« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

煉瓦場 R1150RTタンデムで

昭和の日の午後、タンデムでスタート。時間短縮のために、仙台東ICから高速に。古川で降りて岩出山方面へ。

Dsc07963

Dsc07927

行ってみたかった煉瓦場。ピザ&cafe。

Dsc07929

Dsc07930

中に入るとたくさんのオブジェ。

Dsc07932

大好きな薪ストーブもある。

Dsc07933

予約しておいた。とても、暖かく優しく迎えていただいた。

Dsc07936


Dsc07938

昔のながもちもある。

Dsc07939

座布団は昔の帯を使っているようだ。

Dsc07942

最初に黒酢と蜂蜜のジュース。

Dsc07943

そしてサラダ。

Dsc07944

納豆とキムチのピザ。

Dsc07945

「気まぐれ」というピザ。どちらもちょっと香ばしくて美味い。自然の味である。

Dsc07950

ずんだのプリン。

Dsc07951

嬉しいことにたっぷりの珈琲。

Dsc07956


Dsc07962

食後、庭を一回り。とってもいい雰囲気のお店。

Dsc07961

パートナーも大満足。この後どこに行こうかと・・・?

2002年式のR1150RTも元気。タンデムにはちょっとパワー不足を感じるが、まあ、これでいいかと自分に言い聞かせるが、パートナーをいかに説得するかも時々考える。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

VTRと一緒にちょっとお散歩 

愚息が中古のVTRを。

Dsc07895

なかなか綺麗なバイク。グリップヒーター、ETC、そしてマフラーも。

Dsc07896

Dsc07909

ちょっと多賀城方面まで出掛けた。

Dsc07907

多賀城のプチトリアノンで珈琲タイム。

Dsc07898

Dsc07906

大好きなチーズケーキを。

Dsc07904

パートナーは、ミルフィーユ。

Dsc07905

ガラス面にゆがみがあり、外の景色が面白く見える。

Dsc07910

ひさしぶりの南海部品。

Dsc07913

ツーリングバックをゲット。

Dsc07914

その後、閖上から仙台空港へ。

Dsc07915

帰路は、高速で仙台へ。愚息は「笑えるほどVTRは面白い」と言う。

愚息がバイクに乗るようになったのは、小生の影響か・・・?パートナーはそう言う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

川渡からの帰り道 R100RSにて

菜の花畑を見て、同じ道を引き返した。珍しこと。

Img_1492

県道267号線を行く。いつもと違う風景が広がる。

Img_1494

いつもは背にしている風景。

Img_1497

ちょっと走っては再び止まりたくなる。

Dscn0048

牧草地が広がる。

Dscn0050

Dscn0051

Img_1499

新芽は、ほわーんと見せてくれる。

Img_1503

向こうに見える船形山。

Img_1502


Img_1506

約束通り昼までに帰宅。

Img_1508

1979年のRS。お疲れ様。タイヤが細いので路面の状況がダイレクトに伝わる。ブレーキもディスクではあるが、甘い。クラッチも適度に重い。ハンドルも狭い。現在のバイクと比べたら、多くの点で異なる。しかし、他にはない何かがある。

心地よいボクサーサウンド。アクセルを開けると右に傾く特徴。左右のステップの位置が微妙に異なる。ボクサーツインの熱も足に伝わる。

人の手で操っているという感覚が持てるのが一番かも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花畑  R100RSにて

川渡温泉の近くの川沿いに菜の花畑がある。

Img_1441

昨年と同じ場所にバイクを止めた。

Dscn0045

ちょっと菜の花が少ないようだ。

Img_0771

これは昨年の写真。

Img_0793

Img_1442

でも、ホッとする風景。なんか落ち着く。幼少の頃に帰ったように。

Img_1449

Img_1452

川に目をやると雪解け水の勢いはいい。

Img_1455

周囲の風景に春を感じる。

Img_1456

新芽が美しい。

Img_1457

何とも言えないぼんやりとした風景が、日々の忙しさを忘れてくれる。

Img_1482

Img_1470

タンポポもいい。

Img_1465


Img_1469

Img_1468

幼い頃もよく見ていた菜の花。改めて見ると、その良さが分かる。春夏秋冬がある日本に生まれた良さを実感する。四季折々の良さを感じることの出来る感性はいつまでも持ちたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小野田から川渡へ R100RS

