« 蒲生の日の出 | トップページ | 釜房から寒河江へ K1600GTLにて »

「風と手と土」の朝

Dsc02121

Dsc02116

日本で一番低い山だった「日和山」・・・?今は看板のみ。
Dsc02120

蒲生での日の出を見て、中野から岡田方面へ。

大震災では、仙台新港、蒲生海岸から岡田、荒浜、閖上、仙台空港・・・と海岸沿いは津波で大きな被害を受けた。

岡田に、この春にオープンした「風と手と土」の前を通った。

Dsc02129

この岡田地区も津波で襲われた。店主の奥さんは、この地で生まれこの地で育った。

Dsc02122

車の窓を開けると、珈琲の香り。焙煎している気配を感じた。

Dsc02128

左にある小さな焙煎小屋を覗いてみることにした。

Dsc02126

店主のTさんがやってた。

Dsc02123

6時を過ぎたばかり。むらなく綺麗に焙煎していた。オリジナルの焙煎小屋と焙煎道具。

Dsc02127

オリジナルの扇風機で一気に冷やす。珈琲談義をしながら一時を過ごす。オープンのじゃまをしてはいけないので、早々に退散。今日も美味しい料理と珈琲を提供してくれるだろう。

また行きます。

|

« 蒲生の日の出 | トップページ | 釜房から寒河江へ K1600GTLにて »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

☆binkenさんへ
穏やかな朝の風情がとても心地よく伝わってきました!
こんな風な余裕が良いですね~
写真もとてもきれいです。

投稿: LYNX☆ | 2015年10月27日 (火) 19時15分

☆LYNXさんへ
ありがとうございます。朝の静寂がたまらなく好きなんです。

投稿: binken | 2015年10月27日 (火) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/62560375

この記事へのトラックバック一覧です: 「風と手と土」の朝:

« 蒲生の日の出 | トップページ | 釜房から寒河江へ K1600GTLにて »