« 薬師堂駅 東西線 | トップページ | 混む前に「風と手と土」へ »

地下鉄東西線&ページェント

11日(金)の夕方、近くのバス停から地下鉄東西線の薬師堂駅までバスに乗ってみた。師走の雨の中。

Img_8096

乗ること約20分。薬師堂駅へ。長いエスカレーターを降りる。人はまばら。

Img_8098

東西線よりも一回り小さく、天井も低い。

Img_8097

仙台一高前と記した方が地理的に分かりやすいはずなのに、連坊駅。アナウンスでは、仙台一高前という。何にこだわったのか?

Img_8099

ちょっと多くの人が乗っていた。都心に来たような雰囲気があった。

Img_8100

仙台駅で降りて、南北線に乗り換える。アクセスはどうか?

東西線を降りてちょっと通路を歩く。そして、長いエスカレーターに乗る。

Img_8101

人は決して多くはない。

Img_8102

エスカレーターを降りて、直ぐに右の下りのエスカレーターへ。下には南北線の乗客の列がある。

Img_8103

南北線に乗ると、一回り大きいのでゆったり感があった。南北線の方が混んでいた。

Img_8104

勾当台駅で降りる。ここまで200円。バスと合わせると300円。東西線が開通する前までは、この周辺までバス1本で240円だった。日本一高いといわれる仙台の地下鉄。この料金とアクセスでいいのか?所要時間も以前と変わらない。しかも二度の乗り換え。高齢者には辛い。

一考を要する。市民の足は遠のくに違いない。マイカーの利用が増えるのでは?

Img_8105

駅を降りて定禅寺通りへ。6日から始まった光のページェント。

Img_8106

雨で、光が反射していつもよりも綺麗なように思えた。

Img_8107


Img_8108

Img_8109

これを見る度に。ケヤキの悲鳴が聞こえてきそうだ。

Img_8110

もう30年になるページェント。

Img_8112

今日のお店は、「みょうがや」。久しぶりの街。この頃、外で飲む機会は少ない。忙しいので、休肝日も多い。

Img_8113

セリと牛タンと湯葉。柔らかくて美味。

Img_8114

サンマの燻製や鮭や仙台牛。これで白いご飯が食べたくなった。

Img_8115

仙台牛、ウニを魚でサンドイッチ。絶妙。

Img_8117

久しぶりの二次会。ページェントが見える4階のお店へ。初めてのお店。

Img_8118

バーボン?のハイボール。

帰りは地下鉄南北線で河原町へ。河原町までと薬師堂駅までの距離は殆ど同じなので、東西線に乗り換える気は起こらない。

帰るとあどけない顔が待っていた。

|

« 薬師堂駅 東西線 | トップページ | 混む前に「風と手と土」へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄東西線&ページェント:

« 薬師堂駅 東西線 | トップページ | 混む前に「風と手と土」へ »