« 春の花を求めて 小野川から川渡へ(その2) | トップページ | 珈琲焙煎 »

魚が肴

26日の朝は、昨夜の雨もあがり、木々や花が綺麗に洗われていた。

Dsc00586

薔薇も、満開に近付きつつある。

Dsc00604

Dsc00596

エゴの木も花を咲かせている。雫の重みで枝がたわんでいる。この木も26年ほどになる。

24日(土)の夕方、本当に久しぶりに国分町方面に足を運んだ。予約をしようと思ったら、結婚式の二次会でことごとく好きなイタリアンの店は・・・。妻と歩きながら、入りたくなったら入ろうということにした。

Dsc00411

入ったお店は「魚が肴」。まずはシャンパンで乾杯。歩き疲れたので、とっても美味しかった。妻は、小生よりもペースが速い。

Dsc00420

マグロとトマト、チーズのサンドイッチ?ワインに良くあった。美味しい。

Dsc00421

そして、赤ワインに移る。フルーティーで美味しいワイン。背の低いワイングラスが、和の雰囲気を醸し出している。

Dsc00419

そして、鰹のたたき。最近、鰹は品不足で高い。塩味でとっても美味。

Dsc00422

すっきりと飲みやすい冷酒を。秋田と青森のお酒。青い瓶の色が涼しさを与えてくれる。すっきりとして女性にも飲みやすい。これは、だまされてしまいそう。冷やは下戸でも飲むの世界である。

Dsc00432

鰯のなめろう。これまた美味い。やっぱり日本酒が欲しくなる。

Dsc00426

風の森と・・・酔いが回っていて記憶が薄れている(笑)。参りました。

Dsc00424


妻との会話を聞いてたT店長は、お洒落なプレゼントをしてくれた。有り難い。参りました。

Dsc00428
小生も妻も、適量をオーバー。まだ8時過ぎなのに。初めてのお店「魚が肴」。稲荷小路入り口にある。いい時間を過ごせた。9時前には帰宅してお休みなさいとなった。

いい出会いがあった。いい会話もあった。一ノ関にあるジャズ喫茶「ベイシー」の話題もあった。お店に流れているジャズも良かった。何度か足を運んでみたいお店である。

今日27日の夕方は、こんな空だった。

Dsc00697

|

« 春の花を求めて 小野川から川渡へ(その2) | トップページ | 珈琲焙煎 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魚が肴:

« 春の花を求めて 小野川から川渡へ(その2) | トップページ | 珈琲焙煎 »