« 銀山温泉 | トップページ | 鳴子峡から煉瓦場へ »

日本で最も美しい村  大蔵村

月刊誌「りらく」に紹介されていた、日本で最も美しい村「大蔵村」に行ってみた。

Dsc01511

国道347号線から大石田へ。最上川沿いを走る県道30号線を北上する。

Dsc01514

Dsc01516

Dsc01518

458号線に入る。

Dsc01519

いよいよ大蔵村。

Dsc01530

Dsc01531

日本の原風景が広がる。

Dsc01533

Img_3888

ちょっと高い位置から見ると、自然の素晴らしさを実感。

Dsc01539

棚田が広がる四ヶ村周辺へ。

Dsc01543

狭い道をGTLを進める。

Dsc01544

こういうところは、GSが似合いそうだ。

Img_3901

Uターンできるかどうか心配しながらハンドルを握っていたが、途中、広いところがあった。ここから歩いて見る。

Dsc01554

広がる棚田。

Dsc01556

能登の棚田を思い出す。

Img_3896

Img_3904

きっと水が綺麗なので、美味い米がとれるだろう。

Img_3914

Img_3921

肘折温泉の方に向かう。蕎麦畑が広がる。

Dsc01563

やまなみもいい。

Img_3918


Dsc01571

色づき始めているが紅葉にはまだ早い。

Dsc01572

肘折温泉には、螺旋状の道を降りる。

Img_3928

この螺旋状の道には確か名前があった。

Dsc01580

細い温泉街の道にバイクを止めて歩いた。

Dsc01577

足湯がある。

Dsc01578

Dsc01583

Img_3929

小さな温泉街だが、趣がある。一度泊まってみたい。昔の良さが残る温泉のようだ。

銀山温泉、肘折温泉と、山形にはこじんまりとした落ち着いた温泉が多いような気がする。白布温泉、小野川温泉など・・・。

大蔵村には美しいシーンがたくさんある。四季折々の風景を楽しめそうだ。

|

« 銀山温泉 | トップページ | 鳴子峡から煉瓦場へ »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/62390931

この記事へのトラックバック一覧です: 日本で最も美しい村  大蔵村:

« 銀山温泉 | トップページ | 鳴子峡から煉瓦場へ »