« 最新の医療機器 | トップページ | 薔薇 »

称賛と誤解?

金曜日の昼下がり、ちょっと時間があったので、東京都美術館に足を運んだ。先週、NHKで放映されたバルティスの絵を見るために。


テレビは見逃してしまったので、絵を楽しみにしていた。


入り口には、バルティスの夢みるテレーズの拡大されたものがあった。凄くインパクトがあった。称賛と誤解の意味が少しずつ分かってきたような気がした。


朝日の号外でも紹介されていたのだ。


作品の数は多く、見ごたえがあった。


会場には沢山の人がいた。中にはバルティスのアトリエが再現されていた。バルティスが大切にしていた数々が展示されていた。日本人の奥さん、節子さんとの出会いや生活なども紹介されていた。

バルティスは光と静けさを大切にした。写真と同じような気がする。それにしても、夢見るテレーズはインパクトがあった。小生は絵を見る力はない。でも、色合いや構図など、写真に役立つ。バルティスがいう光の意味も、少しは分かる。

約一時間余り、いい時間を過ごすことができた。

|

« 最新の医療機器 | トップページ | 薔薇 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

☆binkenさんへ
バルティスは話題になる以前から大好きな作家で、青春時代は、ちょっとエロス的な作品に不思議な興奮を覚えた思い出があります(笑)
光と影の絶妙な感覚が印象的です・・・
実際に展覧会に足を運ばれたのは素晴らしいです。
私も何かの機会に数点見た事がありますが今回のような大規模な展覧会はとても珍しい事だと思います。
カメラのファインダー越しに、これまでと違った写真が撮れるかもしれませんね・・

投稿: LYNX☆ | 2014年5月24日 (土) 08時29分

☆LYNX☆さんへ
「称賛と誤解」のうち、あのエロス的な作品で「誤解」の部分が多かったのでしょう?最初見たとき、ちょっとショッキングな面もありますね。なにか、満たされない部分があるのかと・・・?女性の表情も、ちょっと暗くて、しかも猫が側にいるのです。猫も無表情で。
青春を過ぎて、日本を知ってからの作品が大きく違っていったようです。

投稿: binken | 2014年5月24日 (土) 15時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 称賛と誤解?:

« 最新の医療機器 | トップページ | 薔薇 »