« 千厩から厳美へ K1600GTLにて | トップページ | 川渡から岩出山へ  K1600GTLにて »

厳美から川渡へ K1600GTLにて

国道342号線を須川方面へ走らせる。適度なカーブが続く気持ちのいい道。

空を見上げながら走ると雲が厚いことに気付く。国道から県道49号線に入ることにした。この道もひじょうに気持ちがいい。

Dsc00127

ちょっと路面は濡れている。GTLのクラッチミートはひじょうにスムース。小生は左手の人差し指と中指の二本でクラッチレバーを握る。1速でスタートするときだけ特に気を遣う。

 変速ショックすくなくするために、レバーをちょっと握り、アクセルを戻した瞬間にギヤを変える。すると、殆どショックはない。タンデムで走ることが多いので、出来るだけそうしている。

Dsc00128

気持ちよく走ると、栗駒ダムの方に出る。ここは49号線最後の橋である。

Dsc00129

ダムの水は、緑が濃い。途中、草刈りをしている作業員の方が多かった。

Dsc00132

42号線に出て東へ。そして藍染めで有名な文字方面へ抜けて、細倉マインパークで一休み。人は少ない。朝に炒れてきた珈琲を飲む。

Dsc00133

雨雲と闘いながら、一迫界隈を彷徨い、たどり着いたのが川渡の蕎壽庵。7年ほど前からやっているという。

彷徨いながらUターンを何度か行う。RTよりもホイールベースが長いのでちょっと大回りになるが、想像以上にスムース。アクセルを開け気味にして半クラッチで行う。GTLが安定するようにリヤブレーキを軽く踏む。RTの時よりもエンストの心配はない。納車の翌日、タンデムでのUターンも行ったが、思ったよりも容易。

Dsc00148

傾いていてしかも砂利を敷いた駐車場での取り回しは気を遣う。出るときのことを考えながら止めないとGTLはちょっと大変。

Dsc00135

昼過ぎであったが、席はいっぱい。

Dsc00136

寒ざらしのもりそばをお願いした。

Dsc00141

手打ち麺は適度な腰があって美味い。たれもあまくなくいい。

Dsc00139

後ろを振り向くと、トランク型の面白いCDデッキ。

Dsc00143

食べ終えて外をぼんやりと眺める。「あしたいいひになれ」が目に入る。ホントだ。

Dsc00146

靴を履いて外を歩く。自然の中の蕎麦屋さん。

Dsc00134

さて、蕎麦屋さんの前を通る267号線から宮崎方面へ向かう。どう走るかは雨雲との相談。この道は狭い。GTLのハンドリングは軽やか。ちょっと傾けると直ぐに曲がっていく。オーバーステア気味になることが多い。アクセルワークとの兼ね合いだが。リヤーブレーキを使いながら、コーナーの中盤から後半は、アクセルを開け気味にすると、GTLは気持ちよく立ち上がってくれる。ここでも、ビックトルクを感じる。

|

« 千厩から厳美へ K1600GTLにて | トップページ | 川渡から岩出山へ  K1600GTLにて »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

☆binkenさんへ
あの蕎麦屋、見つけましたね!
なかなか美味しい蕎麦を出しますね・・・
静かで落ち着く場所なので時々行ってます。
そこから宮崎方面のルートもよく利用しています・・・

投稿: LYNX☆ | 2015年6月21日 (日) 08時29分

☆LYNXさんへ
はい、見つけました。風車さんにもご紹介いただきました。美味しい蕎麦を出してくれます。
何処かを回った後にでも寄ると、丁度昼時になりそうです。

投稿: binken | 2015年6月21日 (日) 09時06分

トランク型CDプレーヤー
欲しくて時々検索はしているのですが、なかなか
http://www.amazon.co.jp/KOHKA-AS-T03-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E5%9E%8BCD%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%BC/dp/B000BNUTNY

投稿: 風写 | 2015年6月21日 (日) 19時48分

☆風写さんへ
いい感じですね。私も欲しくなりました。いまは、扱ってないのですね。

投稿: binken | 2015年6月21日 (日) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/61772281

この記事へのトラックバック一覧です: 厳美から川渡へ K1600GTLにて:

« 千厩から厳美へ K1600GTLにて | トップページ | 川渡から岩出山へ  K1600GTLにて »