« 風と手と土と | トップページ | 遠野へ K1600GTLタンデムにて »

アンジェラと焙煎

9日(木)の朝は、前夜のちょっとした雨で濡れていた。

Img_2759

秋まで咲き続けるアンジェラ。

Img_2763

何とも言えないピンク色。

Img_2755

紫陽花も雨に濡れて・・・。

Img_2757

庭の紫陽花、今年はとてもいい状態。

Dsc00624

昨年秋に購入した生豆がすべて切れたしまったので、今回はブラジルを5kg購入。7000円余り。

Dsc00618

いつも20分ほどで仕上げている。約7分ほど経つときつね色になる。

Dsc00619

10分経つと栗色に近い。

Dsc00621

そして約20分。ムラが少ない。成功成功。

Dsc00623

ざるに空けて冷やす。いい香りがする。最初の10分は出来るだけ弱火で振る。するとムラが出来ない。後半は中火で焙煎の強さを調節する。ここが面白い。浅い焙煎は酸味が強い。小生は、深煎りが好きである。

今回の生豆はブラジル。シティローストがいいという。

数日おいて飲んでみると美味さが分かる。珈琲も奥が深い。

|

« 風と手と土と | トップページ | 遠野へ K1600GTLタンデムにて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンジェラと焙煎:

« 風と手と土と | トップページ | 遠野へ K1600GTLタンデムにて »