« 秋の一コマ | トップページ | 秋保街道を山寺へ  オデッセイ・アブソルートにて »

二口峠  オデッセイ・アブソルートにて

前夜(25日のムジカ)の疲れもあって、早朝のスタートは無理だった。昨日26日(日)は、妻と一緒に出かける予定にしていた。

Img_4803

オデッセイ・アブソルートにて、秋保から二口へ。向こうに見えるのは磐司岩。アブソルートの足は、ワインディングロードを綺麗にトレースしてくれる。

Dscn2378

ダートを走るには硬すぎる。二口まで行ってみた。

Img_4800

二口周辺の紅葉は今が見頃。赤や黄色が光っている。

Img_4819

秋保の二口の駐車場に車を止めて、二人で歩いてみた。透き通るような青空と赤や黄色に染まった木々。

Img_4822

朝陽に浴びた楓も美しい。ちょっと、頭が痛いが・・・。

Img_4829

流れる水はもの凄く綺麗。名取川かな?

Img_4851


Img_4853
心が洗われる。自然の驚異を感じる。
Img_4859

Img_4858

トンボは、気温が低いので動きが穏やか。

Img_4864

我がパートナーは、見入っている。3人の子供たちをつれて遊びに来たことがある。

Img_4882

二口で戻る予定だったが、ちょっとダートを走ることにした。木々を映し出すオデッセイ・アブソルートは、森にあっている。

Img_4885

高さ100m、長さ3kmの磐司岩を間近にゆっくりと観たのは初めて。見事である。

Img_4895

こんなダートが続く。

Img_4896

Img_4897

美しい紅葉にひたすら感動。パートナーはとっても満足。

Img_4899

オデッセイ・アブソルートは、硬い足を生かして登るが、乗り心地は・・・?ここはカブリオレでオープンで走りたいね・・・などと会話をしながら走った。

このダートは、ランドローバーが得意とするところ。かつて、ディスカバリーを所有していた頃に何度か走った。しなやかで柔らかなローバーの足は、よく伸びて、ショックを受け止めてくれた。

ダートを走ることは滅多にない。だから、ディスカバリーを離した。長距離を快適に走り、キャンプを楽しむために、その後、V6のオデッセイのプレステージを選んだ。極めて静かで快適だった。ボーズのサウンドもよかった。燃費は悪かったが。12年ほど乗ってやむなく今のオデッセイ・アブソルーにした。VWのティグアンにしようとも思ったが、パートナーがオデッセイ・アブソルートの方が使えると主張。今思えば確かにそうだ。

この後、ダートを走り続けるが、すれ違うのに大変だった。フロントのスカートを擦らないように走るのにも気を遣った。(続)

|

« 秋の一コマ | トップページ | 秋保街道を山寺へ  オデッセイ・アブソルートにて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ビンケン様

いつも綺麗な写真に見とれてしまいます
特に上から数えて12枚目の木々の中の
オデッセイ…美しい構図です
まるでカタログから出てきたような写真!
私も秋の紅葉の中で走ってみたいものです

直属の上司がティグアン乗りで、乗り味を
いつも楽しそうに語ります
息子に「これはお前にやるからな」と声を
かけているらしいですが、息子はまだ小4
なのでキョトンとしているそうです

私はしばらくオデッセイのままで十分♪

投稿: SONY VAIO | 2014年10月27日 (月) 23時19分

☆SONYVAIO様
コメントありがとうございます。最近のカタログには、自然の中で撮影した写真が少なくなりましたね。淋しい限りです。
上司の方は、小生と似ているかも知れませんね。小生も、ランドローバーに乗っていたとき、息子にそう言ってました。(笑)

投稿: binken | 2014年10月28日 (火) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二口峠  オデッセイ・アブソルートにて:

« 秋の一コマ | トップページ | 秋保街道を山寺へ  オデッセイ・アブソルートにて »