« 焙煎  | トップページ | なか舎に散歩 »

氷柱と炎

日曜の午後、気温も上がり、昨日までの雪がとけ、屋根にできた氷柱から雫が落ちている。

Img_9847

シャッターを押し続けると、雫をとらえることが出来る。

Img_9852

連写である。

Img_9860

午後の光が氷柱に当たり、ダイヤのように光る。

Img_9865

薔薇のフランソワ・ジュランビルの幹にも氷の柱が出来ている。

Img_9870

ちょっと大きめの塊の光も、きらきらと輝く。

Img_9886

外の煙突からは、かすかにストーブの煙が。完全燃焼すると、煙はほとんどない。

Img_9890

ストーブの炎を見てると、ホッとする。

Img_9887

2月の1日(日)、節分、立春に近い。花が咲く日も、そう遠くはない。

|

« 焙煎  | トップページ | なか舎に散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷柱と炎:

« 焙煎  | トップページ | なか舎に散歩 »