一年に何度通るだろうか?土曜の朝に、国道457号線から広域農道へ。

Img_1429

いつも小野田大橋を渡ったところの鳴瀬川の河川公園で休憩。

Img_1436

今日の船形山も美しい。

Img_1434

RSも自然に溶け込んでいる。時速70kmから90kmぐらいまでが一番心地いい。ボクサーツインが心地よく奏でてくれる。

Img_1437

川の流れに勢いがある。雪解け水が気持ちいい。

Img_1438

Dscn0022

県道226号線のワインディングロード。真っ青な空。

Dscn0028

267号線に入り川渡へ降りる途中。ついつい道端の花に見とれて止まる。

Dscn0025

止まった途端に、わんちゃんが近付いてきた。放し飼いにされているわんちゃんが羨ましい。

Dscn0031

花の向こうにRS.

Dscn0035

そして、ローアングル。土筆が一杯。

Dscn0039

川渡温泉へ降りると既に桜は散っている。昨年よりもずっと早い。

Dscn0040

Img_0727

昨年の4月27日は、桜が満開だった。RTで訪れている。途中の蕎麦屋さんも気になっているが、まだ寄っていない。

この道は、何度通ってもいい。ちょっと細いところもあるが、四季折々の風景と匂いが楽しめる。花山から秋田の方に行くときもいい。

この後、いつもの川渡の菜の花畑へ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

森舞台

藩政時代から伝わる「能」を始め「神楽」など、伝統芸能が盛んだという。

Dsc07780


Dsc07781

見事な舞台である。毎年9月にあるという「能」。一度見てみたい。

Dsc07785


Dsc07789

Dsc07797

Dsc07799


Dsc07794

展示室を眺めて、築館まで。

Dsc07802

いつもの蕎麦祥へ。

Dsc07803


Dsc07804

二色盛り。

Dsc07805

こちらは三色。柚の香りがいい。ここでお腹を満たして、築館ICから仙台へ。タンデムのツーリングも随分と長い。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

登米を歩く 水澤県庁&懐古館

警察資料館を見て、北上川を眺め、水澤県庁へ。

Img_1388

玄昌石の館をみて、さらに歩く。

Img_1390

Img_1391

高倉勝子美術館。

Img_1394

そして、水澤県庁。教育資料館となっている尋常小学校が出来るまで、ここも学校として使われていたという。

Img_1395

木蓮の花が美しい。

Img_1398


Img_1399


Img_1400

水澤県庁は後に裁判所として使われたらしい。

Img_1401

Img_1403

Img_1404


Img_1406

懐古館へ。

Img_1407

Img_1415

Img_1417

江戸時代の地図もあった。

Img_1422


Img_1426

Img_1418

ますます歴史を知りたいと思った。パートナーはじっくりと眺めては、振り返る。小生よりも勉強をしているし、歴史を知っている。言葉も知っている。パートナーから教えてもらうことは多い。

登米の街を満喫しながら、森舞台へ。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

警察資料館

Img_1360

春蘭亭から警察資料館へ行く途中には、趣のある家がある。

Img_1361

Img_1362

歩いて面白い登米の街。

Img_1365

警察資料館は明治22年に建てられて、昭和43年まで登米警察署として使われていたという。

Img_1368


Img_1370

懐かしい「スカイライン」のパトカー。

Img_1372

白バイも懐かしい。

Img_1374

留置場もある。「臭い飯」の理由が分かった。

Img_1376

2階には吹き抜けのバルコニーがある。

Img_1378

明治中期の擬洋風建築として貴重な文化遺産だという。

Img_1385

Img_1379

歩いて、北上川の堤防に。

Img_1383

対岸の桜が美しい。

Img_1384

初めてゆっくりと歩く登米の街。再び訪れたいと思った。歴史も勉強したいと思った。この後、有名な鰻料理のお店「東海亭」を横切り、水澤県庁へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春蘭亭

Img_1346

教育資料館から春蘭亭へ。風写さんと一緒。

Img_1348

中にはいると、庭がとっても綺麗。

Img_1349

Img_1351

中に入って、囲炉裏を囲んで珈琲タイム。

Img_1353


Img_1355

Img_1357_2

なんと、ビーグルを連れたご夫妻に。何度かお会いしたことのある方々との偶然の出会い。

Img_1358

美味しい珈琲いただいた春蘭亭。昔の武家屋敷の雰囲気は十分にある。囲炉裏の雰囲気がよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タンデムで登米へ

日曜の朝、タンデムで出掛けた。バイクはRT.

