« 葡瑠満  弘前 | トップページ | Musica »

三内丸山遺跡

青森での用事を済ませた8月30日(日)の午後、三内丸山遺跡に寄った。

Dsc00941

外国人観光客が多かった。

Dsc00942

総合案内所の前にある縄文土器の模型。

Dsc00947

大型の住居が眼に入った。平成4年から本格的な発掘調査が行われているという。

Dsc00949

竪穴式の住居が並ぶ。4000年から5000年ぐらい前の縄文時代の集落があったという。

Dsc00952

竪穴住居跡、墓、盛土、掘立柱建物跡、貯蔵穴、粘土採掘坑、捨て場、道路跡などが見つかり、集落全体の様子や当時の自然環境などが具体的に分かったという。

Dsc00953

縄文時代の知恵と技を感じる。

Dsc00957

Dsc00958

こんな太い柱が使われていたという。

Dsc00959

大型竪穴式住居の中である。涼しさを感じた。

Dsc00962

実際に柱があった場所は、このように大切に保存されている。

Dsc00964

左側の白いドームのようなところが跡が保存されているところ。

Dsc00968

Dsc00974

縄文時遊館にある「まるやまミュージアム」に入ってみた。

Dsc00975

Dsc00977

Dsc00976

土器などが展示されている。

Dsc00980

海と森に支えられた豊かな文化があった。

Dsc00982

Dsc00985

ムラの外には新しい世界が広がっている。未来に向かって歩きだそう・・・印象に残るスポット。

Dsc00986

遺跡は、先祖の生きた証そのもの、生活の知恵や工夫など、大事なものが埋まっています・・・。と続く。

Dsc00988

時遊館の入口で生産者の方がリンゴを販売していた。未希ライフという品種のリンゴを山ガールがゲット。リンゴは大好き。適度な酸味の中に甘みがあった。美味い。

Dsc00991

三時過ぎ。青森ICから東北道に入る。走る車は少ない。僅か二日間の弘前・青森の滞在だったが、岩木山に登り、白神を歩き、弘前の夜を楽しみ、青森市街へ。いい出会いがあり、いい時を過ごせた。

Dsc00992

夕方、若柳金成ICでおりて、両親の顔を見て、築館ICから再び高速へ。築館までの走行距離はちょうど780km。AVGは15.7km/l。

Dsc00993

仙台まで走れそうだったが、給油した。燃費は、なんとちょうど15km/l。

今回はクールズコントロールを積極的に使って、100km/hをキープした。オデッセイ・アブソルートもよく走った。仙台青森を満タンで往復できる。

今度はいつ行けるだろうか?青森方面へ・・・。

|

« 葡瑠満  弘前 | トップページ | Musica »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

津軽に来ていたんですね。
石場旅館は気になっていました。
白神はこの秋に行く予定です。
参考になりました。
それにしても仲が良いですね。

投稿: 連坊 | 2015年9月 8日 (火) 20時59分

☆蓮坊さんへ
久しぶりのコメントありがとうございます。津軽は、自然も豊かで、人情もあり、いいですね。
また、行きたいと思っています。
山ガールとは、価値観も違うのですが、一緒にいても、空気のような存在で、気にならないですね。笑

投稿: binken | 2015年9月 9日 (水) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三内丸山遺跡:

« 葡瑠満  弘前 | トップページ | Musica »