« 緑なき山肌(1)  R100RSにて | トップページ | 故郷にこんな景色があった »

緑なき山肌(2) 素敵な出会い

素敵な出会いがあった。

Dscn2120

岩手・宮城内陸地震で大きな被害を受けた駒の湯温泉を訪れた。かつての面影はどこにもない。ただ、災害の恐ろしさを感じる。

Dscn2117

ちょっと向こうを見ると、足湯があった。土地のオーナーが湧き出た温泉を利用して昨年から週末に限ってやっているとのこと。

Dscn2119
オーナーもバイク好きとのこと。これから、何かをやっていきたいと話していた。奥さんも戻ってこられていろんな話ができた。素敵なご夫婦だった。

栗駒山に登った後は、駒の湯で汗を流したことがある。

Dscn2126

駒の湯を後にして、再び荒砥沢方面に向かった。途中、くりこま高原自然学校の前を通った。ここも、内陸地震で大きな被害を受けた。再開まで時間がかかり、あす25日がオープンとのことだった。

前では,笑顔の素敵な娘さんが自家製のパンなどを売っていた。ちょっとゲットした。素敵な出会いがあった。

Dscn2129

ちょっと狭いがワインディングロードを走った。

Dscn2132
後方の栗駒山の紅葉が時折見える。とてもいいシーンがあったのでUターン。写真を。

Dscn2095
ワインディングから右に折れて文字方面へ。荒砥沢ダムを下り、左手にサクラの湯、山武温泉があった。

寄ってみると、女将さんが出てきて、平成15年から開業しているという。2度の大きな地震を経験したという。イワナもチョウザメも養殖をしているという。素敵な出会いがあった。

Dscn2136

お風呂に入りたかったが、今日はイワナ丼だけにした。テーブルで待っているとジーンズをはいた年配の方が声を掛けてくれた。岩ヶ崎のSさんという。栗原旧車会の会長さんだという。ハーレーでいらした。

Dscn2137

一緒にイワナ丼を食べながらバイク談義。古い車やバイクを愛してらっしゃるとのこと。素敵な出会いがあった。

Dscn2139

途中まで一緒に走り、帰路についた。文字(もんじ)には歴史を感じさせるものがある。

Dscn2093
瓦屋根の大きな家。そして、水車。藍染めもある。

Dscn2090
水車。

築館ICから高速に入り長者原付近を過ぎるとボクサーがおかしいことに気付いた。アクセルを明けてもパワーが・・・・。

直ぐに気付いた。トリップメーターは320kmほど。ガス欠だと。止まると何とかリザーブで走り、古川ICで降りてスタンドへ直行。参りました。その後は無事に帰宅。やれやれ。

でも、素敵な出会いが沢山あったツーリングだった。イワナ丼にも巡り会えた。栗駒山のハイルザームは,イワナ丼祭りで大渋滞。

|

« 緑なき山肌(1)  R100RSにて | トップページ | 故郷にこんな景色があった »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

走れば、いつも素敵な出会いが待っておられますね!
こちらも幸せを感じさせていただけます。

投稿: t-higasikouji | 2014年9月25日 (木) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/60369092

この記事へのトラックバック一覧です: 緑なき山肌(2) 素敵な出会い:

« 緑なき山肌(1)  R100RSにて | トップページ | 故郷にこんな景色があった »