Dsc07779

天気はとてもいい。ヘルメットもBMWのウエアもクシタニの革ジーンズも10年以上経っている。

Img_1298

三陸自動車道を北上し、桃生津山で降りて、登米方面へ。

Img_1300

桜はもう散っている。

Img_1301

Img_1305

朝9時過ぎ、遠山之里へバイクを止めて、教育資料館へ。

Img_1306


Img_1308

明治21年に建てられた洋風学校建築を代表する建物。旧登米高等尋常小学校校舎で国の重要文化財。

Img_1310

Img_1312


Img_1314

中にはいると、昔のレコードやミシンなどがある。タイムスリップ。

Img_1316

中庭も素晴らしい光景。

Img_1321

だるまストーブ。

Img_1323

そして、学生帽。これを見たとき、本当に小学校時代を思い出した。

Img_1326

下を見ると、なんと風写さんが・・・・。

Dsc02689

手を振ると風写さんが撮ってくれた。奇遇です。でも、とっても嬉しい。

Img_1329

明治の頃の授業風景が再現されていた。

Img_1330


Img_1332

校長室の様子。

Img_1335

映画の舞台にもなっている。

Img_1336

ランドセルが、何とも言えない。

Img_1340

幼少の頃に遊んだパッタもあった。

Img_1341

当校教員注意事項もある。読んでみると、今でも通用することばかり。

Img_1343

Img_1344

教育資料館を見ているとき、風写さんは待っていてくれた。有り難い。そのあと、春蘭亭で珈琲タイム。パートナーも感激。歴史を紐解くことの大切さを実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初の89ERS観戦

初の仙台89ERS観戦。

Dsc07741

開始前のイベント。ゼビオアリーナでの試合。

Dsc07743

夕方の5時半頃。試合開始まで30分ほどあるが、お客さんはまだ少ない。

Dsc07745

Dsc07746

選手も出てきた。

Dsc07747

会場の天井にあるディスプレイ。

Dsc07752

Dsc07757

試合が始まると前半は仙台が長野をリード。

Dsc07758

中盤に逆転されたが、後半、再びリード。そして終了。面白い試合だった。

応援はアメリカ的なのだろうか?もの凄く賑やかだった。やや日本人には合わないかなとも思った・・・。ビールを飲みながら観戦が出来る。プロ野球とはまた違った観戦の雰囲気である。ある意味、リラックスして観戦できるかもしれない。あすと長町を楽しみながらの観戦もいいかもしれない。

Dsc07760

観戦後、近くのビストロGOTOへ。初めてのお店。パートナーが興味を示す。

Dsc07766

赤ワインを頼むと、お店のオーナー?か、スペイン、フランス、アルゼンチンのワインの特徴を詳しく説明してくれた。ちょっと、丁寧すぎるか・・・?

Dsc07767

スペインとフランスをそれぞれ頼んだ、スペインはグラス700円。フランスは1,000円。

Dsc07769

フランスは、いかにもそれらしくカベルネソ-ビニオンが効いている。スペインは、ややフルーティでスパイシー。ちょっと、量が少ない・・・。

Dsc07770

Dsc07772

おばんざい。

Dsc07773


Dsc07774

料理が出てくるスピードは速い。

Dsc07775

パスタは濃厚。全般的に味は濃いめ。

Dsc07776

パートナーと歩いて帰宅。仙台大橋から八本松から八木山方面を眺める。広瀬川に映る光も美しい。

Dsc07777

仙台市街の灯りも眩しい。あの大震災では、この灯りがすべて消えた。自宅に戻って、再びパートナーとワインで乾杯。美味い。初の89ERS観戦と初めてのお店。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜とオープンカー

