« ストール  Max fritzにて | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

雨の日には

朝、玄関を出る。

Dsc01284
こうも雨が降り続くと憂鬱になってくる。

Dsc01340

落ち着いて本を読むには最適である。

Dsc01347

五木寛之の「雨の日には車をみがいて」という本を思い出した。

Dsc01309

車とそれにまつわる九つのエピソードで構成された短編集である。
ある登場人物のセリフに「ぴかぴかにみがいたボディに、雨の滴が玉になって走るのって、すごくセクシーだと思わない?」というのがある。

懐かしい本である。五木さんは、車を運転するのをずいぶん前にやめているそうだが、かつてはバイクや車が好きだった。確か、鈴鹿8耐なども見に行っていたと思う。

五木さんは金沢にも住んでいたことがあり、「内灘夫人」「浅野川暮色」などの作品もある。

Dscn0352
最近、村上春樹の「女のいない男たち」を読んだ。これは、村上作品にしては珍しく短編集である。その中の「イエスタデイ」という作品がなかなか面白い。イエスタデイに日本語の歌詞をつけた男が出てくる小説である。

昨日は あしたのおとといで おとといのあしたや

と関西弁で歌詞をつけたという。イエスタデイはビートルズナンバー。

小生よりもちょっと上の先輩方がビートルズを良く聞いたと思う。小生も好きでよく聞く。

Dscn0349
ずいぶん前に、同じCDを二枚買って、家族に笑われたことがあった。注文したことを既に忘れているという恐さ・・・?

Dscn0345
雨の日には読書・・・と好きな音楽を聴くことに・・・。Jazz100年も第7巻も届いた。

夕方、帰宅すると梅酒造りをしている妻がいた。今年も、2種類作っているようだ。ブランデーと焼酎につけるようだ。

Dscn0360

昨年作った梅酒をいただいた。

Dscn0358

右側のブランデーでつけたものがまろやかで美味だった。来年が楽しみである。

|

« ストール  Max fritzにて | トップページ | 梅雨の晴れ間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日には:

« ストール  Max fritzにて | トップページ | 梅雨の晴れ間 »