« 高蔵寺  | トップページ | 時音の宿 湯主一條 »

白石城

大震災から4年が経つ。朝から冷たい雪。夕方には、あのときと同じような雪が舞っていた。復興は少しずつ進んでいるが、温度差がある。風化をさせない努力が、これからますます必要な気がする。

3月8日の日曜日、高蔵寺から113号線で白石へ。今日の目的地の通過点に過ぎないのだが、白石城に寄ってみた。

Dsc06700

白石市役所の近くの駐車場に車をおき歩いた。ちょっとお洒落な歩道があった。ずいぶん前に来たことがある。その時、我がパートナーと一緒だと思っていたが、パートナーは否定する。誰かよその人と来たんじゃない?としきりに迫ってくる。そんなことはないはずだが・・・?

Dsc06701

我々の前には、バスから降りた団体客がいる。ゆっくりと歩いている。城が見えてきた。

Dsc06702

入場券を購入し、天守閣の中に入ってみた。

Dsc06706

周囲を見渡す。桜の咲く春がいいように思った。

Dsc06707


Dsc06709

20年ほど前に再建されたという。片倉小十郎の城で、別名益岡城ともいう。

Dsc06710

檜や檜葉などが使われている。全国でも数少ない木造の天守閣だという。

Dsc06711

上からは蔵王の山脈が見える。

Dsc06712

白石市街。

Dsc06713

眼下の庭も・・・。

Dsc06719

天井には、白石城復元工事のことが記されている。

Dsc06721

木造の建築物をみると、こんなところに目がいく。先人の知恵と技を感じる。

Dsc06722

階段はかなり急勾配。

Dsc06724

土壁の厚さはかなりのものだ。

Dsc06725

霧雨の中、白石城を後にした。仙台から近い。滅多に来ることはないが、地元の歴史を知るには大切な場所でもある。もっともっと地元のことを学びながら、日本、そして世界を理解することが大切のように思える。

海外に行っても、日本のことをしっかりと理解して、紹介できるぐらいの力は必要だと思う。歴史と伝統を大切にしながら他とのかかかわりを学びたいと思う昨今。

|

« 高蔵寺  | トップページ | 時音の宿 湯主一條 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

最初の画像で、道路の脇を流れている濠というか、用水路が好きです。

天下の名城と比べると、立派とはいえない小さな山城なのに、斜面に平行にあれだけの水路があるということは、相当な設計者による土木工事がなされたということだと思うのです。何処に水源があるのでしょうか。

同じような用水路は岩出山にもあるし、御茶ノ水駅近くの濠は仙台藩が作ったものとして有名です。

八幡から仙台市街地へ伸びていた四ツ谷用水は、是非復活してほしいと思っています。

そして七軒堀、八軒堀はbinkenさんのお宅の近くですね。

投稿: 風写 | 2015年3月12日 (木) 20時37分

☆風写さんへ
風写さんのコメント、とっても勉強になりました。ありがとうございます。

投稿: binken | 2015年3月12日 (木) 22時03分

白石城訪問の記事を発掘しました。
http://blog.goo.ne.jp/hoosha/e/d3ea5882cefd052f26ee150a9c11ce2e

戦国武将は必ず籠城することを考えて、水源がある丘に城を築いたのでしょうね。

投稿: 風写 | 2015年3月13日 (金) 07時15分

☆風写さんへ
松本城など、いろいろな城を見ると、その造りから、土地の様子や地形が分かりますね。戦国武将の知恵も感じ取ることができます。

投稿: binken | 2015年3月14日 (土) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白石城:

« 高蔵寺  | トップページ | 時音の宿 湯主一條 »