« 大石田の蕎麦 | トップページ | 朝の散歩?  GTLにて »

R100RS&オデッセイの整備

休みを利用して、オデッセイ・アブソルートとRSの整備。

オデッセイ・アブソルートのタイヤも大分傷んできたので、替えることに。新品で買うと10数万。経費を節約するために中古のレグノを探した。

Dscn1127

六丁の目にあるガレージ。

Dscn1128

3年前のタイヤだが、山は大分残っている。取り替え工賃を含めて57,000円。

乗ってみると、レグノの静粛性と乗り心地が伝わる。なかなか快適。数日後400kmほど走ったが、快適である。

そして、RSの整備。輸入屋ビーマーさんから送ってもらった「半減クラッチの交換」

Dscn1018

後日オイルフィルターの交換。

Dscn1146

説明書に従って作業開始。

Dscn1133

クラッチレバーを外す。

Dscn1160

外す前に下を見ると、ナットが一つ落ちていた。この写真では、付いている状態である。やっぱり、車やバイクは自分で整備すると、いろいろなことが分かるし、調子が分かる。

Dscn1130

古いクラッチワイヤーを外す。外す前に、どの位置を通っているかを確認しておいた方がいい。一気に外すよりも、新しいものを入れながら外すといい。

Dscn1132

レバーから外し、新しいものを入れながら通していく。

Dscn1135

エンジン右下にワイヤーを通す。ここまでは容易。この後、ワイヤーをチェーンのついた部品に入れるのにちょっと時間がかかったが、やっと収まった。

Dscn1159

最終的にはこんな状態に。取付後、試運転。クラッチのつながりがスムースになると同時に、軽くなった。これまでレバーを握るとき相当な力を要したが、軽い。長距離でも疲れないだろう。快適である。

こんなにいいものがあるなんて。次回はオイル並びにフィルター交換。

|

« 大石田の蕎麦 | トップページ | 朝の散歩?  GTLにて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

☆binkenさんへ
毎日ブログ拝見していました・・・
RSの時代のバイクですと、なんとか自分でメンテ出来るので楽しいですね。
私もどこまで分解できるかやってみた事が有るのですが、RSの素晴らしい所は素人の私でも完全に元に戻す事が出来る位シンプルかつ頑丈に出来ています。
大雑把に見えるけどそうではない事に気が付いた事が有りました。
国産のバイクは精密機械的な作りで完全に元に戻すことが難しいですね~
旅を楽しみ食を楽しみ、家に居てはこうして玩具と戯れるbinkenさんの生き方は素晴らしい。

投稿: LYNX☆ | 2015年8月15日 (土) 07時56分

☆LYNX☆さんへ
 コメントありがとうございます。RSは本当にそうですね。後でブログに掲載しますが、オイル並びにオイルフィルターも交換しました。
 職業を間違えてしまったかな?と思うほど、整備は大好きです。時間があれば、いろいろとやってみたいと思っています。
 旅をして、食べて、バイクに跨っていればそれで幸せですね。単純ですね。

投稿: binken | 2015年8月15日 (土) 08時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: R100RS&オデッセイの整備:

« 大石田の蕎麦 | トップページ | 朝の散歩?  GTLにて »