18日(土)の早朝、畑仕事をしようと思って、遠見塚まで歩いた。

Dsc07719

バイパスの歩道橋を渡り、遠見塚古墳へ。

Dsc07720

遠見塚小学校の前の桜も散り始めた。

Dsc07723


Dsc07725

散った花びらもいい。

Dsc07726

畑に行くと、なんと愚息が既に耕していた。青天の霹靂。

Dsc07728

古墳を説明する看板も修復されていた。

Dsc07730

ちょっと仕事で泉まで。

Dsc07732

レクサスのオープン。

Dsc07734

もの凄く憧れたS2000。

Dsc07735

そして、VOLVOのオープン。天気もよく、爽やかでオープンが似合う。

Dsc07737

ちょっと徒歩で出掛けるとコペン。ここ数年、オープンが気になる。ビートルのオープンを夕方、VWディーラーに行った。幌もスムースに開く。憧れる。パートナーをいかに説得するかと代替のタイミング・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜とオデッセイ

気温が上がり大分春めいてきたが、天候は急変する。

Dsc07486

まるで、最近の世の中の情勢のように。

Dsc07636

仙台の街も厚い雲に覆われる時もあれば、一気に青空が広がるときもある。

Dsc07641

晴れ間をぬって、桜色を楽しむ。

Dsc07648

ガラスに反射する桜も面白い。

Dsc07645

Dsc07651

ルーフに反射する。

Dsc07643

ボンネットに反射。

Dsc07652

Dsc07653

Dsc07485

いつもよりも早いと言われる桜前線。週末は、楽しめるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

満開までもう一歩

仙台の北の方では、まもなく満開を迎える。

Img_4782

今週は雨が続いているが、15日の昼、青空が見えた。

Img_4789

楓の赤も輝いている。

Img_4817

今年は、いつもよりも花が少ないような気がする。

Img_4831

太い幹の近くに咲く桜も美しい。

Img_4832


Img_4833

Img_4834

Img_4835

ちょっと可愛い。

Img_4836


Img_4838

Img_4844

Img_4840

空気が澄んでいる。桜とともに、異動のたよりが届く。この季節は、慌ただしいが生きるエネルギーを充電できる。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

よく晴れた日曜日 もみじ野

日曜の昼下がり、バイクショップをのぞいて、北へ。

Dscn3409

西に船形山、前方に栗駒山、457号線から広域農道にはいったところでよく見えた。

Dscn3411

今日は、パートナーと愚息の3人。小野川橋を渡った河川敷の公園で一休み。

Dscn3421

鳴瀬川の向こうに船形山。

Dscn3427

バイクを止めると、空気が美味い。

Dscn3423

逆上がりをする輩がいる。

Dscn3424

Dscn3430

岩出山のもみじ野へ。二人は初めて。

Dscn3437

囲炉裏にイワナ。

Dscn3439

二時を過ぎての昼食。大盛りをいただく。

Dscn3440

天ぷら蕎麦。

Dscn3444

たくさんのお客さんで賑わっていた。

Dscn3445

Dscn3449

もみじ野の蕎麦は、本当に美味い。バイクを止めた隣のS2000に目がいく。この車が欲しかったのだ。今からずいぶん前に。パートナーに相手にしてもらえなかった。今なら何とかなるかも・・・?S660もいいが、S2000の復活を待つ。あのサイズがいい。あのスタイルがいい。S2000&NSX。ホンダには夢があった。それ以降は・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜は咲き始めた頃がいい

桜が咲き始めた頃が一番好きだ。

Dsc07580

先週、少しずつ桜が咲き始めた。蕾から咲き始めは、桜の木が赤く染まる。

Dsc07583

その時期が、一番好きだ。春のエネルギーを感じる。

Dsc07574

生きるエネルギーをあたえてくれる。

Dsc07573

南側の方から次第に咲く、時の流れがいい。しかも、ちょっと気温が低いとそのスピードは穏やかで趣がある。

Dsc07570

白とピンクのコラボがいい。女性の和服を思い出させる。

Dsc07569

曇りの日に、ちょっと天に向かってストロボをたくと浮き立ってくる。

Dsc07567

Dsc07565

楓は赤い新芽が出てきた。

Dsc07563

木蓮も膨らんだ。

Dsc07559

水仙は、「こんにちは」と言っているようだ。仙台の桜も見頃。天気が今ひとつだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花舞いの里  新緑が待ち遠しい

