« 飽きない雲 | トップページ | コバルトラインから一歩はずれると »

開通したコバルトラインに

今日の代休で、あたえられた時間は午後1時まで。20日ぶりにRSを起こした。

Dsc01665

天気は曇り。雨が降るかも・・・?

Dsc01669

霧が発生している。仙台東ICから三陸自動車道に。

Dsc01673

利府のジャンクション。1年ぶりに石巻方面へ向かった。

Dsc01679

RSのボクサーエンジンは快調である。小気味いいカムの音が聞こえる。冬になおしたメーターも針がきちんと落ち着いている。100kmで約4000rpm。

Dsc01680

石巻のICを降りると、前方にBMWの320が。格好いいと言うよりも「美しさ」がある。日本にこういうセダンは少ない。BMWとAudiのセダンには「美しさ」というかバランスの良さがある。ミロのビーナスやモナリザ、パルテノン神殿などにある「黄金比」が使われているような「美」が見える。大袈裟かな・・・?

Dsc01682

日本製紙 石巻工場も元気に動いている。昨年2月から輸送が再開したという。

Dsc01685

日和大橋。霧で橋からの景色はよく見えない。

Dsc01693

398号線に入り、万石浦。

Dsc01695

コバルトラインに入ると、濃い霧が立ちこめてきた。交通量はきわめて少ない。平日の良さである。

Dsc01698

標高が上がる。女川町が見えてくるはず・・・?

Dsc01703

霧が災いしているので、ちょっとワインディングロードを走ることに専念してみた。RSは、細いタイヤでダイレクトに路面の状況を伝えてくれる。

Dsc01712
ブレーキはきわめて甘い。特にフロントは甘い。コーナーへ入るときのきっかけを作るには良いが。リヤブレーキを積極的に使ってコーナーのスピードを調整した方がRSは良く曲がる。

Dsc01715

コバルトラインの終点からさらに走ってみた。道は細くなる。幻想的な世界が待っていた。

Dsc01719

雲の切れ目から太陽が。

Dsc01721

ちょっと森に足を踏み入れてみた。ここからはEOSで切り取ってみた。それは、次回に。

Dsc01727

楓は、薄日に輝いていた。

Dsc01734

ここまで100km。ちょっと水分補給。湿度が高くて汗がじんわり。

Dsc01748

コバルトラインの終点から鮎川方面行く途中の後番所公園に寄った。

Dsc01750

鮎川港にかつての姿はなかった。ここには何度も通った。ここから金華山にも行った。

Dsc01752

漁船の傍らで作業をしている方がいた。正面の船は、震災以降に新しく造ったものだという。

Dsc01755

ポストだけは残ったのか?

Dsc01760

サンファン・バウティスタ・パークに寄った。

Dsc01757

人はまばらだった。

Dsc01762_2

昨年オープンしたというサンファン・ヴィレッジ。一度泊まってみたい。

Dsc01765

昼過ぎに利府付近を通過。なんと雨。走行中、濡れることはほとんどなかった。RSのカウルのお陰。良くできている。

Dsc01772

仙台市街も霧。

Dsc01774

帰宅するとケーキが出来ていた。

Dscn0446

梅酒を入れてみたというケーキ。美味。

今日の走行距離は約200km。ちょーどいい。RSの良さを改めて感じるツーリングだった。特に、ワインディングは想像以上に気持ちがいい。パワーもコントロール出来る範囲。これぐらいのサイズがいいのかも・・・?

次回は、EOSで切り取った写真を紹介予定。

|

« 飽きない雲 | トップページ | コバルトラインから一歩はずれると »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/59842518

この記事へのトラックバック一覧です: 開通したコバルトラインに:

« 飽きない雲 | トップページ | コバルトラインから一歩はずれると »