« 遠野へ(最終章) 馬の里 福泉寺 ふるさと村 | トップページ | 温泉とCafe »

蔵王も暑い  

3日(日)の早朝、蔵王に向かった。山を歩く準備をして。

Img_2406

釜房湖の湖面も穏やか。気温は22℃。

Dscn1370

川崎あたりから見る蔵王の稜線も美しい。

Dscn1372

今日の足はオデッセイ・アブソルート。このアブソルートは、足腰が中々強い。Sモードにしてワインディングを走ると気持ちよく曲がってくれる。ちょっと厳しくコーナーを攻めているのに、隣の妻は眠っている。

Dscn1376

朝日が眩しい。

Img_2579

Img_2580

Img_2587
やまなみの稜線が美しい。

Img_2588

Img_2594

Img_2604

Img_2605

Img_2613

コマクサ

Img_2609

Img_2616

Img_2630

トンボ

Img_2638

標高が上がるとさらに美しい稜線

Img_2644

Img_2649

Dscn1387

お釜が見えてきた。

Img_2652

Img_2677

エメラルドグリーン

Img_2674

Img_2679

山形側の飯豊連峰。

Img_2694

先週のお釜と比べると・・・。(下は7月26日)

Img_2408

Img_2680

刈田岳山頂。

Img_2702
さらに歩くと、お釜の姿は・・・。

Dscn1404

妻曰く。抹茶色。

Img_2710

今頃、我が家の息子は小生のRSで、飯豊連峰周辺を走っているのか?

Img_2716

Img_2722

レストハウスでおにぎりを食べながら、やまなみを眺める。涼しい風が気持ちいい。

Img_2724

午前9時前、下山する頃、雲が・・・。お釜の色も変わった。

Img_2725

Img_2735

アゲハが・・・。10時過ぎに下山。沢山の登っていく人とすれ違った。「こんにちは」の挨拶がいい。汗をかいた。この後は、遠刈田の温泉へ。夏の山歩きはいい。蔵王は四季折々の姿を、お釜は四季折々の色を見せてくれる。

Img_0880

これは、5月の連休の時のお釜。

|

« 遠野へ(最終章) 馬の里 福泉寺 ふるさと村 | トップページ | 温泉とCafe »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蔵王も暑い  :

« 遠野へ(最終章) 馬の里 福泉寺 ふるさと村 | トップページ | 温泉とCafe »