雨の日曜日。東北道を北上。桜が咲き、新芽が出ている。

Dscn3374

若柳金成ICで降りて、両親を乗せてちょっとドライブ。

Dscn3375

花山方面へ向かった。

Dscn3388

Dscn3379

1年ぶりの花舞いの里。

Dscn3380

12時前に着いたが、既にお客さんで・・・。

Dscn3383

今日は鴨南蛮ざるにした。蕎麦も美味いが、柚の辛みは最高。

Dscn3385

イワナ天ざる、

Dscn3382

野菜天ざる。

Dscn3386

そして、かいもち。

Dscn3392

開業して10年になるという。22日まで、100円サービスをしている。お店のおばさんは、「本当におかげさまで」と言っていた。Dscn3391

花舞いの里から見える山。竹が美しい。

Dscn3394

ここから数キロ西にある仙台藩寒湯番所へ。まだ雪がある。

Dscn3397

秋田へ通ずる国道398号線は、まだ通行止め。

Dscn3398

雪解け水は勢いよく流れる。

Dscn3399

あと一月すると新緑が美しくなる。

Dscn3405

夕方仙台に戻り、北六のバイクショップへ。愚息とVTRを見てきた。

Dscn3406

マフラーやグリップヒーターなど、前オーナーは手を加え、丁寧に乗っていたようだ。排気音もなかなかいい。見ると欲しくなるのが悪い癖。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の休日

どんなに遅く帰ってきても同じ時間に起きてしまう。11日(土)の朝は、昨日からの雨が続いていて気温も低い。

Dscn3366

ちょっと灯がほしくなった。薪ストーブに火を入れた。

Dscn3369

1週間が経ち珈琲も切れた。先週のルワンダをちょっと深煎りにした。酸味をなくしたかった。

Dscn3350

昨年風写さんから譲ってもらったNIKONのCOOLPIXをもって庭に出た。

Dscn3362

ストロボを意図的に使って接写してみた。

Dscn3363

ボケずに撮れていた。

Dscn3357


Dscn3360

ここ数日の低い気温のお陰でチューリップも長持ちしている。

Dscn3359

昨年秋に植えた水菜も花が咲いている。菜の花が綺麗な場所を思い出した。来週あたりに行ってみる価値があるかも・・・?

Dscn3358

ユスラウメも長持ちしている。今年は赤い実がたくさんつきそう。

Dscn3352

薔薇の新芽の勢いもいい。

Dscn3361


Dscn3365

デッキの上のタラの芽もいい感じ。そろそろ天ぷらにしようか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とある休日

珈琲が切れてしまった。

Dsc07355

ルワンダを焙煎することにした。

Dsc07357

生豆を約150g程度を入れる。

Dsc07361

手で振ること約20分。ムラが出来ないように。

Dsc07364

余り深煎りにしなかった。きっと、酸味が残るだろう。

Dscn3338

珈琲を飲んで散歩に。新芽が春を感じさせる。

Dsc07396

昼に、若林にある「坂内製麺」へ。

Dsc07398

限定20食のゆめぶれんどという細麺をいただく。味は少し濃いめだが美味い。

Dscn3339

梅の花は満開。

Dscn3344

数年ぶりに注文した焼酎「刻の一滴」が届いた。芋と麦。お店では扱っていない。柔らかな味わいで、いい香りがする。あまり焼酎は飲まないが、これはいける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やまなみとRS

土曜日の朝、空気が澄んでいてやまなみが見える。

Img_4550

日差しも柔らかく、木々に本格的な春を感じさせる。

Img_0999

Img_0992

桜の蕾も大きくなっている。

Img_4547

RSとちょっと散歩。仙台市街と泉ヶ岳がよく見える。

Img_4557

散歩をしている老夫婦に声を掛けられた。今日は、山が近くに見える。一年に何度あるか・・・?

Img_4561

広瀬川の堤防沿いを走ってみた。蔵王のやまなみもよく見える。

Img_4566

手前には白鳥も見える。旅立つのが遅くなっているのか?

