« 秀峰 栗駒山 | トップページ | 栗駒山を背景に »

夕焼けの空に飛行機雲

霜月も残り三日となった27日(木)の4時過ぎ、西の空を眺めた。

Dsc04801

鮮やかな夕焼けの空に雲、そして飛行機雲。

Dsc04802

飛行機雲は、ジェット機がエンジンから出る排気ガスが作り出す雲。

Dsc04812

気温は地上から100メートル高くなるごとに、約0.6℃下がる。

飛行機の飛ぶ高度1万メートルでは、地上より約60℃も気温が低く、外はマイナス40℃以下の世界になっている。飛行機のエンジンが周囲の空気を吸い込んで、圧縮・燃焼させ、300~600℃となった排気ガスを出す。

その中の水分が急に冷やされて凍り、雲となって白く見える。冬の寒い日に息を吐くと、白くなるのと同じこと。

Dsc04818

月の近くに飛行機雲が・・・。面白い。

Dsc04820

SONYのコンデジでズーミングした。

Dsc04821

二本の飛行機雲は、ボーイング767あるいは777?747は4本だ。

Dsc04822

こんなシーンはなかなかないだろう。飛行機雲は夕陽に照らされてオレンジ色。

Dsc04827

再び西の空へ。手前から遠くまで4つのジェット機の飛行機雲が見える。

Dsc04828

直線が織りなす美を見ることも出来た。約20分ほど西の窓から眺めた。

今日も素敵なシーン出会えたことに感謝。高校の頃、パイロットになりたいという夢もあった。大空に落書きをしてみたいと不純な動機もあった。

|

« 秀峰 栗駒山 | トップページ | 栗駒山を背景に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

27日の16時過ぎ
美田園への出張の帰り道、恐らく同じ飛行機雲を
眺めておりました

名取インターから長町インターという短い区間ながら
国道4号を通るよりもずっと時間が短縮できる良い道路ですね
津波の防波堤代わりにもなりました
仲良いの良かった先輩も津波に飲まれました
幸い遺体はあがりましたが、どれだけ苦しかったか‥
海沿いへの出張があるたびに思い出してしまいます
願わくば、あのような大惨事はもう二度と起こって
ほしくないものです

投稿: SONY VAIO | 2014年11月29日 (土) 02時35分

☆SONYVAIO様
そうでしたか?震災から3年余り、まだまだ爪痕は大きく、大変な思いをされている方がいます。
今日は、仮設に行ってきました。皆さん元気でした。あのとき以来のつながりを大切にしたいと思います。

投稿: binken | 2014年11月29日 (土) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼けの空に飛行機雲:

« 秀峰 栗駒山 | トップページ | 栗駒山を背景に »