« 甦ったLD | トップページ | ダウンの三連休 »

秋保まで鉄道が走っていた

Dsc05125

12月の土曜日、寒い日だった。東北福祉大学駅の隣にある鉄道交流ステーションに寄ってみた。

Dsc05103

入口には鉄道の車輪があった。

Dsc05101

入って左側には、椅子が。とっても懐かしい。今ではお目にかからない椅子。

Dsc05102

制服。

Dsc05104

これまた懐かしい行き先を表す標示板。

Dsc05109

中には鉄道の模型があり、動く。

Dsc05112

昭和11年当時の長町駅。

Dsc05114

鉄道交流ステーションを見た後、駅の下で昼食を。Gakushoku ふるさと という表示がある。中に入ると、土曜日にもかかわらず、学生が沢山昼食をとっていた。

Dsc05116

その後、久し振りにReis Kaffeeへ。北目町にある。バイクが変わっていた。

Dsc05117

味のある、絵になるバイクだ。まだ走る。クラッチは重い。キックも重い。

Dsc05123

オーナーのYさんが教えてくれた。1951年のB31。凄い。60年も前のバイク。

Dsc05124

店内には、阿川泰子のレコード。これまた懐かしい。レコードはいい。アナログはいい。

Dsc05121

いつもの珈琲を頼むと、チョコが出てきた。粋な計らい。

Dsc05119

カウンターの上には、ティッシュペーパーで作ったダンサー。客が作ったという。お洒落である。

Dsc05118

排気量不明のB31がいい雰囲気を醸し出している。止めてあるオデッセイ・アブソルートで、青葉山へ。

Dsc05126

銀世界が広がっていた。あてもなく動いた土曜日の一コマ。そんなときには、面白い出会いがある。

Dsc05129

夕方帰るときには、仙台市街に青空が広がっていた。

|

« 甦ったLD | トップページ | ダウンの三連休 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たぶんナプキンバレリーナはガレージ近くのバイク服屋の店長作ですね( ̄ー ̄)

投稿: zep | 2015年1月16日 (金) 08時20分

☆ZEPさんへ
そうでしたか?ホッとさせる作品ですね。

投稿: binken | 2015年1月16日 (金) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋保まで鉄道が走っていた:

« 甦ったLD | トップページ | ダウンの三連休 »