« こんな栗駒山は滅多にない | トップページ | アーモンドとガリ »

春爛漫

昨夜(12日)の雨で、草木が喜んだようだ。緑が洗われて、美しくなった。日の光を浴びて輝きを増したようだ。 山のほうを見ると、何とも「ほわーん」とした優しい景色。

Img_1500

この季節が大好きである。 休日の早朝、ツーリングに出掛ける前に、近くの畑に野菜を植えた。

Img_1422

知人からいただいたバジル、イタリアンパセリ、ズッキーニ、サンチェの苗を。

Img_1420

さらに、つるむらさきや春菊の種を蒔いた。

Img_1419

バジルやイタリアンパセリは、虫がつきにくいので、畑に分散して植えるようにしている。昨年は、バジルペーストを沢山作った。パスタや鶏肉料理に合う。 ズッキーニは、焼いてもいいが、妻が作る「ラタツーユ」が一番美味い。柔らかくて。白ワインで煮込むラタツーユは、ちょっと冷えたほうが美味。

Img_1493

所用で出掛けた。杜の都仙台にふさわしい季節となっている。

Img_1496

木々の新緑が実に美しい。植物の生命力というかエネルギーを感じる。

Img_1497

11日(日)のツーリングで見た、栗駒花山周辺の新緑も美しく、心地よい春風が吹いていた。

Img_1475

街を歩くひとなどを見ると何となく人間の行動にも軽やかさが感じられる。大学のキャンパスなども華やかである。

Img_1501

若者を見ると「未来」があっていいなと、羨ましくなるときもある。中年には中年のよさもあるが・・・。 そう言えば、こんな言葉があった。

Img_1494

十代は楽しく   二十代は美しく    三十代は強く

四十代は賢く   五十代は豊かに   六十代は健康に

七十代は和かに    八十代は素直に   九十代は愛らしく

そしていぶし銀のように 美しい百歳へ

「女の一生」だったかな? 「豊かに」「健康に」生きる時代になった。 ツーリングからも戻ると、妻が美味いお菓子を作っていた。

Img_1491

クルミをたっぷり入れて焼いたお菓子。妻の得意とするところ。クルミは、父が丁寧に殻からとったものだ。最近、クルミが注目されているようだが、我が家ではよく食べている。春菊やほうれん草などのクルミ合えも美味い。妻のお菓子に珈琲がいい。今夜も夕食後はこのお菓子に珈琲。 次回は、アーモンドとガリの話題でもしようかな?

今日13日に夕陽も美しかった。

Img_1517

|

« こんな栗駒山は滅多にない | トップページ | アーモンドとガリ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春爛漫:

« こんな栗駒山は滅多にない | トップページ | アーモンドとガリ »