« R100RSのパニアステー | トップページ | 大先輩との交流 »

夏目漱石

今日25日(金)は、仙台の気温も相当上がった。車を運転していると眠くなってしまう。ここ数日で桜も散った。桜吹雪。

Img_0689

タラの芽も大分大きくなった。

Img_0694

散り際の桜と新芽のコラボも美しい。

Img_0695

4月20日から、朝日新聞で夏目漱石の「こころ」の連載が始まった。100年前の4月20日から、朝日新聞に掲載されたという。則天去私の漱石のことが、大江健三郎によって語られていた。

Img_0779_2

漱石が生きた「明治の精神」 。当時の講演や日記には、現代にも通じる批評が鋭く刻まれているという。漱石は、機械化が進む文明発達の根源には人間の「横着心」がある、と語る。

Img_0780

大学の時に買った「漱石全集」を出してみた。第12巻の「こころ」。

Img_0784

懐かしい。大分変色もしているが・・・。

Img_0782

当時は800円だった。毎月発刊された。手にとって読むことに楽しみを覚えていた。

Img_0781

「こころ」の最初である。先生と私。

Img_0786

漱石や森鴎外、島崎藤村、田山花袋などの明治文学に触れる機会も少なくなった。時々、読んでみると、本当に現代に通ずるものがある。理科系だった小生は、当時の先生に、「歴史を勉強しなさい」「明治文学をだいじにしなさい」と繰り返しいわれた。その意味が、今になって分かる。めまぐるしく変化する現代にあって、「不易と流行」を見極める視点を与えてくれることもある。本質を見逃さない何かを学ぶことも出来る。温故知新とも言える。「余裕派」と言われた漱石は、晩年には、身を自然にゆだねて生きる「則天去私」を語ったという。身を自然にゆだねることは、今こそ大切かも・・・?

|

« R100RSのパニアステー | トップページ | 大先輩との交流 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石:

« R100RSのパニアステー | トップページ | 大先輩との交流 »