« R100RS車検 | トップページ | 陳ヶ森窯へ  R100RSにて »

風の沢ミュージアム R100RSにて

9月27日(日)の朝、前日に車検完了で戻ってきたR100RSにてスタート。

Dsc01639

利府の支倉常長の像。確か、この辺に墓があったような・・・?

Dsc01642

陸羽東線の北浦駅近くの踏切に、ドラえもんを描いた車がある。ここまで30kmほど。RSは、だいたい1時間ぐらい走ると調子が出てくる。そういうバイクなのだ。

Dsc01646

ボクサーツインの鼓動も安定する。クラッチミートも柔らかくなる。

ちょっとバイクを止めていると、一人のライダーが止まった。道に迷っているのですか?と声を掛けてくれた。きっと、地元のライダーだろう。有り難いお言葉。

Dsc01648

一迫方面へ。久しぶりに風の沢ミュージアムに立ち寄ってみた。一年ぶり。

Dsc01649

RSは快調である。跨っていると、何とも言えない安心感がある。この頃のボクサーツインは本当に低重心。サイズもいい。アナログの世界が甦る。

路面の状況もダイレクトに伝えてくれる。細いタイヤが微妙な路面の変化を伝えてくれる。接地圧も高く、安定感がある。

Dsc01651

茅葺き屋根の補修も終わっていた。

Dsc01652

みて・ふれ・かん の展示。

Dsc01653

いろんな方の作品がある。

Dsc01655

初秋のミュージアムを歩く。

Dsc01661

所々に秋の気配。

Dsc01656

ミュージアムの北側に行ってみた。次週の万葉祭の準備を進めていた。ブルーシートで覆われていた。楽しみ。

Dsc01659

土でつくられている。

Dsc01662

ちょっと挨拶をしてミュージアムを後にした。RSのボクサーツインは、小気味よく回る。前日失速の原因となったリヤブレーキの調子もいい。

こうやって乗っていると、RSのサイズがとてもいいと感じる。OHVボクサーツインの良さも感じる。狭いハンドル、やや前傾の姿勢にスポーツを感じる。さて、次はどこへ・・・?

|

« R100RS車検 | トップページ | 陳ヶ森窯へ  R100RSにて »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/62417159

この記事へのトラックバック一覧です: 風の沢ミュージアム R100RSにて:

« R100RS車検 | トップページ | 陳ヶ森窯へ  R100RSにて »