« Blue Coffee | トップページ | 仙台空港へ R1150RT »

バッテリー交換 R1150RT

この週末は気温が上がってきた。バイク日和になってきた。

Img_0709

先週、エンジンをかけようと思ったRTは、バッテリーが上がっていた。バッテリーも2012年の夏に交換していたので、そろそろ寿命か。

Dsc06928

バッテリーを取り寄せてみた。8000円余りである。

Dsc06927

シートを外す。ここからが大変。かつても外したことがある。

Dsc06934

まずは、このカバーを丁寧に外す。爪を折らないように。

Dsc06936

次にサイドミラーを外す。これは、意外に簡単である。

Dsc06938

左側のカバーを丁寧に外す。これは、かなりの数のビスを外すので、結構時間がかかる。

Dsc06940

外すとこんな風に裸のRTが出てくる。バッテリー交換は、カバーを外さなくても出来るようにしてほしかった。

Dsc06944

バッテリーの左側の新しい部品は、確か数年前に交換したABSのブレーキシステムだったと思う。交換に30万近くかかったことを覚えている。

Dsc06945

バッテリーをスライドさせて、コネクターを外す。エアフィルターのコネクターも外しておいた方がいい。

Dsc06946

左側が純正のバッテリー。右側が今回購入したバッテリー。

Dsc06951

バッテリーを止めるゴムが緩んでいたので、ちょっと布を入れた。

Dsc06954


エアーインテークを丁寧に入れる。

Dsc06953

カバーをつける前に、エンジン始動を確認。快調にボクサーツインが回った。

Dsc06956

カバーをつける。フロント部分から入れる必要がある。

Dsc06957

うっかりタンクの部分を入れ忘れると隙間があく。要注意である。ビスを完全に締める前に確認する必要がある。

Dsc06960

ウインカーランプを入れてサイドミラーをつける。つけるときには、きちんと爪を合わせること。

Dsc06961


サイドの黒いカバーも、爪を合わせないと折れることがある。

Img_0703

作業は1時間ほどで終わった。天気もいいので、試運転をすることにした。ちょっと仙台空港方面まで走ってみた。

2002年式のRTも元気。あたらしいBMWのバイクは、どれも快適だが、このRTはなかなか手放せない。愛着がある。時々、息をするボクサーツインがいい。低速でのトルクは薄いので、立ちゴケには要注意だが、アクセルを開け気味にして、スムースなクラッチミートであれば、何とかなる。走り出せば快適。慣れると、思ったよりも軽快に走れる。

空港から・・・。

|

« Blue Coffee | トップページ | 仙台空港へ R1150RT »

BMW R1150RT」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー交換 R1150RT:

« Blue Coffee | トップページ | 仙台空港へ R1150RT »