« 散歩と自転車 | トップページ | 霞の中の雁行Ⅱ »

霞の中の雁行

11月2日(日)の早朝、4時半過ぎにスタート。

Dsc04122
気温は13度で、比較的暖かい。

Dsc04130

東北道を北上すると、霧が濃くなっていった。

Img_5332

伊豆沼に着くと、白鳥やマガンはまだ飛び立ってはいない。

Dscn2586

今日の足は、GOLFⅣ。朝靄で視界は悪い。

Dscn2562

既に何人かが雁行を見に来ていた。家族連れもあった。三脚にEOSをつけて、夜明けを待った。

6時過ぎ、羽音がした。そして、前方を見ると、

Img_5361

白鳥が飛び立った。もの凄い数。

Img_5367

湖面近くは霞んでいて見えない。飛び立つシーンが。

Img_5371

しばらくすると再び羽音がした。今度は、湖面近くが見えた。

Img_5391

どんどん飛び立っていく。

Img_5399

感動。まさに。静けさが沼に戻った。霞も薄くなってきた。

Img_5419

あたりに目をやるとモノトーンの世界。

Img_5422

Img_5423

Img_5429

時々、飛び立った白鳥が空を染める。

Img_5446

こんな霞の中で見る雁行は初めてである。

Img_5478

飛び立つ時間の間隔が短くなる。羽音も大きくなっていく。

シャッターを押すのを忘れてしまうときもある。6時を過ぎると頻繁に飛び立つ。日曜日の朝だが、霞んでいるために足を運んだ人は少ない。霞の中の雁行いい。その後8時過ぎまで留まった。(続)

|

« 散歩と自転車 | トップページ | 霞の中の雁行Ⅱ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霞の中の雁行:

« 散歩と自転車 | トップページ | 霞の中の雁行Ⅱ »