« R nine T試乗 | トップページ | 無心  料理に没頭 »

閖上から仙台空港へ

昭和の日、午前中は前夜の疲れが残っていたが、オデッセイ・アブソルートとGOLF Ⅳを洗車するために、スタンドへ。しばらく洗車していなかったので、桜の花びらなどがこびりついていた。

Img_1036

合間をぬって、GOLFⅣでお世話になっている「スクラッチ」に寄ってみた。いつものTさんが気持ちよく迎えてくれた。

Img_1034

1週間ほど前からTさんが乗っているという「EOSはどう?」と声を掛けられた。小生がオープンに興味があるということを知っているから。2009年のモデル。シルバーで目立たない。GOLFをおいて夕方まで乗っていいよと言われたがやめた。乗ると欲しくなるから。しかも、VW青葉でずいぶん前に家の人と試乗しているから。

午後は、杜の市場に食材を仕入れに行った。家の人からいろいろと頼まれて。

Img_1037

祝日で、賑わっていた。筍や野菜などを買った。夕方のために。

Img_1044

「お父さんは好きだね」と言われながら、ちょっとR100RSに跨った。いつもの通り、ボクサーツーバルブエンジンは快調。Img_1050

大震災の被災地、閖上に足をのばした。ダンプカーを使って鯉のぼりを泳がせていた。

Img_1054

慰霊碑の近くには、花で「閖上の文字があった」

Img_1058

朝市の近くに行った。人影はまばらであった。午後の遅い時間なので。

Img_1059

さらに足をのばして、仙台空港まで行った。震災の爪痕が残っているが、大分綺麗になっている。

Img_1066

GWで出掛けた人も多いのだろう。賑わっていた。

Img_1060

中に入って、ちょっと冷えた体を暖めた。回ってみると、レストランや土産物売り場の多さに驚く。仙台らしく牛タンのお店が多い。飛行機の様子が分かる展示館もあった。

Img_1062

昭和の日は、まさに昭和のBMWで走ってみた。

Img_1063

1979年式のR100RSは、あちこちに歴史を感じさせる傷はあるが、親しみがわく。ボクサーツインの鼓動も楽しい。新しいBMWのようなスムーズさはないが、手と足を使って操る楽しさがある。電子制御もABSもないが、路面や風の状況を感じ取りながら走る喜びがある。ギヤチェンジの時、3速から4速の間に謎のニュートラルもあるが、しっかりシフトせよと言ってくれているようだ。

クラッチもちょっと重い。ワイヤーなので当然。でも、クラッチミートの様子が手に伝わってくるようだ。フロントブレーキも相当甘い。リヤブレーキを使いながらターンをすると、スムースに綺麗なトレースを描く。R100RSは、乗り手にいろんなことを教えてくれているようだ。新しいRTなどは、ロボットという感じが否めないが、R100RSはまさに「マシン」という感じ。その点、RnineTは、R100RSに近いものを感じる。

|

« R nine T試乗 | トップページ | 無心  料理に没頭 »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/540196/59565942

この記事へのトラックバック一覧です: 閖上から仙台空港へ:

« R nine T試乗 | トップページ | 無心  料理に没頭 »