« 中野橋から金丸大橋 113号線 | トップページ | 関川から妙高へ  »

渡邉邸 重要文化財

10時過ぎに、関川村の渡邉邸に到着。

Dsc01142

バイクできて、見学を終えた方から、工事のために見ることが出来なかったのですと・・・。

バイクを止めて入ってみた。

Dsc01156

驚くほどの広さ。凄い。

Dsc01157

190年ほど前の建物だという。広さは500坪。

Dsc01147

靴を脱ぎ上がってみる。見学者が増えていく。

Dsc01159

Dsc01162

奥に庭園が見える。国指定の名勝。

Dsc01163

Img_3728

Dsc01181

歴史を感じさせる素晴らしさ。

Dsc01173

二階に上がってみる。

Dsc01174

Img_3725

再び下に降りる。

Img_3733

井戸から水をくみ上げる。懐かしい。

Dsc01153

外には蔵がある。国指定の重要文化財。

Dsc01155

蔵の方から母屋を眺める。

Dsc01176


Img_3734

入って右側の和室には、見事な佇まいがあった。

Dsc01187


じっくりと見学した後、外に出て、西側に歩いてみた。

Img_3723

堀と柳のせせらぎ通り。

Dsc01201

古い建物と古い字が並ぶ。

Dsc01200

地元の肉屋さん。

Dsc01196

6時前にスタートして、道の駅「おぐに」で玉コンを食べたきりだった。ちょっと早めのランチ。豚肉ロース定食。1400円。ボリュームたっぷり。昼の宴会があり、待つこと20分ほど。この時、やたらとメールと電話が入り予定変更。

Img_3735

渡邉家、全盛期は1千ヘクタールの山林経営と700ヘクタールの水田から約10,000俵の小作米を収穫したという。

母屋は、1817年に再建されたという。

屋根の殆どは、石置木羽葺屋根とよばれ、木羽20万枚と石が15,000個使われているという。

土蔵は、米蔵、味噌蔵、金蔵、宝蔵など12の蔵があったという。

3、000坪の敷地と500坪の母屋。見る価値は十分にある。再度訪れてみたい。

米沢街道の宿場における豪農の家。

|

« 中野橋から金丸大橋 113号線 | トップページ | 関川から妙高へ  »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

☆binkenさんへ
不覚というかこの建物の存在知りませんでした(-_-;)
今度行ってみなければ!
場所がいまいちわかりません(笑)

投稿: LYNX☆ | 2015年9月25日 (金) 08時34分

☆LYNX☆さんへ
 場所は、113号線、道の駅「関川」の南側、関川村役場の近くです。
 113号線に大きな看板があり、わかりやすいです。

投稿: binken | 2015年9月26日 (土) 08時05分

☆binkenさんへ
ありがとうございます!
地図で確認しました・・近々行ってみます。

投稿: LYNX☆ | 2015年9月27日 (日) 07時50分

改築が終了したのですね!長いことかかりましたが、流石素晴らしいさが伝わりますね!

投稿: t-higasikouji | 2015年9月27日 (日) 09時36分

☆higasikoujiさん
 また、ゆっくりと行ってみたいと思っています。昔の人々の知恵とか技を感じます。

投稿: binken | 2015年9月27日 (日) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/62345358

この記事へのトラックバック一覧です: 渡邉邸 重要文化財:

« 中野橋から金丸大橋 113号線 | トップページ | 関川から妙高へ  »