Img_4568

バイクを止めると小さなオフロードバイクで近付いてきた人がいた。なんと、マックスフリッツのS店長。小生のバイクを見て近付いたという。声を掛けてもらって嬉しい限り。

Img_4570_2

堤防を散歩している人も多い。時間があれば、このままどこかに足をのばしたかったが、予定があって残念。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

荒沢の水芭蕉

GENJIROから再び薬莱の方へ。

Img_4583

幻想的な風景に車を止めた。

Img_4578

牧場の向こうに木が霞んで見える。

Img_4582

ここにこんな風景があるとは?

Img_4587

荒沢自然館の近くに車を止めた。田谷地沼が見える。

Img_4590

自然館を過ぎてから左に行こうか右に行こうか迷った。足跡をたよりに左に進んだ。まだまだ雪は深い。

Img_4593

しばらく水芭蕉は見つからなかった。左手の下の方にあった。パートナーと喜んだ。

Img_4603

戻って右奥に進んだ。すると、水芭蕉の群生がみえた。

Img_4609

まだまだこれからという水芭蕉。

Img_4615

Img_4618

Dsc07461

雪解けの水は澄んでいる。

Dsc07468

Img_4621

辺りには誰もいない。水芭蕉を独り占め。

Img_4634

パートナーはiphoneで写真を撮りながらはしゃいでいる。

Dsc07475

Img_4643

Img_4646

絵になる風景がたくさんある。晴れていれば・・・?と思うが雨もまたいい。

Img_4652

水は冷たい。そんな中で水芭蕉は元気に咲いている。

Img_4656

Dsc07458

どれぐらいいたのだろう。カメラを握る手が冷たくなった。あまりの美しさに見とれて時間を忘れた。

Dsc07480

帰る途中、自然館に寄ってみた。おじさんが気軽に話し掛けてくれた。この周辺は、四季折々の風景が楽しめるという。何度か足を運んでみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしいカレー&パスタ  GENJIRO

雨の日曜日、数日前に予約しておいた加美町の「GNEJIRO」に。

Dsc07409

12時前にもかかわらず駐車場には既に数台の車が止まっていた。

Dsc07407

雨が降っているが、周囲を散歩することにした。

Dsc07411


Dsc07413

Dsc07415

いろいろなオブジェを見ながら歩く。

Dsc07422

ふきのとうも大きくなり花が咲いている。

Dsc07426

中にはいると、薪ストーブの灯が迎えてくれた。

Dsc07430

たくさんの予約者のためにスタッフは休みなく動く。

Dsc07431


Dsc07437

素敵なお皿が並ぶ。パートナーはいたく気に入っていた。

Dsc07435

お皿の裏を見ると「ヴィラデスト」。玉村豊男さんのヴィラデストである。ヴィラデストは、ワインをつくり、いろいろなものを販売している。一度行ってみたいと思っている。

Dsc07438

サラダが運ばれてきた。薄味で、ガーリックがちょっと効いている。自然の味がする。カレーとパスタを頼んだ。

Dsc07440

トマトソースのパスタ。パートナーは美味しいと。優しいトマトの味と小さく切った豚肉のマッチングがいい。バジルソースで味を調整。

Dsc07441

カレーは長時間煮込まれた熟成の味がする。これまでのカレーの概念を変えるものである。美味い。これまた、ヴィラデストのお皿。

Dsc07445

ショートケーキとシホンケーキのセット。卵がたっぷりと使われており、優しい味がする。本当に美味しい。

Dsc07448

GENJIROを出るとき店主が声を掛けてくれた。「遠くからありがとうございます。近くに水芭蕉が見られるところがありますよ」と。水芭蕉に会うためにGOLFⅣを走らせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜とR100RS

