

一旦ざるにあけた。

Dscn2168

別のざるにあけて、向けた皮を除いた。

Dscn2170

10分ぐらいして爆ぜる前に火を止めて2分ぐらい休ませてみた。

Dscn2171


Dscn2173

いつもよりも浅めのシティロースト。違う香りがある。

Dsc02968

冷やして炒れてみた。香りがいい。

Dsc02968_2

約30分以上かけて焙煎してみた。丁寧な焙煎。やっぱり何でも丁寧にやると素材の良さをじっくりと味わえる。

ちょっと成長した気がする。

|

« 焙煎の違いは珈琲の違い | トップページ | 常磐道で首都圏へ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丁寧な焙煎:

« 焙煎の違いは珈琲の違い | トップページ | 常磐道で首都圏へ »