« 子供の日の夕方 | トップページ | こんな栗駒山は滅多にない »

田植え 

9日(金)の夜は、懇親会が二つ重なり、はしごした。一軒目は「河童亭」

Img_1388_2

仕事上のおつきあいである。料理はとってもボリュームがある。タラの芽の天ぷらも旨かった。旬のホヤもいい。

Img_1390

二軒目は、「亜門」。30年も前の同僚である。先輩でもある。80を過ぎた方も・・・。凄く元気で、今でもテニスなどのスポーツを楽しんでいるという。次の日に田植えの手伝いを予定していたので、あまりの飲まずに10時過ぎには帰宅した。

Img_1387

夕方、掛けるとき、めまぐるしく変わった天候の後、夕陽に照らされた美しさを目にした。

10日の朝、東北自動車道を北上。

Img_1396

やや風が強かった。築館IC付近。

Img_1399

若柳金成ICから降りて、我が家の田圃へ。既に80を過ぎた父親が田植えをしていた。風が思った以上に強い。周りでも田植えが始まっていた。栗駒山は、雲に覆われはっきりと見えない。

Img_1405

4月初めに蒔いた種は、既に苗になっている。ひとめぼれである。

Img_1402

かつて栗原電鉄が走っていた線路沿いに田圃がある。耕地整理が行われ、今は、一枚の田圃の面積は、かつての10枚分である。作業はやりやすくなったが、どれぐらい進んでいるかの時系列的な感覚がつかみにくい。

Img_1408

西風が強く、まっすぐに植えるのにやや苦労している様子。前方は栗駒山。

Img_1406

栗電のレールがまだ残っている。東西を眺めてみた。西の栗駒山の方である。

Img_1407

東の東北道の方である。栗電が走る様子を見ながら時刻を把握していた母の姿を思い出す。「さあ、電車が行ったから、もうお昼だよ」とか「この電車は、5時半だね」などと言って、家に戻っていた。

Img_1456

栗電は廃線になる前にR1150RTで、細倉から始発の細倉まで走ったことがあった。

Img_1460

懐かしい駅も今では少なくなった。栗電で、母の実家や叔母の家に遊びに行ったことを思い出す。栗電のレールを再利用できないものだろうか?と思うことがある。遊歩道やサイクリングロードにするとか。沢山の花を植えて、フラワーロードにするとか・・・。

Img_1411

苗を運び、苗箱を洗い、いろんなお手伝いをする。水を含んだものは、結構重く体にきく。

Img_1412

帰りは、妻の運転で仙台に戻った。2001年のGOLF Ⅳは快調である。心地よく疲れた体がある自分に気付く。秋の収穫が楽しみである。

ヴィラデストの玉村豊男ではないが、農作業の後のワインが美味い。そしてあっという間に睡魔に襲われてダウン。

 

 

|

« 子供の日の夕方 | トップページ | こんな栗駒山は滅多にない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田植え :

« 子供の日の夕方 | トップページ | こんな栗駒山は滅多にない »