土曜日の朝、人が集まらないうちに行こうと思っていたがちょっと遅くなってしまった。

Img_4546

仙台は舟丁の駄菓子で有名な石橋屋である。RSはこの建物によくマッチしていた。

Dsc07366

舟丁橋にRSを止めるとまもなく人が集まってきた。やはり遅かった。

Img_4507

カメラによって微妙に色合いが異なる。

Dsc07372

ちょっとした観光スポットである。

Img_4536

舟丁、南材木丁、六十人町、文化町、南鍛冶町など、伊達藩時代の名が残る。

Img_4542

見事な枝垂れ桜である。

Img_4544

Dsc07372_2

ここから少し行くと、染物屋さんがある。近くの小中学校は、音楽で有名である。

Dsc07371

バイクを移動して撮影をやめて桜を眺めていると、どこかで見たことのあるバイクが登場。なんと、LYNX☆さんでした。

Img_4528

毎日元気に出掛けているLYNX☆さん。今日も颯爽と登場でした(笑)。

石橋屋の桜をFBに載せた。昼前にアメリカのノースキャロライナのローリーにいる友人から連絡があった。日本にいるとき、この桜をよく見ていたから懐かしいと・・・。Face Time でしばし話した。

Dsc07395

日本人の奥さんが英語が堪能なので、彼は日本語を覚えようとしない。でも、子供の名前は「さくら」ちゃん。

数年のうちにアメリカに行く約束をした。小生の家を真似て、吹き抜けの家を買ったという。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春の息吹

気温が上がり、蕾が大きく赤くなってきた。

Img_0984

桜は、昨年よりも早そうだ。

Img_0992

Img_1006

椿は満開。

Img_1004

梅の花も満開。

Img_0994

木蓮も白くなってきた。

Img_0999

頭上を見ると柔らかな光。

Img_1001

Img_1020

桜が・・・。

Img_1011

ちょっと離れたタラの芽も大きくなってきた。これから、山菜がおいしくなる。楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦珈琲店  R1150RTにて

岩出山から国道47号線を横断して一迫方面へ。

Dsc07328

高清水から瀬峰方面へ向かう道には、北海道のようなまっすぐな道がある。

Dsc07330

佐沼市内に入り、橋を渡り、佐沼高校の北の方に珈琲店がある。

Dsc07331

開店して11年ほどになるという「三浦珈琲店」

Dsc07332

店内は非常に綺麗で気持ちがいい。

Dsc07333

本当によく整理されている。いいお店である。

Dsc07336

ケーキセットを頼んだ。700円でリーズナブル。チーズケーキもシホンケーキも、ショコラも美味い。何ともいえない自然な味がする。珈琲も美味い。

マスターもその奥さんも笑顔がとってもいい。しばらくすると、小生の母の友人が来店。何年ぶりだろうか?昔話になった。

その後、登米から三陸自動車道で仙台に戻った。そして、モトライブO2へ。

Img_0841

こうやって宮城県内を走ってみると、まだまだ宮城もいいところがあると実感。もっと、観光アピールが必要かも・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もみじ野  R1150RTにて

日曜日の朝、ゆっくりと起きてRTで北上。

Img_0839_2

船形山もよく見える。広域農道を岩出山方面へ。

Dsc07288

小野川橋付近では、野焼きをやっていて周辺は霞んでいる。

Dsc07293

岩出山牧場付近の細い道にはこんな案内がある。

Dsc07294

上の駐車場に止めたら、下に降りていいですよと案内があった。ちょっと急な坂道を降りる。

Dsc07295

開店前なので、受付で名前をかきメニューから注文する。

Dsc07299

ヘルメットを置き、デッキから見下ろす。

Dsc07301

イワナがいるかも?

Dsc07304

蕎麦教室もやっているとのこと。

Dsc07306

Dsc07308

周辺を散策する。ふきのとうもある。

Dsc07311

秋の景色も楽しみである。

Dsc07320

名前を呼ばれ、中に入った。囲炉裏にはイワナ。

Dsc07323

採ってきたふきのとうを天ぷらにしてくれた。辛み大根はサービス。

Dsc07324

おすすめのイワナの天ぷら蕎麦。

Dsc07326

イワナは、丸ごと食べることが出来る。香ばしくて美味い。

Img_0835

今回の足は、RT。

Img_0809

前日、同じ場所でRS。

Img_0838

Img_0836

2002年のRTも健在である。時々重さを感じるが、走り始めると何とも言えないボクサーの味がする。

もみじ野のあと。岩出山の街に降りてさらに一迫方面へ北上。東に向かって佐沼方面へ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »