« 夕焼けと彼岸花 | トップページ | 緑なき山肌(2) 素敵な出会い »

緑なき山肌(1)  R100RSにて

荒砥沢ダム上流は、まだ緑のない山肌が見えた。2008年6月14日、岩手宮城内陸地震で国内最大級の地滑りが起きた場所。

Img_3739_2

高さ140m、幅800m、長さ1400m程の範囲で地滑りが起きたと言われる。

Img_3732

荒砥沢ダムの北側の道を栗駒山のいわかがみ平方面へ。

Img_3726

小野田から柳沢を通って文字方面へ出た。そして荒砥沢へ。

Img_3731

柳沢から川渡へ抜ける前半は、高速ワインディングが楽しめる最高の道がある。

Dscn2082

左右の景色もいい。青空が広がる。すれ違う車もほとんどない。

Dscn2106

荒砥沢から栗駒へ、途中で見る山頂付近は赤く染まっている。

Dscn2107

いわかがみ平の駐車場はほぼ満車。

Img_3754

登山道の入口。

Dscn2110

ここから山頂を仰ぎ見る。

Img_3745

山頂から中腹は、今週末が見頃かもしれない。
Img_3753

多くの登山者がいた。

Dscn2112
R100RSは、快調である。ボクサーツインの鼓動が心地いい。
Dscn2115

Dscn2113

Dscn2114

往復230km程のツーリングだったが、素敵な出会いとアクシデントがあった。東日本大震災もそうだが、岩手宮城内陸地震の爪痕もまだまだ深いことを改めて知った。自然の怖さを感じる。

|

« 夕焼けと彼岸花 | トップページ | 緑なき山肌(2) 素敵な出会い »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

五年前に荒砥沢ダム上の地すべり現場に入ったことがあります。
http://hoosha.blog83.fc2.com/blog-entry-30.html
諸行無常を感じました。

投稿: 風写 | 2014年9月24日 (水) 05時01分

☆風写さんへ
風写さんのブログを見て、被害の甚大さを感じました。あれだけの地滑りが起きるとは。

投稿: binken | 2014年9月24日 (水) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/60363648

この記事へのトラックバック一覧です: 緑なき山肌(1)  R100RSにて:

« 夕焼けと彼岸花 | トップページ | 緑なき山肌(2) 素敵な出会い »