« R1150RT オイル交換 | トップページ | ハンドルの遊びが欲しい »

卒業記念

5月最後の暑い日、RTで米沢に出掛けた。30数年前の記憶が蘇ってきた。今週に入って、当時のことを思い出す時間が増えた。大学の3年から4年にかけて、本当によく通っていた「一つ街」

Dsc01011

今も、女将さんと料理長は元気である。日産に行った先輩と本当に良く通った。バイト代はすべて使った。ここで過ごす時間が楽しくて。人生の裏話も聞けて。

Dsc01136

卒業時に女将さんからネクタイをいただいた。米沢織のネクタイである。30数年経つがまだ健在である。生地が柔らかくてとてもいい。いただいたときには、「しっかり、元気でね」と励まされた記憶がある。最後に飲んだときには、女将さんも寂しがっていたような気がする。結婚する前に、妻を連れて行った。2月の上杉祭りの時だったような気がする。この時も、温かく迎えていただき、お店を閉めてから、近くのお店に行って深夜まで飲んだ記憶がある。本当にお世話になった。

Dsc01026

米沢の駅に初めて降り立ったときには、雪の量にびっくりした。今のような建物ではなかった。当時は、スキーが流行っていて、学生の多くは滑っていた。山形蔵王スキー場、米沢スキー場、天元台スキー場と良く行った。冬休みには仲間で、北海道のニセコスキー場に行った。

Dsc01143

なんと、当時の特急券が出てきた。

Dsc01144

一ノ関から、「はつかり」に乗ったことも記憶している。良く残っていたものだ。

Dsc01148

写真も好きだった。写真家、秋山庄太郎が米沢に滞在して、吾妻山周辺を撮影していた。それを真似て撮ったことがあった。小生の当時の写真である。白樺の木が美しい。

Dsc01149

米沢と喜多方を結ぶ大峠付近の写真である。今は、新しい道路となっている。

Dsc01150

コダックのモノクロフィルムを使って撮り、自分で現像して焼いていた。夜遅くまで現像室にこもり、その後「一つ街」に行くという生活をしていた。

Dsc01152
私の卒論のパートナーが、仙台の「クール・ルミエール」という合唱団に所属していたので、演奏会の撮影を頼まれたことがあった。これは、電力ホールだったかな?

Dsc01113

赤くて可愛いアンジェラも咲いたが、アンジェラは調子が悪い。ハチの植え替えをさぼったせいだろう。本当に薔薇は正直である。

Dsc01126

ピンクの色合いの違いは、フランソワ・ジュランビルとニュードーンのコラボである。ニュードーンはフランソワ・ジュランビルに負けているが、いい味を出している。明日から雨になるという。花が散ってしまう。友達を呼んでいる妻はちょっとがっかり。

|

« R1150RT オイル交換 | トップページ | ハンドルの遊びが欲しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業記念:

« R1150RT オイル交換 | トップページ | ハンドルの遊びが欲しい »