« 福籠は不苦労   月山ギャラリーにて | トップページ | 大石田の蕎麦 »

涼しさやほの三か月の羽黒山

Dsc00387

羽黒山に登ると芭蕉の句がある。文献によると、「日の落ちた羽黒山に佇み、西の空を眺めれば、遙かな山のあたりに三日月が出ている。立ちこめる山気の中に見る月は、神々しくさえ感じられる」とある。

Dsc00313

庄内平野を左手に見ながら、羽黒山に向かう。

Dsc00314

まずは五重塔を目指して歩く。

Dsc00317

天然記念物となっている杉並木を歩く。

Dsc00318

最初はちょっと下り。

Img_3199

日曜日、結構な人が歩く。皆さん大粒の汗をかきながら。

Img_3201

涼しさを呼ぶ、水の流れがある。

Img_3202

そして・・・。

Img_3206

見えてきたものは・・・。

Img_3205

五重塔。こんな山奥に・・・?

Img_3211

階段を上り続ける。

Img_3214

すれ違う。信仰心を感ずる。

Img_3215

左右を見ると、陰と陽がある。

Img_3220

さらに続く。

Img_3224

Img_3222

涼しい山の空気が頬をなでる。

Img_3231

Dsc00360

最後の階段。水で清める。

Dsc00365

お参りをして、御朱印帳を。

Dsc00373


Img_3235

大きな鐘がある。

Img_3242

色鮮やかな風車が回る。

Img_3240

Img_3244

徳川家康没後400年にあたり、さらに奥で参拝。

Dsc00388

良く撮影する場所。ここまで、車で来ることも出来る。歩くと約1時間半。

Img_3246

芭蕉の句を眺め、下る。

Img_3252

Img_3249

庄内平野を眺めながら休憩。

Dsc00400

帰りの五重塔。

Img_3253

Dsc00396

杉並木を歩く羽黒山。また、ゆっくりと来たいと思った。今年は、湯殿山、羽黒山と歩いた。月山に登る機会を持てるだろうか?。

|

« 福籠は不苦労   月山ギャラリーにて | トップページ | 大石田の蕎麦 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼しさやほの三か月の羽黒山:

« 福籠は不苦労   月山ギャラリーにて | トップページ | 大石田の蕎麦 »