« 湯殿山へ | トップページ | やってきたK1600GTL »

さらばRT

13年間乗り続けたR1150RTに別れを告げた。2002年の冬、我が家に来たRT。当時、こんな記録があった。

Img_0773

ついに届いたBMW R1150RT(03モデル)。購入価格198万(オプションは,グリップヒーター,トップケース,シリンダープロテクション,タンクバック,クロムパーツシリンダーヘッドカバー,コンフォートシート,そして4EVOヘルメット)である。(後に,二入分のBMWのウエア ストリートガードを追加 28万円ほど)最高の贅沢をしてしまった。

 下の娘と二人でモトライブO2に行った。今にも,雨が落ちてきそうな天気だったので,一回りして家に戻った。  

 翌日,息子を乗せて小一時間ほど走った。まだまだ慣れていない,しかも,FJよりも重いので,緊張感がいつもある。足つきもFJよりはよくはない。しかし,走り出すと何ともいえない心地よさがある。ボクサーエンジンと安心感のあるブレーキは,RTの魅力でもある。時速100㎞は,100㎞に感じない。車と同様,ドイツ車の凄いところだ。

Img_3894

一昨年の秋、蔵王にて。

Img_5081


5月、安比にて。

Img_0782

金沢、能登、新潟、佐渡など、タンデムで出掛けた。高速道路のタンデム走行をずいぶん前から望んでいた時代があった。

Dscn2920

走った距離はやく40,000km。

Dsc09205

パワー不足を感じるときがあったが、ボクサーツインが快適だった。

Dsc09202

6月6日、モトライブO2へ行く前にタンデムでラストラン。

これが最後の写真である。

Dscn2071

仲間とも出かけた。低速トルクが薄くてちょっととまどったが、アクセルと半クラッチ、後輪ブレーキを使えば、Uターンは容易だった。

Img_3768

そんなRTと別れることにした。何となく淋しいが・・・。

|

« 湯殿山へ | トップページ | やってきたK1600GTL »

BMW R1150RT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらばRT:

« 湯殿山へ | トップページ | やってきたK1600GTL »