« アーモンドとガリ | トップページ | JOHN COLTRANE »

雨の日にはJazz

30℃近くまで上がった昨日の天気とは異なり、今日は薄曇りで気温も上がらなかった。仙台は、夕方の5時頃から雨が落ちてきて、7時を過ぎると本格的になった。

Img_1571

乾燥気味だった植物も喜んでいるだろう。

Img_1569

二日ほど前にいつものJazz100年のNO4が届いた。

Img_1492

Jazzの中でも、好きなのはサックス。今回は、Jazzの可能性を広げたテナーサックスが特集されている。

Img_1575

Jazzのサックスといえば「ジョン・コルトレーン」。小生の大好きな演奏者。コルトレーンのアルバムも何枚かある。特に有名なのは、バラードだろう。コルトレーンは、マイルスデイヴィスとも共演しているという。すさまじい練習量で我が道を切り開いたカリスマと言われる。

Img_9857

Jazz100年は、
ビル・エバンスから始まってNO4。

Img_0503

マイルスデイビスのトランペット。トランペットはJazzの花形楽器といわれる。

Img_1561

NO3は「聴き比べこそ、ジャズへの道」と題していた。「朝日のようにさわやかに」を聴き比べることができる。Jazzは面白い。奥が深いし、時代によっても違う。演奏者の力量が大きく左右する。まだまだ分からないが、「聴いてていいなあ」と単純に思えるものを繰り返し聞く。何度も取り出すアルバムは決まってくる。

Img_1567

夜、我が家のデッキにからまるフランソワ・ジュランビルも雨に当たり気持ちよさそうだ。

もう少しで開花する。きっと、見事な花を咲かせてくれるだろう。

|

« アーモンドとガリ | トップページ | JOHN COLTRANE »

音楽」カテゴリの記事

コメント

☆binkenさんへ
クラシック好きの高校生がJAZZに目覚めたのは、社会人になって間もなくの事でした・・当時稲荷小路に「アド」というJazz喫茶店があり、連日通いづめで聞きあさってた思い出があります。
コルトレーンは最初取っつき難かったのですが、だんだんとはまって「至上の愛」までたどり着き、ふと我に帰りスタンダードに戻ったという経験をしました。
今はピアノトリオのような静かな曲を好んで聴いています・・・

投稿: LYNX☆ | 2014年5月16日 (金) 09時24分

☆LYNX☆さんへ
私も、静かな曲を好むようになってきました。でも、コルトレーンのサックスは、必ず聴きますね。say itは名曲だろうと思います。
今よりも若い頃は、飲みながら頻繁に聴いていました。レコードもありましたね。
31日(土)に、ツーリングはどうでしょうか?

投稿: binken | 2014年5月16日 (金) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日にはJazz:

« アーモンドとガリ | トップページ | JOHN COLTRANE »